« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月に作成された記事

2012/08/31

住宅ローン控除は10年間、そろそろ期限が来る人が続出


 「家を買って、9年目ですか。ということは、お子さんが小学校入学に
  合わせて買われたんですね」
 
 「ええ、学校統合で新築になった小学校に入りたかったのでその学区に
  引っ越したんです。」
 
 「じゃあ、今度、高校? 受験生ですか?」
 
 「公立に言って欲しいんですけど、高校で浪人させるわけにはいかないし」

========

表題でお分かりだと思います。
住宅ローン控除は10年間です。上の場合、来年から控除なくなります。
所得税まるまる掛かってきます。年収700万円で税金30万円とか。
これに学費が入ると結構辛いモノがあります。


住宅ローン控除は、年末残高の1%を最大に所得税が還付される制度です。

  ・H11〜H13夏までなら15年間控除(最大年50万円)
  ・H13夏〜H16までは10年間(最大年50万円)

その後もローン控除は続いていて、買う年によって条件が変わっていますが、上の期間で家を購入されたかたは、そろそろ“期限”がやって来ます。

すでに昨年分の所得税から期限切れの方が出てきているのに、実は気づいておりませんでしたm(_ _)m。私の周囲に該当者がおられなかったのです。

これから、どんどん皆さんの周囲でも
 「住宅ローン控除期限切れになると、苦しいぞ」って
言ってくれる先輩方が増えてくるでしょう。
だから、私が先に言っておきます。早い者勝ちです。(o^∇^o)ノ 

とりあえず該当しそうな人は、源泉徴収票で本来の所得税額をチェックしておきましょう♪

=======


 「来年でローン控除、終わりますね。負担増えますが大丈夫ですか?」
 
 「ええ、残金一括で返済します。平成19年に一括返済しようかと思った資金を
  自分で運用した方が良いかと、利率1.5%の固定5年国債を買ったのです。
  もうそろそろ満期で証券会社の口座に入っています。」

こんな方なら、ファイナンシャルプランナーに相談するまでもありません。
私が教えて貰いたいくらいです。

(※上の会話は、当然ながらフィクションです。)

|

2012/08/30

夢見る定年生活;晴耕雨読の夫婦?!

中学校の恩師が少し前に定年退職されたのですが、今年の年賀状に「晴耕雨読の毎日」です、なんて書いてありました。国語の先生だったのですが個人で俳句を投稿したりそういう素敵な方です。

晴耕雨読! でもこうも毎日が暑いと、雨の日だけじゃなく、カンカン照りの日も本を読むしかないですね、という感じです。

先日、中古本のお店、ブックオフに行きました。
家から歩いてすぐの所にあるのです。
そこで見掛けた、上品な、『定年退職満喫しています』という感じの夫婦連れ。なにげにニコニコ楽しそうな雰囲気です。

しばらくしてレジに並んでいる様子をみて少しビックリしました。本が山のように一杯入ったカゴを持っておられるのです。ここのブックオフのカゴは少し小さめのカゴなのですが、文庫本の山が4つ、10冊で厚さ10cmとしたら、40〜50冊くらい。他にも単行本や大型本も入っています。
中身をちらりと見ると、読み物系がほとんどです。

ご夫婦共通の趣味なんだろうかな? 良い趣味ですね〜
 なんて思ってしまいました。

ブックオフの本は、少し古いものだと100円から。50冊買っても5000円。
おそらく安いという以外にも、置き場所の問題もあってブックオフを利用されているのだと思うのですが、どうなんでしょうか?(私は貯め込む性格なのでなかなか処分できません。)

カゴ一杯に、漫画本全20冊の大人買いしている青年をみたことはあったのですが、こういう方を見たのは初めてでありました。
きっとこのご夫婦は家でも、本を語って書評を言い合っておられるのでしょう。(←もしそうなら、これはかなり凄いことのような気がします。こんな夫婦の話はいまだかつて聞いたことがありません。)

もし、中学校の恩師の奥さんも本が好きならば、こんな生活なのかなぁとか、想像してしまいました。

少し憧れます♪(←本を選ぶということよりも、気に入ったものをポンポン買うと言う行為に憧れるのです♪)

|

2012/08/29

借り手がいない!長屋を資産運用できる人・出来ない人

長屋、もう死語でしょうか? 木造集合住宅と言うのが正しいのでしょうか。
長屋! 英語で言うとロングハウス!(^_^;) 

近所を歩いていました。
4軒連なった木造集合住宅。築年数は見たところおよそ40年。
平屋で、見るからに薄そうな壁に、窓にはお決まりのはめ込み式換気扇。やや細めの換気用のパイプがニョキっと立っているところがおそらく便所で遠目に見ると等間隔に並んでいるのが見えます。
入居中で、入っているのは1軒のみ。

「この建物で家賃どれくらいなのだろう?」と前を通るたびに思っていたのですが、ついに最後の1軒も出ていきました。
するとほどなく売り家の看板。
でも割と早く買い手が付いたみたいです。

「相続で貰ったけど、家賃収入少ないし、売却しよう」なのか、それとも、「売却するために立ち退き料払って出ていって貰ったか」ってなことを考えていたのですが、早く買い手が付いたところを見ると相当値段を下げたのかなとか思っていました。

私の興味は次のステップに進みます。
  この建物はどうなる? これから何ができる? 

改装工事が始まりました、リフォームですっ!
4軒分同時にリフォーム。。。。この手の改装にこれだけの人数というのは相当大がかり、キッチン入れ替えはもちろんです。
あとは工事現場を見ていたわけではなく、ガレキからの想像ですが、和室を洋室に換えてひょっとしたら人気の対面キッチン仕様、浴槽を替えたところもあるようです。

外壁も綺麗になったと思ったら、不動産屋の看板に変わって、そうしたらすぐに1軒2軒と埋まりました。
数ヶ月で残り2軒も埋まって今や満室。

========

私が不動産経営をお勧めする時に考える点は、もちろんその方のライフプランが中心なのですがその中でも、
  ・年齢
  ・他の収入と預貯金
  ・相続税対策
を考えます。特に、若い人が親から相続して、「土地だけで1億円、もし死んだら相続税どうしよう」こう言うときか、不動産経営が好きな人・経験者くらいです。
これに物件の有用性、10年後でも需要がある物件かどうか。

========

リフォーム代の推定代金200万円/軒。おそらく2年分くらいの家賃収入が吹っ飛ぶことになります。でも、3年目からは収入がある。昔のままなら、いつまで経っても埋まらない部屋の収入はゼロ。

