« 子どものサマーキャンプ費用、とか | トップページ | 倹約と増税による財政再建は可能か? »

2012/06/15

住民税の増税は今月から;子ども扶養関連(月1000円〜3000円/人)

住民税額決定通知書が配られる時期なので「住民税が高すぎる!」という検索が増えてきています。
この傾向、最近は毎年の恒例行事?になっています。

高校生以下のお子さんをお持ちの世帯は、子ども手当と高校授業料無償化のかわりに、「子どもの扶養控除が廃止・縮小されたので増税!」になると、これまで何度も書いていますが、、、、、実は、所得税に気を取られて住民税の方を間違ってました。済みませんゴメンナサイです。 m(_ _)m 修正しました。

所得税の方はすでに始まっています。毎月の源泉徴収額が上がっていると思います。
住民税は1年遅れなので(前年1〜12月の収入で、6月に1年分を改定)
  今月から増税です!!

下の図の通り、

Fuyoujyuuminzei

  所得税は収入によって変わる累進課税ですが、住民税は、税率10%と一律なので、控除の減った分の10%とわかりやすいです。

  0-15歳の場合、控除33万円減少で、年3.3万円の増税
  16-18歳の場合、控除12万円減少で、年1.2万円の増税

  月にすると、子ども一人あたり、1000円〜2000円弱の住民税増税(←単純に12で割れば)。

なお、子ども手当は、児童手当に戻って所得制限ができました。6月分からです。
(→散々騒いだ子ども手当! 結局の所、所得税・住民税を引くと、ほんの少しだけ配りました!という政策になっちゃいました。この政策でどれだけ「子どもを産もうとした人が増えたのか?」しっかり統括してほしいなぁ。でもって、やっぱり子ども手当満額!財源はこうします!としっかりマニフェスト作るんだったら、民主党をもう一度見直すんだけど。)

=====
話がずれちゃいました。
ついでに嫌なこと書いちゃいます。

  復興増税(所得税)が来年2013年1月から、2.1%の定率増税。
  その後、遅れて、住民税の定額増税1000円。


  で、目下のテレビでやっている連日のニュースは消費税ですね。本日首相は決断するのか?

    2年後  2014.4月に 8%(現行より3%アップ)
         2015.10月 10%
  ・・・もっとも、景気弾力条項とか、時期とか、まだまだもめてます。

|

« 子どものサマーキャンプ費用、とか | トップページ | 倹約と増税による財政再建は可能か? »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事