« 果報は寝て待て?! ユーロ安値、11年8カ月ぶり(94.3円) | トップページ | 家計リストラ;消費税増税前に、10万円分やっておけ(まだ1年半あるし) »

2012/07/25

(高齢者夫婦向け)健保3割負担が、申請で1割負担になる世帯

70歳以上の健康保険負担金の話。
こういう方が、医者に行ってお金を払うとき、1割負担の人と3割負担の人がいます。

 ●収入の多い人は、「現役並み」ということで、サラリーマンと同じ“3割”負担。
 ●収入の少ない人は、“1割”負担です。(←2割負担にという話もあったけれど
                    今のところ1割負担のまま)

でもって、申請すれば1割負担になるのに、3割負担のままになっている人も多いんじゃないか?という話。

=======

ことの発端は、保険の解約のお話でした。
80歳間近のご夫婦。
孫が進学するので子ども夫婦に援助したい! 
そのために保険を解約するかどうするか?、そんなお話をしていたときのこと。

 私「じゃあ終身保険の一部解約はどうですか?保険800万円も必要ですか?
   半分とか1/3くらいを解約するというのはどうですか?」
   
相手「保険を解約すれば、収入になりますよね(※)。そうすると健康保険が
   3割負担になると思うのでやめておきます。いまギリギリなんです。」

私 ???
国保も後期高齢もほぼ同じでありますが、負担割合の基準は次のようになっています。

 ●年収(年金+不動産収入とか)が、383万円以上あれば、
   現役並み、3割負担

世帯の中で一人でも383万円以上なら自動的に3割負担の通知がやってきます。でも、この基準は一人の場合、世帯一人と世帯二人で基準が違うのです。

 ●ご夫婦の場合、年収(夫の年金+妻の年金+不動産収入とか)が、
  520万円以上で現役並み、です。3割負担。


お役所的書き方をすれば、
 『現役並み所得者のいる世帯は3割負担になりますが、
  夫婦合計で520万円以下なら申請することで1割負担になります』

つまり「私の所は二人いて、合計で520万未満なので、1割負担にまけてね」
と申請するわけです。

=======

旦那さんは、現役中はそこそこ有名なところで結構上の役職に就いていた方。
年金以外の収入はほとんどないことを知っているので、年金だけで383万円くらいの方ということがわかりますし、だいたいそんな想像もしておりました。

でもって、奥さんは働いたことがないか、あってもほんの少し。大部分は国民年金のみで年齢的にそれもごくわずか。(※※)

  「健康保険が3割負担になる、いまギリギリ」の言葉に、私は????

        奥さんの収入130万も140万もないでしょ、って。

私の頭の中では最初から、
    夫婦の収入は520万円以下=> すなわち、1割負担の世帯

なのです。
だいたい、年金ご夫婦世帯で520万円の年収がある方なんて、両方公務員だったとか、手広く不動産の収入があるとか、事業しているとかそんな場合くらいしか思いつきません。


 私 「大丈夫ですよ、保険を少々解約しても、1割負担のままいけます」


同様な方、いらっしゃるんじゃないでしょうかねぇ。
1割負担か3割負担か、自分の健康保険証(通知書)、確かめてみましょうね♪

=====================
※※全員が国民年金にはいることになったのは、たしか昭和36年から。
   80歳くらいなら40年全部払っていることはまずありえません)

※保険の収入について補足 
 終身保険800万円の半分を解約して、400万円を手に入れる。
 これ400万円が収入になるわけではありません。払った分を引きます。
 払った部分を引いて純粋に儲かったの部分が収入にカウントされます。
 (この方の場合、ひょっとして現役時代に入ったお宝保険か?と思ったのですが、
  残念ながら定年前後で転換してしまっていて、(今売られているやつよりは
  はるかに良い保険ではあったのですが、)まぁあまり美味しくない保険で
  ありました。)

|

« 果報は寝て待て?! ユーロ安値、11年8カ月ぶり(94.3円) | トップページ | 家計リストラ;消費税増税前に、10万円分やっておけ(まだ1年半あるし) »

FP-年金・老後」カテゴリの記事