不動産賃貸経営は、需要と供給で賃貸相場が決まるので、決して楽ではありません。
でも親の代からの賃貸物件では、昔の時代の『立てればすぐに入居者が現れる。少々家賃を下げれば部屋が埋まる』と思っている人もまだまだ多いです。
売却するにしても、バブル期の相場を知っているからなかなか安値で売ることもできない。

実は、ライフプランを見た場合は、安値であっても売却した方が良いこともかなりあります。家賃という「月々の収入」があるわけですが、この見返りが結構面倒。例えば、不動産業者との折衝、賃借人からの依頼、修理やメンテ・・・
それに人口減少時代では空室リスクがかなり高くなっているのが賃貸運用です。

だから現金に換えた方が使い勝手よろしくないですか?
こういう場合も結構あるのです。

※個人の賃貸経営であっても上手くやっておられる方は、
 相場動向はどうかとか、近所にスーパーができるとか、近隣環境どうかとか
 メンテを頼もうとか自分で修理しようとか、結構まめに動いていらっしゃいます。
 まめでないと絶対、出来ません。

|

2012/08/28

中小企業、苦しさ増す。8/末は消費税納税期限

書きたいのは2009年に成立した「中小企業金融円滑化法」が、来年3月に切れる話です。
この法案ご存じでしょうか?
一言で言えば、“借金待ってね”法案で、モラトリアム法案とも呼ばれています。亀井静香さんが強力に推し進めた法案でした。

中小企業の経営が苦しかったら、借金を待ってやりなさい、と銀行側に義務づけた法案です。“待ってやるという法案”なので借金が減るわけではありません。場合によれば利息分が積み上がっていきます。

時限立法なのですが、期限がこれまで2回延長されました。
元々は、2011年3月末までの期限。これが2012年3月末になり、さらに昨年の年末の国会にて再延長されています。しかしながら、再延長時には「1年に限って延長する」との文言が入りました。すなわち、2013年3月末を持って終了! の見込みです。

書くまでもないですがこの手の政策は、政府の経済対策で普通に行われる
 「とりあえず借金させやすくするから、頑張ってね♪」
という政策であります。
住宅ローン減税もそうだし、研究開発予算や新規投資に対する所得税減税もそう、『一生懸命頑張ってお金使ってくれたから少しは税金安くしましょう』という景気対策と同種類です。産業を成長させたり興したりというものではありません。

====== (話を戻して)

金融円滑化法で、とりあえず月々の返済は楽になったけど経営は依然厳しい。こんな中小企業は多いです。利息分を払うのがやっとで元々の返済なんて出来そうにない、でも法律は3月末で切れる。。。。。もう倒産しちゃおうか、こう考える企業が出てくるのは当然で、そう考えたときに、頭をよぎるのが表題に書いた消費税納税の期限。

通常年間1000万円以上の取引のある企業は、消費税をおさめることになって一度に払うのは大変だと分割払いにしているところが多いでしょう。丁度、個人で言えば固定資産税みたいな感じです。年4回に分けて払います。5月末、8月末、11月末、3月末です。

消費税納税期限がやってくる度に、これを引き金に、中小企業の倒産が増えると思います。8月末、11月末、そして3月末にドカンと倒産。

銀行株が上がらない、、、、、すでに銀行は利益を削って貸し倒れ引当金を積み増してきています。中小企業融資をしてきた地方銀行などは特に厳しいはず。すなわち倒産企業が増えると見込んでいる状態です。
銀行が貸し倒れ引当金を積み増すためには利益を上げなきゃいけない。だから、サラリーマンに住宅ローンを押しつけたり、ついでに保険を売って手数料を稼いだり、さらには投資信託を押しつけて手数料を稼いだり、そんな経営になってきています。

========

よく、お金は経済の血液と呼ばれます。ポンプである心臓の役目をしているのが銀行。
世の中のお金を、あるところからないところに回して社会を発展させる、より良い社会を作るために金融面で働くのが銀行である。こういう崇高な意識で働いている銀行員さん今どれくらいいるのでしょうか?
崇高な銀行員がどこの金融機関にも大勢いて欲しいのですが、合併合併でそれどころじゃない銀行員さんも多いのではないかと思います。

その昔、いくつかの銀行には公的資金がつぎ込まれまれて、業績回復に伴い、だいぶ返済されてきていますが、その業績の裏には結構泣いている人がいるし、そして来年春まで泣く人が大勢でてくる。

銀行が果たす役割を認識しないと、二度と公的資金なんて注入されないぞ、なんて思います。

国会議員に振り回されるような銀行業界ではないはず。もっと頑張れ! 日本のために頑張れ!  
中小企業は辛いだろうけどもっと頑張れ!(←でもまあ出来ること限られていますよね。簡単に書いちゃって無責任です、すみません┌(_ _)┐)

========

借金まってやるからその間に何とかしろ、ではなくもう少し踏み込んだ経済対策できないものなのでしょうか?
せめて事業転換がしやすい仕組みができればなぁなどと思うのですが。

人が集まるところは賑わって、そうでないところは寂れていく。これは基本でしょう。
海外からも魅力ある産業、医療でも農業でもアニメでも観光産業でも、いろいろあると思うのですが・・・
景気対策って一体何なのだろう? と思ってしまいます。

|

2012/08/27

人口減少時代に求められること(死亡数・出生数・出生率の推移)

人口減少時代に入り、死亡数が出生数を上回るようになって、すでに5〜6年経ってしまいました。人口を維持するためには出生率が2.1くらいが必要らしいですが、今は1.4を少し割っています。

民主党政権になれば、子育てしやすい社会が来るのか?、と期待していたのですが現実はなかなか難しいようであります。


Shiboushussei
   (グラフの出典データ:「総務省厚労省 人口動態統計」より作成)

私の親は6人兄弟、私は2人姉弟、そして今は一人っ子世代。
これから人口が減るので、ますます、空き家・空き店舗が増えます!
空き店舗を埋めるのは、コンビニか接骨院かあるいは訪問看護ステーション、というのが今の時代のトレンドなのかなと思うのですが、これからこれが加速するし、それでは埋まらなくなってきます。

空き家・空き店舗がこれから増えるというのに、まだまだ高層マンションが出来て、住宅開発がおこなわれているのはどういう事でしょう?

