« 貯金と貯筋 : ドンペリ、いってみよ〜か♪  | トップページ | 私立お受験、可処分所得を考慮せよ »

2011/10/21

『大学を卒業しても就職できないなら、何のために大学へ行くのか』

今月から、2012年度の就職戦線解禁しました。
と同時に、初々しいスーツ姿を駅でよく見掛けるようになりました。

『大学を卒業しても就職できないなら、何のために大学へ行くのか』

私のブログにやってきた方の検索フレーズです。意味深な言葉です。

就職のために大学に行く、これが目的になっているわけですね。で「そうじゃないでしょ」と言いたいところなのですが、現実的にはまずもって
「大学出ていないと就職が・・・・」と考えている家庭は多いはず。

もし高卒が大卒よりも就職に有利、となったとしたら大学進学率は下がるんでしょうか。
昔、女子大、4年生卒より短大卒の方が就職率が良かった時代もありました。
院卒それも博士課程卒だと就職率が下がる(特に文系)ということも聞いたことがあります。

『大学を卒業しても就職できないなら、何のために大学へ行くのか』

最初見た時、何この質問は?、なんて思いましたが、これにまともに答えられる親はどれくらいて、もし自分にそんな年齢の子供がいて質問してきたらどんな答えするだろうかな、なんて考えました。

仕事柄「大学進学のお金で悩んでいます」、こういう話は良く聞きます。

「本当に勉強したかったら、働きながらでも大学行きますよ、行けますよ」

ここで思うことは、『やはり勉強したいかしたくないか、次に、なんで勉強したいのか』という子供の気持ちと、それを応援したい親の気持ちや期待。

「建築家になりたい、そのためには大学で建築の勉強したい」とか
「介護士になりたい、そのために福祉系の大学に行く」とか

この「なりたい」がないと、今の時代、就職戦線には勝てないような気がします。

(と、偉そうな事を言える立場じゃないんですけどね…
 それに「高三までになりたい自分」を考えろ、これも現実難しいような。)

でも結局、子供の頃夢見た、「野球選手になりたい」とか「歌手になりたい」とか、

”なりたい気持ち”<=>”現実の自分の実力”

この比較をずっと試しながら生きていくのが人生なのかななんて思います。
非常にライフプランと通じるものがあります。

「ライフプランで10年先20年先のシミュレーションを作っても、将来どうなるかわからないでしょ」
そうじゃないんですね、それと自分の現実を比較しながら修正していく、つまり、試しながら生きていく。

『充実した、満足のいく、誇りの持てる人生、を試していく』、そのためにライフプランが必要となると思っています。


|

« 貯金と貯筋 : ドンペリ、いってみよ〜か♪  | トップページ | 私立お受験、可処分所得を考慮せよ »

FP総合」カテゴリの記事