« 保険;満足度92%=11人に1人は満足していないってこと? | トップページ | 住宅ローン、フラット35縮小;限度100%→90%までに(H24.4月〜) »

2012/02/02

おもな収入が公的年金の人(今年から)確定申告が不要に

今年の確定申告分、すなわち平成23年分の確定申告から、

  公的年金の収入額400万円以下、かつ
  他の所得が20万円以下

なら、確定申告不要になりました。

公的年金だけで、今まで申告していなかった人も結構いらっしゃったと思うのですが・・・・
というか、こういう方は申告するとかなりの場合、税金が戻ってきます。公的年金は源泉徴収されていますから、その差額を払ったり戻して貰ったりするのが確定申告。で生命保険料控除とか医療費控除で戻ってくる人が結構多い。
でも書類を書くのは結構面倒なわけで、法律上しっかりしなくても良いと決めた、というわけ。

でも逆に、他の所得が20万円以下に該当する人、この人達はラッキーですね♪(それと差額の税金を払っていた人とか)

  原稿料がはいる人とか、特許料が入る人とか
  駐車場代1台分貸してわずかな収入がある人とか
  何かを教えたりとかでちょっとだけ収入がある人とか

こういう方々には、無理して税金取らないでおきましょうという国税庁の暖かい配慮ですね♪  (プラス20万円の収入)×(税率20%)で4万円の税金 

このために、書類を書く方も受け取る方も、『めんどくせーや』、という利害の一致があった?!(←こんなこと書くと叱られますねm(_ _)m )

公的年金400万円を超える人、、、、相当出世している人、元支店長とか工場長とか、それか同族会社で専務歴40年間とか、の人でしょうかね。(現役中の数十年間の平均年収が800万円を越える人=所得代替率50%でざくっと計算。ま、それくらい相当の給料貰って厚生年金払っていた人ですね。)


【関連記事】こちらの記事もどうぞ
 ●年金400万円以上貰っている人の割合 (2012/02/08)


もともと、サラリーマンには、給与所得以外で20万円以下なら申告不要という制度があります。それを年金生活者にも適用するようになったという話だと思います。


※分離課税・総合課税の話を端折っています。気になる方・詳しく知りたい方は国税庁のHPへどうぞ。

|

« 保険;満足度92%=11人に1人は満足していないってこと? | トップページ | 住宅ローン、フラット35縮小;限度100%→90%までに(H24.4月〜) »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事