マーケットが小さくなるので、売上げはもはや伸びないし、儲けは出ません。
 “だから、給料は上がらない!”  こういう時代になってきます。

少子高齢化! 政治の世界ではこれから、「社会保障に関する国民会議」においていろいろな社会保障の話が出るのだとは思いますが、話は、年金に関することと医療に関する話が中心になることは確実です。

“少子高齢化”、この言葉を知らない人はいないと思うのですが、年金・医療の抜本改革が出来ない上に、少子化対策も改革できない。ましてや、減っていく人口を補うために、海外からの労働者や移住者をなんて話になるとはとても思えません。

=====

人口減少がいけないことか?と考えればそんなことはなさそうです。ただ、今までと同じようには行きませんよ、ってことでしょう。

一人っ子政策を続けていた中国の高齢化が急速に進むそうです。韓国も相当進むらしいです。
高齢化率ナンバー1の日本が、どんなモデルを作れるのか? 日本人の力量が問われる時代だと思います。少なくとも、つまらない論争をしている場合じゃありません。

 ●人の優しさには、金は必要ない!
 ●人生の充実は、収入では計れない!

これをみんなが自覚しないと良くなりません、おそらく、たぶん、絶対です。そう言う視点で注意深く周りを見回すとすでに実践している人は大勢いることに気づきます。少なくとも国内だけを見れば、縮小経済なのですから。

じゃあ、「お金」の次には何が求められるか?
私は、「品格と教養」ではないかと思っているのですが、どうでしょうか。
・・・・というわけで私も日々勉強であります。

「武士は食わねど高楊枝」、これがやせ我慢の意味から転じて、品格を重んじる意味に使われるようになっているかどうか、20年後が少し楽しみです。

|

2012/08/24

住宅ローン:繰上返済は慌てるな(低金利の今だから)

今週の特集「低金利の今だからシリーズ」第3弾です (^_^;)
-----

その昔、20年ほど前、住宅ローンの金利は7%とか5%とかでした。1990年には8.5%です。どんどこどんどこ金利は下がり続け、1995年後に3%割れ。当時借換の目安は「金利差1%以上、残り年数10年以上」とか言われていたものです。
その後、約5年前くらいには、変動金利が1%強くらいになって私自身非常に驚きました。
「住宅ローン減税考えたら、その部分は無利子で借りられるようなものだね」と。

で、今、さらに金利が下がって変動1%割れの時代になっています。
固定十年でも、1.5%〜2%くらい。
どこまで下がるローン金利、ってな感じで、だからここ2〜3年で住宅ローンを組まれた方は非常に低金利でお金を借りておられるはずです。


======

   繰上返済すればその分運用してするのと同じ。
     リスクが無くてメリットのある運用と同じ!
と昔は言われていました。
今でもそれは変わっていないのですが、重要度が全然違います。
5%の金利、、、、貯金100万円を5%で運用しようと思うとそれなりに努力と運と知識が必要なのですが、1%を割り込むような今の金利なら、、、、運用しないのも一つの智恵になってきます。

金額的にどれくらい違うかというと

●100万円の残り35年で計算すると

      総支払額   利息分
  1%  119万円   19万円 ★
  2%  139万円   39万円
  3%  162万円   69万円
  4%  188万円   88万円
  5%  212万円   112万円 ★
ね、1%と5%では全然違うでしょ。
 (※上は100万円を借りた場合の元利均等で計算。厳密にはローン残高総額で変わるので個々に値が変わります。)
当然ながら、低金利時代には利息分メリットは小さくなります。だから繰上返済する重要性は昔に比べて小さくなっている、と言えます。

======

無理に繰上返済してもメリットは昔ほど大きくない!
もし、子供の進学などの出費が心配なら、貯金して安心を取っておくのも一考です。

「じゃあ無理に繰上返済しなくても良いんだね♪」と誤解されると困るので、最悪パターンを記しておきます。こんなパターンだと最悪。

  私立に行った、繰上用に取っておいた資金を学費に回した
  金利が上昇した! 返済額が月3万円上がった!
  払えない!・・・・家は競売、学校は退学して公立へ。

こんなことないようにしっかりライフプランつくってくださいね♪

====== ====== ======

ところで
日本でもサブプライムローン問題が起こるでしょうか?
住宅ローン破綻どうでしょう?
私自身は7割の確率で起こると思っています。アメリカほどではないものの、ローン破綻→地価下落→不景気 の悪循環が起こる可能性はそこそこ高いと思ってます。
現在変動金利や短期固定金利で借りておられる利用者が6〜7割。金利上昇について行けない人が増えると思っています。
でも、これがいつ起こるかは分かりません。

アメリカは不景気→地価下落が発端でしたが、日本で起こるとすれば、国債金利上昇 → 国の財政さらに悪化、金融機関も悪化。住宅ローン破綻でさらに景気悪化。これをうけてさらに金利上昇・国債下落 →銀行の資産減少→不景気→ローン破綻。ますます金融機関悪化。

日本のプライマリーバランスがそこそこ健全化するまで日本はこのリスクを抱えることになる、、、、と思ってはいるのですが、実は自信がありません。消費税増税でどれだけ健全化するか、焼け石に水とは言わないまでもまだまだ不十分。だいたい消費増税の目的は増える社会保障費の補填であって、過去の借金を減らす目的ではありません。

過去の箱モノ行政で積み上がった借金をどう返すか?という話の以前に、「もっと(国の)借金しようぜ! それで景気回復だ」 こういう人も多いし、これが上手くいって景気回復の中での増税ならば、金利上昇しても破綻リスクは下がります。景気回復の中でなら法人税等の増税も十分可能。

破綻増加するかしないか。どっちの確率が高いか、私は前者が高いと思っている、ってわけなのですが、自信がまったくありません。ということで、これをお読みのお近くの常連さん、一度、飲み屋で語り合いませんか♪

【追記2013.1】安倍政権が発足し、インフレターゲット2%が注目されています。変動金利をお考えの方・すでに変動金利ローンを持っている方は、今後の金利動向にご注意下さい。

|

2012/08/23

投信;「低リスクのものより、少額高リスクで選べ」(低金利の今だから)

題名で誤解されなければいいのですが、決して
 「低リスク」がダメで、「高リスク」が良い
という話じゃありません。投信リスクの大小ではなく、資金の量、全体の割合の方が大事ですよという話。
 
3000万円の退職金のうちの1000万円、取りあえず使わないから運用したい、でも高リスクは嫌! 
こう考える人は多いのですが、でも今は低金利時代。どんな金融商品も世の中の金利に左右されますから必然的に低リスクを望むほど利回りが期待できなくなります。

  日本の政策金利 0-0.1%、アメリカ 0-0.25%、EU 0.75%
  オーストラリア 0.35%、中国 約6.5%、

----
うん〜も〜、結論書いちゃおっ!(・・・・暑いし(^_^;))

 「1000万円で金利5%、でも為替リスクあり」
     これで、為替で3割減れば300万円の損です。 でも
     1年後は5%の金利で50万円の得!

 「200万円の日本株投信、日経平均連動型」
     もっと景気が悪くなっても例え株価が半分になっても100万円の損。
     1年後、逆に2倍になっていれば100万円の得!

