« ほんものの辞書が欲しい〜 | トップページ | 安愚楽牧場、二次被害注意!(国民生活センターより) »

2011/11/15

復興債・復興増税

第3次補正予算案も国会衆議院を通過し(…TPP問題ですっかり参議院の方は忘れ去られた感じでありますが…)、一方の大震災の復興財源問題(復興財源確保法案)はというと、最も懸案だった復興債の償還期限、10年→15年と順次延びて、やっと25年償還でほぼまとまりました。(民自公合意)

償還期限、もともと、私には疑問があります。
なぜ、
  「ガレキなどの処分」とか「すぐに必要な仮設」とかの費用と、
  「学校や橋など何十年も使うインフラ」の費用とが
同じまな板の上で議論されるのか。

変な言い方をしても良いのなら、「住宅ローンを組みに銀行に相談に行った帰りに、お祝いでフランス料理を食べに行こうよ」と、その料金もローンに組み込んだような、そんな違和感を持っている私です。


すぐに必要なものは国民みんなで短期間で分かち合えばいいし、
長い期間で償還すればいいものもあるのに、なんで一緒に議論するの?

とは言え、まぁまとまりそうです。変に国会でぐちゃぐちゃやっているよりはマシでしょう。(早く予算案を参議院で通して欲しいぞ)

でもって増税の方。

Fukkouzouzei

  25年間の所得税の定率増税(+2.1%)、
  10年間の住民税の定額増税(+1000円)、
   3年間の法人税の定率増税(+10%)、

若干開始時期がばらついているのは、申告期限やその徴収時期のずれがあるからやむを得ないとして、法人が優遇されているような気がしてならない。
だって、3年間という期間以外にもこの法人税アップは、赤字企業にはもともと関係のない話だから。
個人的には、法人住民税(←赤字でもかかる税金)を資本金に応じて増額する方が良かったのではないかと思います、そういうことを指摘しなかった議員はいないのでしょうか。
(資本金100億の会社でも赤字なら、復興増税関係なしってのはどうかと思うのです。)


個人が最も気になるのは増税の額、住民税は+1000円×10年間と決まっていますが、所得税の方はと言うと、(新聞などの報道によりますと、)
   大多数の一般サラリーマン家庭で2000〜4000円の増税。
   年収1000万円世帯で約2万円の増税、、、、これが25年間です。

もっと復興財源が必要になったら、、、第4次・第5次補正とか、除染費用がもっとかかるとか、、、、になったらどうするつもりなのか分かりませんが、25年間の所得税アップは期間的には重たいものがあります。

  今日生まれた人が成人の日を迎えてもあと5年。
  これを通過させた議員さんが健在で生きているかどうか。。。。最近かなり若返っていますけど。
  
薄く、広く、「長く」、、、、税金取っちゃえ的になったことは否めません。

|

« ほんものの辞書が欲しい〜 | トップページ | 安愚楽牧場、二次被害注意!(国民生活センターより) »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事