« 高額療養費制度と、限度額適用認定証 | トップページ | 病院の医療費、滞納が増えている? »

2012/05/16

親の預金1000万円を解約したら、相続税いくら掛かりますか?

「親が亡くなったので、親の銀行預金を解約します。
     1000万円で相続税はいくらになりますか?」
「親の実家、誰も住まないので売却します。相続税は?」

ときおり、こんな質問があったりします。
が、答えられません。なぜなら「相続税」は全体の資産で決まるから。

  親名義の土地や貯金なんかの全財産。
  ここから控除を引いて残りの財産から、税率が掛かって税金額(総額)。
  この相続税の総額を、貰った人で按分して決まる。

例えば、相続税の総額が1000万円で、自分の貰った分が10%だったら100万円の相続税。

-----
ただし、預貯金の利息には普通のいつでもかかる利息税がつきますし、不動産はもし売却して現金化するとなると
    (土地の売却−土地の購入価格、それと建物減価償却分の差額)
で儲けが出ていれば所得税がかかってきます。

相続の基礎控除は、基本5000万円です。これに相続人一人あたり1000万円。
 不動産価値3000万円、預貯金1000万円、生命保険1000万円。
   ・・・これだと相続税ゼロです。かかりません。
(※近年、控除縮小が言われていますけど・・・)

====
【追記 基礎控除が6割に縮小されました 2015年1月~】 
 ・・・ 「相続の基礎控除は、基本3000万円です。これに相続人一人あたり600万円。」
こちらもどうぞ
 ●相続税の増税(基礎控除が6割に)改正前後の早見表、です (2014/11/05)
====

地価の高いところにお住まいの人、地価の高いところに会社を持っていてこの株式を持っている人、なんかはとくに要注意。

ちなみに表題の質問で、
  相続税じゃなく贈与税ならば、(つまり1000万円を貰ったのなら)
  《贈与税額およそ230万円》 です。・・・・贈与税は結構高い!翌年までに申告してね♪
  
随分に前に作った図だけど、相続税計算のまとめ図です。
(クリックで拡大。※なお個別具体的な税務相談は税理士さんへどうぞ)

Souzoku

|

« 高額療養費制度と、限度額適用認定証 | トップページ | 病院の医療費、滞納が増えている? »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事