どっちの損が大きいですか? 得が大きいですか?

------
3000万円の退職金をもらって、とりあえず1000万円はすぐに使わないから運用しよう、長期の方が有利だから、出来るだけ早く一日でも早く1000万円を銀行や証券会社に持っていこうなんて、、、、、カモネギ=『鴨が葱を背負ってくる』状態。
だいたい今どき長期投資なんて言う奴が信じられません。
私のイメージでは、30代で購入の30年間とか50年間が長期投資です。定年退職の年齢なら実際運用できる期間は10年くらい、でしょう。

どれだけ損しても大丈夫か、笑っていられるか。損したくないから低リスクを選ぶのではなく、定期預金などの全体資産を見た上でリスク資産の割合を決める。低金利時代にはとりわけ大事な視点です。

(※日本株投信(日経平均連動型)を例にしましたが、これは単なる一例です。
 もっと高リスクのものの例が良いかなとも思ったのですが、まあ、このくらいが適当かなと。)最近は結構、債権系(無担保社債とか)も人気が出てきているようです。

毎回書いていますが、大事なのは「時間分散」ですよ♪

|

2012/08/22

住宅ローン;滞納すれば優遇金利が解除!は消費者契約法違反じゃないか?

重箱の隅を突っつくような話で申し訳ありません。

住宅ローンの優遇金利は、滞納すれば解除される! ご存じでしたか?

住宅ローンの優遇金利。店頭金利からマイナス1.0%!
今の銀行は、住宅ローンを取り合っている状況ですから、「優遇金利!」普通にある話です。大抵の方は聞いたことがあると思います。
で、この優遇金利は、住宅ローンの返済が滞ると解除されます。

銀行がどれくらい厳密に対応しているのかは定かではないのですが、一般に解除されます。そうすると当然ながら返済額は増えます。。。。。。ま、払えないから滞納なんですけどね。帳簿上の負債(返済額)が増えるわけ。
これ、知らない人も多いと思います。
だって、私も数ヶ月前に知ったところですから <済みません、日々精進します。(^_^;)

で私はさらに疑問を持ったのです。
これ、
  消費者契約法違反違反なのじゃないのか? と。

先月の携帯電話の契約の判決(※)(地裁判決)を見て思ったのです。
    >こんなこと考える人、あまりいないと思うぞ!


※携帯電話の判決;
 「2年契約で基本料割引、かつ早期解約は違約金1万円」、という契約において、、、
 これ自体は契約として有効。だけど例えばあと1ヶ月を残して、1年11ヶ月で早期解約した場合に、違約金1万円は高すぎる、という判決。残り期間が少ないのに一律に違約金を取るのは消費者にとって不利であり、そのような損害も認められないので違法、と言う判決であります。でも携帯電話会社は控訴。


住宅ローンの優遇金利解除、だれか裁判しないかな? しているのかな?
携帯電話の違約金は1万円程度の話ですが、これは、数百万円の話になると思います。金銭的には裁判する価値有りだと思いますが・・・

個人的には、契約書にしっかり書いてあることさえ覆す「消費者契約法」という法律は毒にも薬にもなる法律だと思っています。契約書はハンコ押す前に、しっかり読んで下さいね♪

-----
ちなみに消費者契約法で有名な判例は、「家賃の更新料」。
地裁高裁いろいろな判決が出ましたが、だいぶ固まりつつあります。最高裁判決では「高くなければ有効、おおむね、家賃2ヶ月分くらい」、です。


|

2012/08/21

お金「預け先より、どう使うか」が大事(低金利の今だから)

  「ボーナスの預け先? お盆の出費も済んだし、
    どこか良いところありませんか?」

  ま、こういう質問は普通にあるのですが、今現在、書くまでもありませんが預金利息はチョー低金利です。0.03%ってどういう金利? ってな感じ。

昔こんな事を書きました。
 【1000万円のリスク0の運用方法。】
   国債1%で10年間。これで10年後、100万円になるから
   100万円分は投資信託や株などで運用しても
    トータルで見ると元本割れは無い!、

でもこれは昔の話。今では、1%の比較的安全な商品はほとんどありません。
頑張っても0.3%くらいです。だからリスクを取れるのは10年間で30万円くらい、です。

こんな時に必要なのは「自分の取れるリスクがどれだけなのか」、であります。リスク0なのか、少々のリスク例えば元本割れ2割くらいと考えられるのか。

でもなかなかリスク商品に手を出せないという人も多い、ですね。経験ない方にはお勧めしにくいモノです。資産を守ることを常に考えている私にとっては簡単にはお勧めできません。(←投資は大事ですよ、でもいきなりはやはり難しい)

じゃあどうするか?
もう利息を期待できないのですから、次に大事なのは、どう使うかを考えることです。

●使うタイミングの予定、
  まずは短期・中期・長期に分けて考えます。

 短期予定:趣味・娯楽費用、近々修繕・購入予定のモノ
 中期予定:家の修繕、電気機器故障、旅行、自動車購入、教育費とか
 長期予定:子どもの結婚、孫の誕生、場合によれば引越とか

預金利息4%位の時代だと、利息分で、上の短期・中期が賄えました。
そうじゃないので、『どう使うかを考える方が大事』なのです。

ライフイベントの重要性は、年々増してきています。
人生三大資金は「住宅・教育費・老後費」。この三つが分かっていればOK
貯金を増やすのに最適なのは「子供のいない時期と、子供が大人になった時期」。

教育費に悩む方は大勢いらっしゃいますが、タイミングとして教育費ほど計画立てやすいモノはありません。
私なんて、子ども誕生と聞いただけで、

  節句、七五三、入学式のランドセル、中学クラブ活動、高校入試、大学受験

  というライフ表を頭の中で作っちゃいます。
  (子ども三人と聞いたときは、さすがに頭の中では作れません。難しすぎます。)

これに、家を買うタイミングとか定年のタイミングを作れば、それなりにライフプラン表が作れます。これくらいならFPに相談する話じゃありません。

ライフプラン表で、上手く使うことを考える。
そうすれば、人生充実するし、我慢するときは我慢できるようになるものです。
そして、夫婦円満の秘訣は、このライフプラン表を夫婦で作ること! です。

「人生とお金」と「夫婦円満」、これ直接は関係ないのですが、人生の質という点においてはとても大事な要素であります。お金はあるけど仲が悪い・家族関係が良くない、、、、夫婦とは良いけど、親戚、親兄弟と仲が悪い。ま、いろいろあります。

とりあえず一番大事なのは夫婦!
結婚式やプロポーズで
「これからの人生、楽しいことも苦しいことも一緒に」
と誓った人は特にお勧めします♪ ・・・預け先考えるより大事です。

|

2012/08/20

保険屋さんから電話ありますか?(良い担当者は保険事故の時に掛けてくる)

保険屋さんからの電話、と聞けば、通常、「また勧誘か?」と思う人が多いですよね。(しかも、電話してくる保険会社は決まっていたりするし)

「保険事故」が起こったときに電話がくるかどうか?

