« 65歳定年、資産8%の運用術(255万円得する試算) | トップページ | (高齢者夫婦向け)健保3割負担が、申請で1割負担になる世帯 »

2012/07/24

果報は寝て待て?! ユーロ安値、11年8カ月ぶり(94.3円)

またもやユーロが急落、1ユーロ=94.3円、11年8カ月ぶり。
ユーロ急落94円台突入に引きつられて、ドル円も1ドル=78円を瞬間割り込みました。
猛烈な円高です。

とりあえず、ユーロ円の長期のチャートを描いてみました。
これ見た貴方、今後どうなると思う?

Euroyen2012_2

GW連休直後に書いたこのブログ記事。

  ●日経9000円割れる? ユーロ円も103円突入 (2012/05/09)
   #連休中に、フランス選挙で現職苦戦とか、ギリシャで与党過半数割れとか、
   #こんなニュースで早速、ユーロ売り建て。(←株式のヘッジのつもり)

これ信じて、ユーロ売り建てした人、この時の1ユーロは103円くらいだったから、レバレッジ10なら2ヶ月ほどで、およそ2倍、10万円の元手なら軽く9万円くらい儲けが出ている計算ですね。

  果報は寝て待て♪
  
と言いたいところなのだけど
当の私はと言うと、順番に売り→買いひっくり返していっているので、
そろそろ戻ってくれなきゃ困る状態。

========

欧州圏5位のスペイン経済。ドイツ・(イギリス)・フランス・イタリアの次。
昨日はスペインのどこかで救済の申し出ありというニュースで急落しました。
スペイン国債も7%前後をウロウロしていた利回りが7.5%まで上昇。国債売り、です。
国債の信用が低下して価値が低下。つまり資産の低下です。ドイツも格付けネガティブへ(今後引き下げられる可能性が高いという格付け)・・・ドイツ経済がどこまでユーロを支えきれるかという感じです。


さて今後どうなる? ギリシャとスペイン

目下、ギリシャは、2度の選挙の末、連立政権で現在、トロイカ(EU、ECB、IMF=欧州連合、欧州中央銀行、国際通貨基金)との協議に入って、なかなか難航していると言う話。
スペインは上記のようにとても不安定。秋まで進展無し。

そうこうするうちに、他の地域でも救済・支援。復活の目途経たず。

オリンピックで多少なりともマインドが良くなれば・・・・・
  ・・・そう思って、買い建てに転換していっているんだけど、そろそろヤバイかも。

========

お金がどこに向かうか? 世界中で利下げや金融緩和で今やお金ジャブジャブ。
とりあえず、現在、穀物相場にお金が流れているようです。大豆・トウモロコシ・小麦が高騰(←アメリカの記録的干ばつ)。
私は商品相場は経験がないので、日経新聞で時々見る程度なのですが、唯一今持っている農業関連の投信。

★ドイチェ・グローバルアグリビジネスファンド

 ま、これは商品相場系ではありませんが、丁度1年ほど前に農業関連の投信を物色をしていて見つけました。、、、結果はと言うと、上がったり下がったりしているけど、儲けを確定ほどでもないし損切りするほどでもない感じで推移しております。
ま、下がりっぱなしじゃないので良しとしましょうか。


穀物以外の相場の現状はというと、
 ・貴金属の金は、上がったり下がったりだけど、昨年・一昨年のような高騰は見せていません。
 ・原油は、最近下がっていますね。これからが面白いという記事も見ました、でも私は信じていません。

金も原油もETFがあるので良いですね♪ 欲しいときはこちらで買える。
証券会社や銀行の窓口で、アドバイザーから聞いて買うよりよほど良い、と思ってます。

で、最大の関心事は日本株?!

「日本株に期待」なんて記事も増えてきているのですが、どうしてそういう記事になるのか私には理解できません。
節電に電気料金値上げ、給与削減続出、証券各社をはじめ相変わらず大企業のコンプライアンス問題も多い。
税と社会保障の一体改革が参議院を通れば、パートの働き方にも影響が出てくるし、それになりより、政府の外交力が弱い、いつまで持つか?総選挙は? っていう状態で、どっちにどう転んでも、順調に日本経済が順風満帆で好調になっていくとは思えません、なので、「日本株に期待」なんて記事はにわかには信じられません。

もし買うとした成長性よりも低PBRをポイントに、豊富な手持ち資金を持っているところ、って感じでしょうか。(でも今は世界中で株価下落中ですから、今買うな、そしてもし買うのなら3年以上待っていられるもの) 
これもやっぱり果報は寝て待て?! になるか?

|

« 65歳定年、資産8%の運用術(255万円得する試算) | トップページ | (高齢者夫婦向け)健保3割負担が、申請で1割負担になる世帯 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事