« 自然エネルギーが必要なのか、自然エネルギーという利権が必要なのか | トップページ | 豊かになるためには・・・フロム名言 »

2011/11/01

失業率・求人倍率ともに改善(震災後初の全国統計値)

先週金曜日の労働関係の数値発表のニュースです。

まず、総務省の発表。
  9月の完全失業率(季節調整値)
      4.1%(前月より0.2ポイント改善)

  
厚生労働省の発表。
  9月の有効求人倍率(季節調整値)
      0.67倍(前月より0.01ポイント改善)

  

東日本大震災以降、岩手、宮城、福島の3県は統計が取られていませんでした。今回震災後初めての全国統計です。大震災の影響がどれくらいあるかと思っていたのですが、改善しているようです。

もし、震災で失業者が溢れるようならそれこそ政府直接雇用、みたいな話が出てくるのではないかと思っておりました。

====

とまあ毎月毎月、失業率と求人倍率が発表されるのですが、それってどれくらいなの?という疑問が湧くわけで、とりあえず有効求人倍率を約10年分グラフにしたのがこれ。

Kyuujinbairitsu


(10年前というとホームレスが問題になって、銀行に資本注入したり竹中元大臣が叩かれていたころですね。日経平均株価も8000円を割ったころです。←最近も割りこんだりしていますけど)


失業率はこちら。(夏までのデータ)
  ●完全失業率(20年推移) 2011/07/15

|

« 自然エネルギーが必要なのか、自然エネルギーという利権が必要なのか | トップページ | 豊かになるためには・・・フロム名言 »

ニュース」カテゴリの記事