保険事故! 一応、専門用語です。
保険金を受け取るような事案の発生を言います。

 ・死亡保険なら死亡したこと。
 ・医療保険なら該当の医療を受けたこと(入院何日とか)
 ・交通事故なら文字通り事故だし、
 ・電柱にこすった、車両保険なんてのもあります。

こう言う事案が発生したときに、電話してくる担当者&保険会社であるかどうかが今回の要点です。

=====

実は先月、ガードレールに、車をこすっちゃいました。総額20〜30万円の板金塗装修理です。
これはきついと、保険を使って修理することに。

コールセンターに電話して書類を送って貰って・・・・

私の入っている自動車保険は、おそらく非常にマイナーと思われるあいおいニッセイ同和損保。(←マイナーなんて言っちゃ失礼ですね(^_^;))
会社名からして、もうどことどこが引っ付いて出来た保険会社か分かりません。なんでこんなところで入っているかというと、生命保険で長年のお付き合いのあるニッセイのおばちゃんが、

「うちで損保も扱うことになったし、まとめると割引があるし」
なんて言うことで適当に入った保険です。


返送書類が送られてくるより前に、この担当者さんから電話がありました。

 「事故ですか? 大丈夫ですか?」

コールセンターから自動的に連絡がいくのでしょう。
で、ここからわざわざ連絡するかどうか、、、、ここが担当者の力量です!

長年、保険営業されている人なら「保険事故があるようならとりあえず電話する」。
常識だと思います。でも今やこんな常識は通じない!、というより、保険営業は5年で辞めていきます。長年保険営業している人の方が少ない。


単純な車両保険事故だし、相手いないしケガしている訳じゃないし、こすっただけだし、担当の人は元々生保の人だし、すぐに電話があるとは思っていませんでした。

========

保険、ってどんな保険にしろ、安心を買うのです。

万が一のことが起こった! そんな時に保険会社はどんな対応をするのか?
保険会社の資質 & 担当者の資質 両方が大事。

でも今や、テレビの宣伝で
「専任の担当者が最後まで、とか。土日でも、とか」
こんなことをわざわざ言わなきゃダメというのは情けない話。。。。。だけど現実。

ま、格安を売りにしているところが、いろんなところでいろいろコスト省かなきゃやってられない部分があるのは当然ですし、安かろう悪かろうとも言えないし、高いから良いと言うものでもない。保険は本当に奥が深い。

だいたい、保険に入ろうと思う段階で、何に備えるかはっきりしていない人も多かったりするので、奥が深いというか、深いと思ってはいたものの実は浅かったのかさえわからない。

医療系で例えるとして、

・例えば、
 病気に備えるのだったら、保険にはいるより、その分貯金して人間ドックで早期発見とか、スポーツクラブで体を鍛えるっていう選択もある。

・例えば、
 病気になったときの治療費に備えるって言う普通の医療保険の場合もあるし

・例えば、
 病気になって働けなくなって、ローンの支払に備えるって言う場合もあるし、
 病気になったあと、死亡した、遺族の生活保障、って言う場合もある。

本当に奥が深い。

さらに最近はだいぶ減ってきてますが、「保険に入っておけば貯金になる」なんて無造作に考えて保険に入っている人も多かったりする。(←昔の利回りの良かった頃の保険を知っている人)

====

保険は安心を買うモノ、だけど、安心を買ったつもりが万が一の時に役に立たない!
だから保険会社に対する不満がでる。
だから、保険会社選び・担当者選び、両方が大事です。

本当に安心を買っているか? ・・・・自己チェックしてみて下さい。

【関連記事】
 ●保険;満足度92%=11人に1人は満足していないってこと? (2012/02/01)

|

2012/08/11

残暑お見舞い、2012夏

暑いです! 夏休みです! お盆です!

Greeting2012_4

 オリンピックが終われば、
 高校野球が盛り上がって
 生徒学生たちは、部活・合宿があって、
 夏休みの宿題があって、
 くらげが出てきて、
 夏物最終売り尽くしセールで、
 今年の夏も終わりっ!

とりあえずお決まりの「残暑見舞い2012」です。
 
========
昔、経済の本を読んでいて、

「夏はしっかり暑くて、冬もしっかり寒いと景気が良くなる。季節商品が売れますから」

などと書かれていたのだけど、最近は本当か?とも言いたくなります。
朝から激しすぎる太陽光線を見ると、どこにも行きたくありません。
“やってらんね~”って感じ

先日、2週間ほど前の新聞記事を見たくて右京区の図書館(図書室)に行きました。総合庁舎の3階にあります。
エレベーターに乗ろうとしたら学生らしきやつが二人飛び込んできました。で、彼らの荷物が凄い。

  「そんな大きな荷物持って、お前たちこれからどこいくんだ、
   3週間くらい旅にでも出るのか?」というくらいの荷物。
受験生でしょうか?

図書室にはいると、以前にはあった「幼児専用絵本部屋」が自習室に変わっていました。
で、皆さん、自習室で、涼まれています(^_^;)。
(嘘ですよ〜。真面目な学生さん・真剣に雑誌や小説を読んでいるおじさんがほとんどでした。)

お盆休みの方も結構いらっしゃると思います。
まだまだ暑いので、熱中症には気をつけて下さい。
暑いからと言って、扇風機の前に座って最強の風で、ハァハァ息していると過呼吸になりますので気をつけて下さいませ。>経験者…全身硬直救急車騒ぎになりますよ♪

|

2012/08/10

住宅ローンアドバイザーの資格更新(苦難の末に)

住宅ローンアドバイザーの更新手続きの話で、元は3ヶ月ほど昔の話。
春に、書類が郵送されてきました。

 「8月で切れます。テキスト読んで確認テストやって、お金振り込んで下さい」
  ・・・一行で要約するとこんな書類。

で随分放ったらかしにしておいたのですが6月頃にそろそろ手続きしなきゃマズイよな、と問題を解いて・・・・よく見るとWEBでも手続きが出来ると書いてある。
早速、アクセス。

