« LCCとTPPは、繊維業界と同じ道を辿る? | トップページ | 昭和28年生まれの年金試算(2013年問題ほか) »

2012/07/11

奨学金の減額返還制度(年収300万円以下)

日本学生支援機構(旧育英会)の奨学金返還の話です。

経済的理由、災害、傷病等による・・・減額返還制度!

半分の金額を返すという制度です。

ただし、借金が半分になるわけではありません。
金額を半分にして、期間を延長するという制度。
(それでも、第二種において、総返済額が増えるわけではない。同じです←これは結構、重要)

おおむね年収300万円以下が対象。

ほかにも「返還期限の猶予」(災害、傷病、失業、育休等)や、就職せずに進学した場合の猶予制度もあります。

詳しくは学生支援機構へどうぞ。

====

テレビで、「教育ローンに苦しむアメリカの若者」の番組がありました。(←あまり若くなかったけど)
アメリカの学費がどれ程の物が知らないのですが、やはり相当な物みたいです。

教育が未来の日本の投資であるならば、
最優秀の人の学費は国が面倒を見る、各校各一名、くらいの制度が望まれます。
給付型奨学金、作る気ないのか?>文科省

|

« LCCとTPPは、繊維業界と同じ道を辿る? | トップページ | 昭和28年生まれの年金試算(2013年問題ほか) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事