« 学校費用が払えない!就学援助(大阪府は3.6人に一人) | トップページ | 親の土地に家を建てる場合の注意点 »

2011/09/30

祇園のお茶屋で火事

一日古い昨日の未明の、お茶屋が燃えたというニュース。
場所は、一力茶屋を南に50m下がって一本入ったお茶屋街、と言えば(京都の人なら)わかるでしょうか。近くで飲んでいたのですよね、数時間前まで私。

と言っても私はお茶屋遊びなんて出来る身分ではありません。私が呑んでいたのは、四条北側の大和大路の小さなお店、10人入れないくらいの小さなお店。
同い年くらいのマスターが一人でやっておられます。(本当は5歳くらい下)

「今日はウィスキーが飲みたい気分。スコッチある? 水割りで何か、シングルの薄目。」

シーバスリーガル18年ものが出てきました。

「12年と18年とあと25年があるんですけど、12年と18年とじゃ味、全然違うんですよ〜」
一杯目がウィスキーというのは久しぶり。で久しぶりにスコッチの味が分かる(いつも酔っぱらってるから分からない)
「大学の時、ホワイトホースの安売があって買ってきて友達と呑んでたなー。
 シーバスリーガルは高くて買えなかったんですよね〜。なんか思い出すなぁ。
 ところで、この辺も雰囲気変わりましたねー、呼び込みさん一杯たってるし。
 で祇園も雰囲気かわりましたね〜。」
「南側ですか、観光地になってきましたね〜。でも皆さん昼間に観光されて
 いるだけで夜来られる人はほとんどいないみたいですよ。」
「震災の影響はどうでした」
「うちは観光客の方は少ないのでそれほど影響はなかったんですけど、大変な
 ところも一杯みたいですね。お茶屋さんの人も7月は二組しかお客さんが
 なかったなんておしゃってましたし」
「二組って、1ヶ月で2回営業だけ? そりゃいくら花代が高いと言っても厳しいね〜。」

====

花代(漢字これであってる?)、舞妓さんとか呼ぶお金、指名料みたいなものですね。
全然詳しくないので知ったかぶりですが、基本、芸者さんは「指名オンリー」。
ピンサロと一緒です。(←怒られるねm(_ _)m)

で、馴染み客になれば、○○ちゃんを指名とできますが、最初は名前が分からないしもう予定が入っているかも知れない。で仲介する役の方がいらっしゃる。こういう方を通して予約する。で、あえて予定の入っている人を指名することで「じゃ、かわりにこちらの芸者さん」となれば割引料金になる、みたいな難しいしきたり?があるのだそうです。
明朗会計の逆ですね。
でも楽しく呑んだあとに、じゃあお会計、
「三味線1回いくら」「これ1回いくら」こんな無粋な明細書が出てくれば興ざめです。

現代接客飲食業からすると逆を行ってますが、これはお客さんとお店の信頼関係があってこそなりたつ商売であるとも言えますし、だからこそ、芸者文化が育ってきたとも言えると思います。。。。。つっても全然知らないのですけど、1回経験してみたいなぁ。

|

« 学校費用が払えない!就学援助(大阪府は3.6人に一人) | トップページ | 親の土地に家を建てる場合の注意点 »

その他の戯れ言」カテゴリの記事