« 37年間の家計簿、映画「武士の家計簿」 | トップページ | 個人社長の勇退;最後の年収2000万円と、退職金2000万円の違い »

2011/07/05

地下室を作って、冷暖房費を安くする

一戸建てで地下室付き。
FPになるずーっと前にこんな家に招かれたことがあります。

2人のお子さんはまだ小学生、
「こだわって建てました」という説明をトクトクとお聞かせ下さいました。

ツーバイフォーで建てた家の面積の約半分ほどの地下室。
将来は子ども部屋になるかも知れないけど、今(当時)は旦那さんの書斎+小綺麗な物置場になっていました。大きなスピーカーを備えた音響システムを覚えています。上品な応接セットと少し大きなピアノがどでんと置かれていました。
お子さんがピアノを習っていたというのも大きな要因だったのでしょう。

今、地下室を作る時と聞くと
「騒音対策かそれか容積率の問題だなー」
などと思うのですが、これからはエコとしての地下室なんていう話もどんどん出てくるのかなぁーなんて思います。

1年中温度変化が少ないのが地下室、高級ワインもこういうところで寝かせます。
冬暖かくて夏涼しい、少々うるさくしても構わないし容積率にも入らない。

======

地下室の裏技です。(今でも変わっていないともうのだけど…)
地下室って全部地下である必要はありません。

天井が地上1mでていても構いません。
総床面積の1/3までなら地下室で容積率に入りません。
つまり、総3階建てでも、1階を埋め込んで1mまでにすれば建築上は2階建て。
低層住宅で高さ制限あるところでもこれでクリア。

1m地上で、これに窓の部分を少し広く掘り下げれば、さすがに目の高さで向こうまで視界があるというわけにはいきませんが、植栽でうまく視界を遮れば、「隣のお宅に隣接しているのね」みたいな感覚で、採光的にもさほど気にならないように作れると思います。

がしかし、建築費が高くなるのがネックです。
どれくらい高くなるのか、ごめんなさい、知りません。相当高くなると思います。


価格の面でなかなか普及していませんでしたが、夏冬電気なしでも温度的には快適!
電気問題を考えるとこういう家の建築も増えるのだろうなと思っています。

|

« 37年間の家計簿、映画「武士の家計簿」 | トップページ | 個人社長の勇退;最後の年収2000万円と、退職金2000万円の違い »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事