« 1年で半分になった投資信託(2011秋) | トップページ | 10/17は「貯蓄の日」、貯蓄は美徳か? »

2011/10/14

【基礎知識】住宅ローンが払えない時の自己破産

住宅ローンが払えないから自己破産します! 最近増えていませんか?

自己破産すると住むところもなくなるけど、借金がチャラになる、なんて思っている方が多いように思うのですが、これ、あっているようですが、微妙に違います。

ローンが払えなくなったら、まず、滞納ですよね。
払えないのだから滞納せざるを得ない。そうすると督促状がやってくる。

で、滞納が続くから、競売にかかります。(貸し手が裁判所に抵当権の行使を申し出る。)

そんでもって、競売の売却代金でも借金が残る!
この残った借金をどうするか、、、、、
   ちまちま払う人もいれば、親とかから借金して払うとか、
   場合によれば「もう残りはいいですわ」になったりとか、

  で残りの借金も払えない時に、自己破産を申請する。

=====

自己破産は、

  (1)自分の資産はすべて無くなるってこと
      自動車も預貯金も保険(貯蓄用保険)すべて・・・・ここ誤解している人がいます。
      (少額財産として裁判所に届けて保全する部分を除きます)
  (2)裁判所が認めないとダメ。
  
 残りの借金、少なくなったから返せるでしょ、これだと認められないわけです。


な〜んか、弁護士費用数十万だせば、借金部分だけチャラになって他は保全できるなんて思っている方がいるようで・・・・

ついでに言うと、自己破産以外にも個人再生とかもあります。
弁護士さんの担当ですね。

注意点としては、自己破産するにも金が要る、ってこと。
早めの相談をお勧めします。(私じゃなく、弁護士さんにね。その前にまず銀行とかな。その前段階なら私でも何とか・・・)

|

« 1年で半分になった投資信託(2011秋) | トップページ | 10/17は「貯蓄の日」、貯蓄は美徳か? »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事