« 子ども手当、未申請1割越え(全員申請必要です) | トップページ | 天国からのラブレター »

2012/02/21

後期高齢者保険料(75歳以上)、4月から続々値上げ、京都府は3600円

済みません、週刊誌的題名をつけてしまいました。
3600円の値上げ、これ平均値で、かつ、年額!です。m(_ _)m
月にすると300円。(つーか、ほとんどの人は2ヶ月ごとの年金から自動的に引かれちゃいますが・・・)
それでも値上げです(T_T)。嫌ですね〜

後期高齢者保険の保険料は2年ごとに改定されます。
で、どこも広域連合と言って都道府県別になっていて、
 老人の人数と個々のサービスから、各都道府県のサービスの総量をはじき出し、これをまかなうように保険者の人数で割って、保険料が決まります。
実際には、均等割+所得割です。

でもって、高齢者が増える程負担が増えるし、高齢者ばかりの自治体だと大変なことになるので、現役者からの負担+基金取り崩し+市町村からの補助金?で負担を抑えるような仕組みになっています。

単純な話を書きましょう。もし高齢者の割合が99%になった時、どんな社会保障になるか?
・・・・・現役者を増やすしかないんです。
       少子化対策&高齢者も働くようにする(←無理のない範囲でね。働いた分だけ楽しくなれるような施策)

======

いろいろ後期高齢者保健制度は批判されていますけど、
私はよい面も見ています。

例えば、24時間介護がいる、少なくとも一日数時間程度の介護がいる、
こんな場合には昔は、誰かが犠牲になって(←嫁が多い?)介護していたわけで、それがダメなら介護ヘルパーを自費で雇っていたわけです。一時間3000円とか4000円とかのヘルパー代(重度介護)。

いまでもそうなんですけど、限度額までは保険が使えるようになっている、こういう点は保険として機能しているんじゃないかと思うのですね。

ただまあ、保険支出を抑えるために、今まで週3日来て貰えていたのが2日になった、とか、こういう点も現実にはあるわけで、当人とその家族にとっては、かなり大変であったりするわけです。

・介護期間が長くて貯金はみーんな無くなりました。
・家を売って老人ホームに入りました。
・一人暮らしで認知。市町村長の判断で土地を売って老人ホームへ。
 (市町村長が成年後見人になる場合がある)

税と社会保障の一体改革、、、、、なかなか進んでいませんが、いったいどんな社会保障を持つ国が良い国と言えるのでしょうか。。。。
世界最先端の高齢化率日本、、、、、高負担高福祉、中負担中福祉。
現状のサービスを維持するだけで、消費税を少なくとも10%程度、将来的にはもっと上げなきゃいけないという話ですから大変です。

======

年額3600円の値上げ。
平均の年金額が分かりませんが200万円として1.8%くらいでしょうか。
これなら、4年前に書いた記事とだいだい合うぞ〜

 【過去記事】 
   ●将来、年金が半分に減って餓死者・凍死者がでる、という計算  (2008/08/01)


|

« 子ども手当、未申請1割越え(全員申請必要です) | トップページ | 天国からのラブレター »

FP-年金・老後」カテゴリの記事