« わくわく・ドキドキ成分が足りないっ! | トップページ | 高額療養費制度と、限度額適用認定証 »

2012/05/14

年4%の医療機関債

最近時々広告や宣伝を見ます。医療機関への債権投資。
インターネットをうろついていると(←ネットサーフィンは死語?)たまに見掛けます。
で、そういうの好きだから、ついつい見に行っちゃうのですね〜。

  アメリカでは、医療機関への債券投資は常識、だとか
  支払は(アメリカの場合)ほとんどが民間保険なので取りはぐれがなくて
  とても安全、だとか
       ・・・・どこまで本当のことなのか分からないのだけどさっ。

で今、国民生活センターのHPで

 ★新手の儲け話、医療機関債の販売勧誘トラブル!

なんてのが公開されています。

  「医療について興味はないか。年利4%の債権を買わないか」
  「期間は5年。国債と同じで元本割れしない安全な商品」

====

世の中の銀行さんが、病院を増床する・病棟建てる、なんて時にお金貸していることを思えば、こういう債券投資やファンドがあってもおかしくないとは思います。
でもま、向こうから「買いませんか?」と近寄ってくるものには
ろくな物はない、と断言しておきましょう。

もしまともな債権だったとして、だいたい今、事業ローンの水準って2%ぐらいじゃないでしょうか。それより高いということは、破綻・倒産の危険があるから高い金利が付いている、、、こんな見方もできますね。

|

« わくわく・ドキドキ成分が足りないっ! | トップページ | 高額療養費制度と、限度額適用認定証 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事