« 葬式代がおろせない! 新しい金銭信託 | トップページ | 指数連動ETFに変わるETNが今月、上場 »

2011/08/03

住宅ローン;フラット35Sの優遇金利が9月末で早期終了→復活?

【追記2011.9.9】3次補正予算で復活の可能性が出てきました。ただ東北限定?。まだ何も決まっていません、可能性が出てきた、国交省大臣が復活させたいなと言った、という段階です。
【追記2011.9.22】今のところ、「省エネ」限定で復活するみたいです。「耐震性」「バリアフリー」などは終了する見込、だとか。
     ========追記おわり

 
 
 
昨日の日経新聞を読むまで知りませんでした。
フラット35S(優良住宅取得支援制度)の優遇金利、元々、12月末を予定したのが期限を前倒しして、9月末で終了です。(あっ、フラット35じゃなく35Sですからね、お間違えなくっ!)

【国土交通省の報道発表】
  ●フラット35Sの1%金利引下げの申込受付期間の短縮について(平成23年8月2日)

これ元々フラット35のうち、条件を満たしたものは優遇金利がありました、これを35Sと言います。
標準のフラット35の条件に加えて「省エネ住宅」「耐震住宅」「バリアフリー住宅」などのいずれかの条件を満たしたもの。

  H23.9.30までなら 当初10年間  1.0%優遇
  H23.10.1以降なら    〃    0.3%優遇

経済対策として、10年間だけさらに金利を優遇しましょうかと、H22年2月から行われていた制度ですが、申込みが多くて予算に達したため3ヶ月前倒しして早期終了、元来の0.3%優遇に戻すというものであります。

もっとも、フラットを選択する方は固定金利ローンを組みたい方、で家を買われる方のうちほとんどの方は民間銀行ローンの変動金利あるいは、固定期間付き変動金利、で家を買われておられます。7割越えているんじゃないかな。
個人的には固定金利の方が支払額が決まっていますから生活設計が立てやすいと思います。特に長期ローンを組まれる方は、変動金利の支払額が変動するリスクを低く出来ます。その分金利が高めですが…
(個人的見解ではありますが、期間20年以上のローンなら、このフラットを始め固定金利をお勧めしたい)

=====

少し前に、住宅エコポイントも年末→7月末で前倒し終了しましたし、やはり震災が影響しているのでしょうか。
住宅エコポイント、早期終了7月末まで(2011/06/07)

|

« 葬式代がおろせない! 新しい金銭信託 | トップページ | 指数連動ETFに変わるETNが今月、上場 »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事