« 借り手がいない!長屋を資産運用できる人・出来ない人 | トップページ | 住宅ローン控除は10年間、そろそろ期限が来る人が続出 »

2012/08/30

夢見る定年生活;晴耕雨読の夫婦?!

中学校の恩師が少し前に定年退職されたのですが、今年の年賀状に「晴耕雨読の毎日」です、なんて書いてありました。国語の先生だったのですが個人で俳句を投稿したりそういう素敵な方です。

晴耕雨読! でもこうも毎日が暑いと、雨の日だけじゃなく、カンカン照りの日も本を読むしかないですね、という感じです。

先日、中古本のお店、ブックオフに行きました。
家から歩いてすぐの所にあるのです。
そこで見掛けた、上品な、『定年退職満喫しています』という感じの夫婦連れ。なにげにニコニコ楽しそうな雰囲気です。

しばらくしてレジに並んでいる様子をみて少しビックリしました。本が山のように一杯入ったカゴを持っておられるのです。ここのブックオフのカゴは少し小さめのカゴなのですが、文庫本の山が4つ、10冊で厚さ10cmとしたら、40〜50冊くらい。他にも単行本や大型本も入っています。
中身をちらりと見ると、読み物系がほとんどです。

ご夫婦共通の趣味なんだろうかな? 良い趣味ですね〜
 なんて思ってしまいました。

ブックオフの本は、少し古いものだと100円から。50冊買っても5000円。
おそらく安いという以外にも、置き場所の問題もあってブックオフを利用されているのだと思うのですが、どうなんでしょうか?(私は貯め込む性格なのでなかなか処分できません。)

カゴ一杯に、漫画本全20冊の大人買いしている青年をみたことはあったのですが、こういう方を見たのは初めてでありました。
きっとこのご夫婦は家でも、本を語って書評を言い合っておられるのでしょう。(←もしそうなら、これはかなり凄いことのような気がします。こんな夫婦の話はいまだかつて聞いたことがありません。)

もし、中学校の恩師の奥さんも本が好きならば、こんな生活なのかなぁとか、想像してしまいました。

少し憧れます♪(←本を選ぶということよりも、気に入ったものをポンポン買うと言う行為に憧れるのです♪)

|

« 借り手がいない!長屋を資産運用できる人・出来ない人 | トップページ | 住宅ローン控除は10年間、そろそろ期限が来る人が続出 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事