 「くそっ、アクセスできないじゃん」

会員専用ページにアクセスできません。よくよく見ると、システム更新のため、アクセスできない期間に遭遇しています。丁度まさに運悪く、、、、二日待って再度アクセス。


 「くそっ、問題が紙のやつとは違うじゃん」
でも一生懸命30分ほどで解いて、見事「合格」、だってテキスト手元にあるし。

いざクレジットカードで決済しようとすると、
 「このカードは使えません」
 ????
 ほかのカードでもダメ。なぜ? 決済できないから完了できない。とりあえずログアウト。


仕方ないので普通に窓口で振り込んで、振込票を貼り付けて、書類を郵送しようとしたらメールがやって来た。「システムに不具合がありました。再度アクセスしてね」。

もう書類できているし、不安だったし、
「メールを貰ったけど、やっぱり、書類で手続きします」とメモ書きして送ったら、ほどなく受付完了のメール。

やれやれと思っていたのに、さらに一週間ほどすると、一斉送信で【8月に期限が来る人のうち手続き完了していません人リスト】でメールしましたと、またもやメール。

「ま、どうせまた間違いだろ。三日もすれば間違えて送信しましたとメールが来るだろう」と思っていたのに何もない、というかこっちも忘れていました。

『書留です〜』・・・・・新しい資格証が送られてきました。やれやれ。

====
連日の暑さ! 頭くらくら、仕事も上手くはかどらない!
  、、、、こんな時は、甘いものでも食べて、ひと休み♪

Sweets

|

2012/08/09

富裕層向け、学習塾つぎつぎ。年間100〜200万円

高額の学習塾ビジネスの話。先週のnikkei.com(日経新聞)から。

  リソー教育の特別教室「伸芽'S(しんがーず)」
  早稲田アカデミー
  市進ホールディングス
  
こういう学習塾大手が、小中学生はもちろん、それ以下の1歳〜の学習塾に力を入れていると言うニュース。
  年間授業料は100万円〜200万円。

========

以前、文科省の学習費調査を記事にしました。

年間60万円以上を塾や家庭教師にかける世帯

  私立の小学生では、10人に1人の10%ほど
  中学生だと、公立私立共に約3% = 33人に1人。

こういう人たちをターゲットにしたビジネス展開、と見て取れます。

【関連記事】
 ●年収別の教育費の年額、中学・高校編(公立・私立) (2012/06/12)
 ●年収別の教育費の年額、幼稚園・小学校編(公立・私立) (2012/06/11)

========

ハイリスク・ローリターンとか、ハイリスク・リターンなし、とか言われる教育費ですが、この背景には公立学校不信があると思います。学級崩壊・学校崩壊。

一時期、というか今でも、「お受験」という言葉が普通にあります。
でも資金面で考えると、もう間もなく、公立回帰が始まるはずです、少なくとも普通のサラリーマンでは。

今だって、「中高は私立だけど、大学は絶対公立!」こういう家庭も少なくありません。これと同じで、

  「大学が公立」→「高校・大学が公立」 こう変わる!

ですから、公立高校のそれも特進クラスなんかがある学校は、どんどん難しくなる。

ここ10年でサラリーマンの給料は上がらなくなりました。
  ・今までだと給料アップで学費のアップが賄えていた
  ・子供人数を3人→2人、2人→1人と減らすことで賄えていた
でももう厳しい。
だから、「奥さんの援助(共働き)」、「爺さん婆さんの援助」がないと、普通のサラリーマンでは確実に破綻します。

例外で言うとすれば、「家は親から譲って貰った」という場合くらい。
(一般的には2世帯住宅で、親が全部資金を出した、くらいでしょうか。)
住居費総額3000万円相当以上を教育費に回せる、みたいな家庭か、本当の富裕層でないと相当厳しいと思います。

〜〜〜〜
でもですねー。
学校不信で勉強環境をよくする。私立を選ぶ・塾に行かせる・家庭教師をつける。
この目的は何なのか冷静に考えないといけません。もし目的が「良い大学」ならば、もはや、大学を出ても就職難の時代ですから、大学を目標にするのはナンセンスなのですね。

なのに大学までが目標になっている人、決して少なくありません。しかも「良い大学」の意味が違うのです。他人と比べて(つまり偏差値だけで)「この辺なら行けそうか」って考えがち。
例えば将来、
 海外で活躍する→英語は必須
 技術系で →理工系

こんな観点で選びますよね。
 運動系で考えると分かりやすいかも・・・早い段階で中高からそういう学校選びをしていますよね。

親「将来何になる?」
子「オリンピック選手!」とか「総理大臣!」とか「パン屋さん」とか

こういう夢を、現実と比べながらどう具体化していくか修正していくか、これを考える力が大事。
個性も伸びそうにないし、目標も立てられそうにない
      、、、、こういう場合は早い段階で軌道修正です。そして目標を作っていく、これも一つのライフプランです。

教育費をかけたからと言って、思い通りになるとは限らない。学校とは別に教育費を100万円・200万円かけていたとしても、常に考えておかないといけない大事なことだと思います。(大学が目標になっていると忘れがちになっちゃいます)

むしろ冷静に考える力の方が大事であって、この教育はかなりの部分は家庭でも可能なことだと思います。

ライフプラン表を作ると、よくわかります。就職できないと大学で止まっちゃうのですよ、今の時代。
「どっかの会社に行ってくれるだろ」
これではこうなる可能性が高くなってきている、そんな風に思います。
(クライアントのライフプラン表を作るときに、書く書かないは別として、「一年留年」とか、「卒業後無職3年間」とか、頭の片隅で考えてしまうのです。)

======

これからは子供のライフプラン作りも大事になっていくのか、なんて書いていて思ったぞ>私
「子供と一緒に作るライフプラン作り」・・・商売に出来るかも?

|

2012/08/08

史上最大が二つ! 競馬配当金(2983万)と振り込め詐欺(1億2600万)

新潟競馬の8月4日のレース。
JRA史上最高配当額  3連単で2983万円 

  100円が3000万円ですね!!


