« 天国からのラブレター | トップページ | 初任給と真夏電力ピークの相関(節電すると給料が下がる法則) »

2012/02/23

日本史上初の人口減少時代?!(超長期の人口グラフ)

人口推移なんてものは総務省統計局の範疇だと思っていたのですが、国土交通省にも面白いものがありました。「平成21年度国土交通白書」

  西暦800年(平安時代)から2100年くらいまでの日本の人口推移、

を発見。
で、国交省のホームページからエクセルデータがダウンロード出来たので、1600年頃からの分をグラフにしてみたのがこれ。

Jinkoushouki

これを知ったのは、昨日の国会中継。予算委員会で野田聖子議員が質問で使っておられたのです。

今1億2700万人の日本の人口が、40年後には9000万人。

人口減少問題、、、、週刊誌やビジネス雑誌などでも最近取りあげられるようになってきました。

私は、人口減少でマーケットが小さくなる問題、これも問題ですが、むしろ、高齢化率が上がることが大問題だと思っています。

もし国民の半分が国の税金で生計維持する状態になれば、すなわち、

  年金生活者+生活保護者+公務員(・・・公務員を入れたらまずいですかね?)

を国民半分で養う、こんなこと長続きするはずがありません。

こんな時に大事なのは、GDP総額ではなく、一人あたりのGDPですよね。でもって、一人あたりのGDPに占める税金とか間接負担を除いた「可処分所得」としてのGDPが、私にとってはとても興味のある話題となってきます。


右肩上がりの時代は終わった、、、、これ何度もいつも言っていますが、そういう時代だと言うことであって、いつまでも政治が悪いとか経済が悪いとか他人の性にしている場合じゃなく、自分の身は自分で守れ! そんな時代。

でね、守っているだけだとつまらない。
どう自分の楽しみを見つけるか、この「楽しみの質」がこれまでと変わってくるはずです。

例えば、高度成長時代は給料が上がることが楽しみだった、これが、
(給料が低くても)仕事が面白いとか、社会に貢献できるとか、自分の力が発揮できるとか、こういう楽しみを充実させる人が増えてくる。

逆に、年金生活で(飢え死にする程じゃないですが)楽しみありません(←結構いらっしゃいます、はい。)、こういう人は満足な人生にはならないような気がします。

足が悪いしコンピュータもできないし、

『絵手紙習い始めて絵はがきを描いて、みんなに出しまくっているんです。
 友達から感想を聞くのが楽しみで・・・・』

こんな方もいらっしゃいました。

   「自分でつけた漬け物が旨い」
   「美味しいを聞きたいから料理を作る」
   「庭の花が咲くのが楽しみ」、

意外と身近に転がっているものだと思いますよ。
「自分自身の楽しみ方、できれば金のかからない一生出来る楽しみ」、これを考えることがこれからの時代とても重要になると思っています。若い方に比べると、高齢者の方が圧倒的に「楽しみ無い、私には出来ない」とおっしゃる方が多いのですが、楽しみ作るのも一つの努力?かなと。 それくらいの努力はして下さいね。自分の楽しみのためですから。

でもたぶん、こうやって私のブログにアクセスしてくるような人は、
「楽しみが無い? 何それ、いっぱいあるやん」
という方がほとんどのハズです。(^_^)断言♪

|

« 天国からのラブレター | トップページ | 初任給と真夏電力ピークの相関(節電すると給料が下がる法則) »

FP総合」カテゴリの記事