« オークション参加(ひさびさ)、春からは外をrun | トップページ | 保険;満足度92%=11人に1人は満足していないってこと? »

2012/01/31

31年ぶりの貿易赤字;貿易収支と所得収支

先週のニュースです。
財務省の発表、2011年の貿易統計速報(輸出・輸入額)で31年ぶりの赤字。

日本はもう貿易黒字国ではなくなった・・・・

財務省の統計を元にグラフにしましたが、26年分しかありません、31年分ありません、済みません。m(_ _)m

Bouekishuushi2012

近年日本は、工業輸出は新興国やアジア諸国に追いつかれ、さらにどんどん輸入してきていますから、これは必然の結果。

さて、暦年(1年間)で見ると、31年ぶりの貿易赤字ということですが、四半期ベースで見ると(下の図)ついこの前、貿易赤字の時がありました。
リーマンショックの時、2008年末〜2009年始め。派遣村とか騒がれた時期です。
世界的に不況になって工業製品が一時的に輸出が鈍ったけれども、食料品ほかいろんなものを輸入しなければならないからですね。

で、昨年のは大震災の影響。
工業製品の生産が止まり、物流の滞り、さらに、エネルギー源である原油・LNGを買わなければならないから。円高によって、輸出入反転が促進された部分もあるでしょう。

注目すべきは所得収支です。海外工場・海外投資の配当とか利子とか。

1年半ほど前にかいた記事、こちらもどうぞ。
【過去記事】
 ●5年前に日本は、工業国から投資国になっている事実(2010/10/28)


原発はどうやら再起動はなさそうだし、輸出も難しそうだし、しばらく貿易赤字が続いて、日本は不景気が続く、ってことでしょうか。問題はこのもたもたしている間に、海外勢に食い物にされないかって所なのだけど・・・
円高を追い風に、海外M&A、が生き残る道?


|

« オークション参加(ひさびさ)、春からは外をrun | トップページ | 保険;満足度92%=11人に1人は満足していないってこと? »

FP総合」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事