« 年収別の教育費の年額、中学・高校編(公立・私立) | トップページ | 子どものサマーキャンプ費用、とか »

2012/06/13

大損の投資信託のその後(行く末&末路)

「大損している投資信託、どうすれば良いんでしょうか?」

の間接的答えになるかも知れません。
以前に書いた大損投信のその後の話。

  4/20付けで繰上償還!
  最終基準価格は1613円・・・・・1万円スタートですから84%の損失ですね。
   五年間で1/6になったファンド!  です

Fundredeemable

固有名詞はモザイクで消しました(^_^;)
こういう大損しているファンドは、大抵の場合、早期終了します。

どんな流れかというと、、、、ファンドを持っている人たちに
「ファンドの成績が上がりそうにないのでもう止めちゃいたいんです、繰上償還したいんです・・・」
と通知がきます。で総口数の過半数の異議がなければ、繰上償還決定!

:::このまま運用をするよりも、ここは終了して、
   お預かりした資産を皆様にお返しすることが最善だと思うので::::
なんていう理由になっているはずです。

=====

ここまで下がったまま償還するファンドも珍しい気もします。ただ上昇が見込めないのに持ち続けるのもあまり宜しくない。さっさと乗り換えるなり、もう投信はしない!と決意するなり、そんなところ。

ま、このファンドだけじゃないですし、10年ほど前の銀行に公的資金!と騒がれた時代には私も随分とやられてしまったものです。

だからETFがオススメ、と言っておきましょう♪

(最近は、早期償還条項つきのファンドってのが増えていますね。
 1万円スタートで、1.2万円になったら自動償還、ってなやつ。
 ・・・・これで自動償還になったら次を買って、販売会社はまた手数料を
     稼げるという、お互いがHappyHappyになれる良い商品!)
       だからやっぱりETFがオススメ、と言っておこう♪


こんな記事もどうぞ♪ (←ちょっと古いですが)
【関連記事】
 ●日経平均が下がると、それ以上に上がる投信 知ってる?(2008/10/03)
 ●5年で1/5になった、最凶の環境関連ファンド (2011/11/04)

|

« 年収別の教育費の年額、中学・高校編(公立・私立) | トップページ | 子どものサマーキャンプ費用、とか »

FP-銀行・株」カテゴリの記事