その前の日のニュース、
こちらは振り込め詐欺の被害額。

東京杉並区の70代の女性が、架空の社債(←太陽光発電)購入で、1億2600万円。
複数回に分けて振り込んだらしい。

史上最大が二つ、のニュースでした。

=====

 親の知り合いが詐欺に遭いました、あまり詳しく書けないし詳しく聞いていないのですが…
 
 「もうマンション売って、田舎帰ります。年金はあるのでなんとか
  生活は出来ると思います。」

涙声で話していたという、親の知人。
お袋によると「どうしたんですか」という問いにも、「もういいんです」とか
「諦めます」とかそんな答えしか返ってこないので一体何があったのか分からない。


 「マンション2つ(2室)持っていたし、もう一部屋買えるくらいの現金は
  持っていたはずで、悠々自適な生活で羨ましかったんだけど・・・・」

と親。こんな風に言われても、私の方も一体全体何の話か分かりません、見当も付きません。もっと詳しく聞きたい欲求はあるのですが、電話は数日前に終わっています。
何の話か分からないままに、でも親の機嫌が悪くならないようになんとか会話をつなげなきゃいけません、辛い>俺

 「今、低金利で、1000万円預けても利息1万円とかだし、上手い話とか、
  あったのかなぁ。大体、詐欺グループは微妙な所をついてくるしね」
           (>無難な回答。天才かも? ま、相手は親だし。)

 よくありそうなパターンで言うと、
  ・3〜5%くらいの利回りという微妙なところを付いてくるか。
  ・めちゃめちゃ多い配当を1回2回振り込んでから増資を勧誘してくるか。

(※想像なのですがタイミング的には、「英国スポーツギャンブル投資の詐欺」かも知れません。電話の数日後にニュースになりました。)

=====

 「うまい話には乗るな!」
 
 みんな分かっているのにどうして乗っちゃうのかなぁ〜
 株とか投信とか、リスクあると分かっているのにどうして、リスク以上買っちゃうのかなぁ〜
 
 
 月1万円と予算を決めて、お馬さんと楽しむ方が、健全なのかも知れません。


|

2012/08/07

誤発注で、証券仲介のKCG株価が1/4に

アメリカ証券仲介企業のナイト・キャピタル・グループ(KCG)の株価が暴落です。数百億円の損失。

8月1日に、同社の株式自動売買ソフトウェアトラブルで、異常な発注が多数発生。
しかも悪いことに、原因不明で、自社システムを使わないように、自らおふれ。

このため、KCGの株価が急落です。

Knightcapital

ソフトウェアによるトラブル、ときどき聞きますね。
最近だとファイスブック上場時のトラブルがあります。
で、このブログ記事でも以前に書いています。
2年前にこんな記事がありました。ダウが一時1000ドル以上下げたときのやつ。

【関連記事】
 ●暴落;株、円高、、、、誤発注?! (2010/05/07)

今回のは、本家本元KCGそのものの経営問題にまで発展しそうな感じです。

========
 
今の時代に、「コンピュータが万全だ!」
      「コンピュータでやっているから安心です」

なんて言葉を信じる人は少ないと思いますが、それでもこれを取りあげた理由があります。株式の乱高下、これまでは人の手によるものが多かったのです。

  株価が上がっていく → 味をしめる → 何かをきっかけに暴落
 →パニック売り → 株式取引に慎重になる・取引をやめる 
 →数年経って、市場参加者(投資家もトレーダーも担当者も)が入れ替わる
 →暴落した株価が徐々に上がっていく →→(以下繰り返し)

========

話をもどして、ナイト・キャピタル。最新ニュースでは、資金繰りに困り、身売りの話もでているということ。

たかがソフト、されどソフト。
時には、たった一瞬の出来事で、会社の経営さえ危うくする時もあると言うこと。

資産を守る観点から考えても、頭の片隅に置いておかねばならないのか、と思った出来事なのでした。

|

2012/08/06

豊かに生きるための、「条件付き遺言」

 子供は二人、長男と次男でどちらもサラリーマンで遠くに住んでいる、自分は農業一筋。
こういう方が
  「俺が死んだ後、畑どうなる?」
 なんて思うわけですね。

遺言書の書き方の本を見ると、条件付きの遺言という書き方も紹介されています。

良くありそうな例で言うと、
  ●「畑や田んぼを継ぐものに、家と預金をゆずる」

====農地だけじゃありません、違う「条件付き」の例もあります。

  ●「残った妻(一般には母)の面倒を見てくれる子供にゆずる」

ほかにも
始期条件というのもあります。
  ●死んでから10年後に、土地をゆずる、とか

負担付きというのもあります。
  ●土地は全部長男にゆずる、ただし、毎月5万円残った妻に払うこと
  ●土地を長男に譲る、ただし、ローンが残っているのでそれを払うこと。

遺言にはいろいろな条件が付けられるわけ。

大きな注意点が一つあります。
遺留分というのがあるということ(法定相続の半分が原則)
全部長男へ、と書いてもダメ。

あとよくある誤解ですが、死んだときの財産を分ける訳じゃありません。
生まれてからずーっとの財産です。つまり生前贈与分をどう考えるか。

  兄ちゃんは公立、弟は私立
  お姉ちゃんはいとも簡単に勝手に結婚、妹は盛大に結婚式(費用親持ち)

こんなことがあったから、こう分けるんだよと、付言事項で書いておくと、心のこもった遺言書ができあがる。

遺言書に関しては、公証人役場や司法書士・行政書士、それに税金が絡む場合は税理士さんの分野です。FPではちょっと役不足・・・・(^_^;) 

FPはそれまでの生活をどう豊かに過ごすか、
その後の遺された家族がどう豊かに過ごすか

を主点に考えます。だって死んでからのことより、「どんな暮らしをするか」を考える方が楽しいじゃないですか。

、、、ってみんなそうなのかな? 私だけなのかな? 

|

2012/08/03

別居している親を扶養にする方法

暑いです、猛暑日続いています。あまりに暑すぎて面白い話題がなかなか思い浮かびません。
 「あちー、太陽元気すぎっ!」  おかげで
 
 活動指数低下、エネルギーレベル:0 …… 非常用システムon
  キットカット(チョコ)でエネルギー補給。アイスで強制空冷。。。。って感じ

========

サラリーマンの扶養の話。扶養には通常、2〜3種類あります。
「健康保険の扶養」と「所得税の扶養」。もう一つ、「会社の手当」という人もいます。
それぞれ条件が違います。

★健康保険は同居が基本です。
 ま、別居でもなんとか扶養にしている人もいますが、クリアする条件は厳しいです。(丁度、大学仕送り中の子供、と同様な条件。親の所得に関わってきます)

★所得税上の扶養。こちらは簡単です。
  仕送りしていればOK!  例えば毎月5万円を田舎の親に振り込む。
   ただこちらも所得条件があります。

(※年金が一杯あるのに、扶養にする、というのはどうかと思いますが・・・。パートの奥さん年収103万円の壁ってのが一つの目安?。正確に書くと、税法上は「年間の合計所得金額が38万円以下であること」です。)

こういう方が仕送りすれば、仕送りしている人の税金計算で親の扶養控除が使えます。

----

とここまで書くと、「親名義の銀行口座を作れば良いんだね」、と悪いこと考える人がいるかと思います。
これ、贈与税とかでよく問題になるケースと一緒。(←祖父母が孫名義で貯金するとか、毎年110万円ずつ子供名義で預金するとか)
税務署はこんな形式上の振込を認めるはずがありません。
(検挙されて、当事者がどこかの偉いさんだったり議員さんだったりすると、『税務署と見解の相違があったが、納めました』、なんてニュースになったり。)

親名義の銀行通帳だけど、振り込んで出し入れがない!
      ・・・実は子供が口座を管理している

こんな形上だけの振込はダメ。ちゃんと親が管理している口座に振り込まないといけません。

【関連リンク】
 ●扶養の条件(サラリーマンの場合) 親を扶養にする

【関連記事】
 ●子供の扶養になれますか?(毎月年金10万円・給与8万円のとき)(2011/11/24)
 ●親を扶養にすると、所得税はどう減る? (2008/01/16)
 ●親を扶養にすると、健保はどうなる? (2008/01/18)
 
========

「親にクレジットカードを渡しているんですけどどうなるんですか?」

こんな質問が前にありました。
それ相応の支払があるのなら税務署は認めると思うのですがね〜。これ、カード会社の利用規約違反ですよね。本人以外の使用。しかも管理不徹底で万が一悪用されても文句言えない。
あまりお勧めできませんが、現実にはこんな場合もあるのかなぁなんて思ったり。公共料金とか電話代とか税金とかを、「俺がカードで払っている」くらいにしておいた方が無難なんじゃないかと思います。

|

2012/08/02

公務員の退職金13%(約400万円)引き下げの閣議決定

「国家公務員退職手当法改正案」

まだ閣議決定ですから、これから国会提出→法案審議とまだまだどうなるか分かりません。

 ●公務員の退職金を400万円下げるべきと言う内閣「有識者会議」報告書

週刊誌なんかには、あちこちで、

 「公務員の退職金が優遇されている!」
 「人事院さえ400万円下げるべきと言っている」

なんて書かれているので、ご存じの方も多いと思います。
今、内閣官房 行政改革推進室のHPを見に行くと、
 「共済年金職域部分と退職給付に関する有識者会議」報告書
というのが出ています。(7/5公表)
  http://www.gyoukaku.go.jp/koumuin/kaigi/

 ★企業年金及び退職金に関する人事院調査結果
  【結果】
   民間:2547.7 万円、公務員:2950.3 万円(差額402.6 万円)

したがって、下げるべきという報告です。これをもとに閣議決定に至ったと見るべきでしょう。
注意点、退職金だけじゃなく、年金(職域年金)部分も含んでいるという点です。

【追記2012.9】   ・・・・(2012年9月現在の法案の行方です)
 ●国会閉会! 公務員の年金と退職金の法案はどうなった? (2012/09/10)

=====

上場一部企業の定年退職される方の退職金、2600〜3000万円くらい。勤続年数や役職でもちろん違いますが、概ね、私がいつも使っている数字です。

ただ3000万円弱という大手企業の退職金。これは丸々そのまま貰うのはなく、再雇用の原資になる場合もあります。最近は退職給付積立不足問題があってこの10年間で、多くの企業が退職金を切り下げました(正直各企業でバラバラ)。
現在でも、年金基金の約半数は積立不足、これらはおそらく今後切り下げるし、日本航空は破綻で切り下げました。東京電力はどうなるでしょうかねー。

いろいろな企業の平均値が下がっている状況に、今まで共済組合がついて行っていない状態、であると思っています。

【関連記事】
 ●学歴・勤続年数別の退職金(厚労省、中央労働委員会) (2012/03/26)

 ●平均?の 退職金の支給額 (2007/07/04)

===== 

もっともこれから、どうやって下げるのかが問題になりますね。
まずは希望退職(早期退職勧奨)制度を拡充、のニュースを見ました。
年金一元化法案の行方も気になります。
さてどうなるでしょうか?

折しも、2年間7.8%減の国家公務員給料。
公務員志望の学生は相当多いようですし、親も望んでいる声が大きいと聞きますが、これからの公務員さんも相当、なかなか、かなり、いろいろ厳しそうです。

ちなみに、昔の人気職業はというと、30年ほど前、私が就職戦線の時には「広告代理店」「商社」「電機メーカー」、、、、今は断トツで「公務員」です。
時代は移り変わるということで・・・・30年先をみた就職をしてくださいね♪

【追記2012.8.8】 新聞報道の削減数字を元にグラフ化。
Retirepayment

|

2012/08/01

貿易収支(上期)過去最大の赤字!日本はどんどん貧乏になる?

財務省発表の貿易収支。先週のニュースで、

 「上半期としては過去最大の2.9兆円の赤字」

と報道されていました。

ということで、四半期ベースの確定情報(データ出典:財務省)から作成したグラフがこれ。(四半期ベースなので、半期ならおよそ2倍、年間ならおよそ4倍の値になると言う気持ちでご覧下さい。)

Bouekishuushi2012
      (データ:財務省 貿易統計より作成。2012年7月時点)

貿易赤字が続いています。
 「円高」と「エネルギー」のためのLNG輸入増加のダブルパンチ。

これまで私は、日本は資源がないから工業製品を輸出して富を得ること、が重要だと思っていました。でも、産業空洞化、今やメーカーは海外進出です。よりよい人材を育成して、他国より優秀な工業製品を作り続ける、この道しかないと思っていたのですが、もうダメそうです。

 輸出ではなく、所得(海外生産の所得)を日本に持ってきている!
 
となれば今後、内需転換が主流になります。
分かりやすく言うと、
エンジニアはある日突然、介護ヘルパーに転身する。こんな世の中。(・・・この流れは、すでに始まっているような。介護ビジネス・宅配弁当・高齢生活支援など)

でも内需転換だけでは資源のない日本は成り立ちません。
原油とLNGというエネルギーが必要だからです。食べ物というエネルギー源も必要です(人間用も家畜用も)。

貿易赤字が続くとどうなるでしょうか? 実は、赤字が悪いというものではありません。
貿易赤字は日本の富の流出だ、なんていう記事もありますが、そんなこと言ったら(家計で言うと)誰も住宅ローンなんて組めません。住宅ローンなんて何十年にもわたって個人の富を流出させることですから。

住宅ローンに限らず、「お金が減るから買い物しない」なんて人は普通いないっしょ

赤字が悪いものではないのですが、黒字化する努力か、または、赤字を補填する手だて、の両面の視点、それも長期に亘る視点が重要になります。

 お店に欲しいものがあるから、(お金を得るために)働く!
同様に
 海外に欲しいものがあるから、外貨を手に入れる!
 
-----
さて、工業立国からどうやって転身しましょうか、日本?
早急に、私が年金もらうころまでに華麗に転身して欲しい日本、であります。


【関連記事】
 ●31年ぶりの貿易赤字;貿易収支と所得収支(2012/01/31)

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »