« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月に作成された記事

2011/07/29

大学選び:奨学金の家計基準


推薦で大学を受けるにしてもまだ少し早い時期ではありますが、広告を見ていますと
「夏休みのオープンキャンパス」「子どもの意見も尊重したいけど親の意見も言いたい大学選び」みたいなものがワンサカでてくる季節になりました。

さて大学の学習費用、今や奨学金を使うのは当たり前になりつつあります。奨学金の最大手?は何と言っても学生支援機構(旧育英会)、で、これには基準があります。親が大金持ちだと基準から外れるので申し込んでも使えません。

【親の年収(サラリーマンの場合)】

  ●無利息の第1種奨学金
           自宅     自宅外
    国公立   910万円    950万円
    私 立   960万円   1000万円

  ●利息ありの第2種奨学金
           自宅     自宅外
    国公立   1160万円   1200万円
    私 立   1210万円   1250万円

サラリーマン;源泉徴収票の支払金額(徴収票の中で一番大きな数字)で見ます。
 自営業等 ;確定申告書の所得金額+490万円で計算(※)

  ※確定申告で所得を申告する人はいろいろな控除後の所得なので、
   それは490万円程度と推定して計算する

ま、目安だと思って下さい。

=====

貯金の額までは聞かないので、大金持ちであっても今無職なら通ってしまうところも不思議なところです>ホントか?
前年に親が退職して今は無職、なんていう場合はそういう申請もありますのでお忘れ無く。

奨学金は借金です、お忘れ無く!!
奨学金は返さなくても良いなんて思っている奴は就職できないぞっ >ホントか?

一方で若年の雇用対策、10代の失業率は十数%、これはこれで考えなきゃイカン問題であります。

卒業したけど就職できないなど収入が少なくて返せない場合は、延納の申請もありますよ♪

|

2011/07/28

降るのかな降るのかな?

京都は、祇園まつりも終わり、大阪の天神祭も終わり、台風も過ぎ去り・・・
それにしても、暑い!!
夕方、お買い物に行くのにも、勇気と気合いと多少の覚悟が必要になってきました。

夏の日射しでぐんぐん雲が厚くなって、風も出てきてひょっとして一雨来るかも、なーんて思っていたのに、降らない!

黄色の矢印は私の所の部屋です。
4階建ての4階、暑いのです。
屋上に水まきしたいくらいです。(←鍵かかっていて登れません)

Lions

熱中症が流行っているそうです(←日本語正しい? 流行るものですか?)

塩飴を初めて買いました。なかなか新鮮な味でおいしかったです。
熱中対策ドリンクも買ってきました、98円でした。こちらの味はいまいちでした。ポカリの方が私好みです。

ペットコーナーで、「Amino Pets」という水を発見! 350mLで198円!
BCAAとL-カルニチンを配合だそうです。

何はともあれ、皆様、お体にはご留意下さい。無理はしない、過剰なストレスはためない。
時には逃げることも必要かと(・・・・・いろいろなものから)
(※この前、昔の職場の上司がまだ学生の子ども2人を残して亡くなったと聞いてちょっとビックリ。)

ま、頑張って、

夏を乗り切りましょう ♪
「気にしない、気にしない、そんなことはへっちゃらさ〜」

 って感じでお願いします。

※気分的に夏休みモードに入っちゃいました。よってこのブログも少しのあいだ、”軽い話題”になることをお許し下さい。恐い話で涼しくなれるように頑張ってみます。(アメリカデフォルトで世界経済混乱とか金の価格史上最高更新とか、ユーロ暴落とか円が暴落とか円高とか、、、、めちゃ恐くなるかも)

|

2011/07/27

熟年離婚の前に考えたい「遺族年金と生命保険がどうなるか」

熟年離婚、増えているというか結構あるというのが私の印象。 そりゃまあお子さんが独立していれば、そしてそれぞれの生活が成り立つのならば十分大人なのだからご自身で考えて結論を出して貰えればそれで良いと思うのですが、その時の注意点。「遺族年金がどうなるか」「生命保険はどうなるか」 一応、平均寿命の長い奥さんの方を対象に書きます。 で、遺族年金も生命保険もどちらも当てにしていなければ結構。 「私、パートの仕事あるし、自分一人なら家を出てもやっていける」 こう思っていても内心、将来旦那の遺族年金を当てにしていたりするわけですね。あるいは老齢で体がきつくなってから後悔したりする。 だから別居はするけど離婚はしない、なんて方もいらっしゃるようです。 別居して数年後、別居中の旦那が亡くなった。そこで遺族年金と生命保険はしっかり手にはいるか? こんな場合、貰えるとは限りません、、、よね。 ===== 年金は原則、実態を見て払われます。 こういうご夫婦は100%夫婦仲が悪い。で、旦那は愛人と住んでいたり奥さんが出ていったとたん一緒に暮らしたりするわけです。 こういう時に遺族年金は、別居中の現妻かそれとも同居の愛人か、どちらに支払われるでしょうか。実態が原則ですから、「特段の事情」がなければ同居している愛人の方に年金は支払われます。が「愛人と現妻」それぞれ特段の事情をもっていないわけがない、、、、だからもめるのですね。 実際、こんな話があります。 別居中の奥さんが、旦那の死亡連絡を憎き愛人さんから受けてあわてて喪服来てお悔やみに行って最初にしたことは・・・・・「年金証書を探すこと」であったりして、この方、無事?年金証書見つけて帰ってこられました。 裁判になるとどうなるか知りません。別居期間とか別居状況とか根掘り葉掘りでしょう。 もめること請け合いです。 生命保険の場合。 こちらは保険証書と受取人がしっかり書かれていれば受け取れます。 でね、保険証書は旦那さんがもっていた、、、、知らない間に受取人が変更されていた。 契約者ですから受取人の変更はいつでもできます。 で困るのが、「県民共済・府民共済・・・(他にも都民とか道民とか)」ってやつ。 これ受取人の指定がないのです。同居人が原則なのですね。だからもし「息子と同居している旦那と、別居している奥さん」。この場合だと息子の方に支払われます。 で、愛人と同居。この場合はおそらく非常にもめると思います。権利関係で言えば、愛人さんには相続権そのものが最初からありませんから不利です。がすんなり別居中の妻に払われるとも思えない。 ====== 結局こういう話の場合、誰かのハンコが必要になって、結局お金の欲しい方が折れていくばくかのお金で妥協する、ってことになっています。    裁判しても、時間とお金のある方が勝つ。    お金が欲しい人、あるいは出したくない人の方が立場は弱い。      ・・・・・ これ、相続争いでも言えます。 10年後、自分はどんな収入でどんな生活をしているか? ライフプランの基本です。 離婚に限りませんが生活環境が大きく変わる人は、よーく考えてから行動なさって下さい。 (まあね、離婚した方が幸せになる方もいるみたいなので頭から反対はしませんけどね)

|

2011/07/26

takダウン&復活、診察は早めが良いみたい

散々悩んだ末、近くの診療所に。
悩んでいたのは「このまま涼しいところで寝ていた方がいいかも」なんて思ったから。

土日、体が熱っぽく、頭痛がして、歯が浮いている。雲の上を歩くような感じ。実家に帰らない土日はそんなに頻繁にはないので貴重な土日なのだけど体が動かない。2日間じっとしていて、週明け病院に行くぞ、と思ったのは良いのだけど、月曜の病院って混んでいるんだよね、などと思いだしてしまうと気分もめげる。


「問診票書いて下さい。」

数ある診察券の中から選んだのは、昨冬インフルエンザワクチン注射で飛び入りした近所の診療所。

問診票には、「2日間微熱37〜38℃、血圧高め 140〜150/100〜110、頭痛、歯痛」
待つこと1時間半、やっと順番がやって来ました。

「中途半端な症状で済みません」という私の声に、先生は苦笑い。
「咳とか鼻水はないですか?」「全然」
「下痢は?」

思い出しましたっ! 金曜日の夕飯食べて2時間後トイレに駆け込んだこと。その後寝るまでトイレに何度もお世話になったこと。だいたいその日の夕食はそんな命がけで食うような危ないモノは無かったはずだし。でも朝起きると治まっていたし食欲もあったので、、、、すっかり忘れていました。

「食中毒か、それともどこかから雑菌が入ったか。歯痛からかもしれないけど
 吸って〜、吐いて〜・・・・
 抗生物質出しますんで、それとあと整腸剤と高熱出た時の頓服と・・・」
 
遅い昼飯をコンビニで買って、お腹空いていたものだからいつもは買わない『満腹洋食弁当』なんてものを買って、サラダ作って薬飲んだら眠い眠い。
ちょっと昼寝。。。と思いきや、ぐっすり沈没。
起きて時計を見れば、6時半。

「あれ? 朝? 夕べは何していたんだっけ」

パソコン立ち上げてニュースを見ていたりして気づいた。
「あれれ18:43分? パソコン動いていない?電池切れ?
 ええっ?今、何日だ?月曜?火曜? 火曜の夕方は予定があった
 はずだけど、、、、、ひょっとして十数時間寝てたのか?」

一瞬2分間ほどテレビ付けたり携帯開けたり、パニックしてました。
朝夕間違えたのは、何年ぶりのことでしょう。
学生時代の期末試験後の昼寝以来かも。

=====

変な時間になっちゃったものだから、米は炊いていないし、寝ていただけなのに腹は減る。冷凍庫の中から食べられそうな物を探し出すと、冷凍お好み焼きに冷凍ドリア、これにサラダ、インスタントみそ汁。
食欲は十分!!
ただ問題が・・・・夜寝られない、1時回っても眠くない。
今1時半、これアップしてタイマー予約して無理矢理、寝ようっと。


皆様、寝苦しい夜もありますし、昼間は暑いですし、
この季節の食事は命がけですし(^_^;)、
体調管理にご注意下さいませ。
そしておかしいと思ったら、早めの診療、お勧めです。

|

2011/07/25

スーパー・コンビニ売上高

近くに4軒目のコンビニが出来ていましたっ! でも、、、、

近くと言ってもどれも中途半端な距離なんです。
往復歩いて10〜15分。実家の田舎(唯一のコンビニまでは自転車)に比べるともの凄く条件は良いのですが、現実、夏の太陽が燦々と頑張っている中でコンビニに行くのは勇気がいります。

同じ話題で連続2回書くのはどうかと思ったのですが、週もまたいでいますしまぁ良いかということで、今回も経産省の「商業販売統計」から。

前回は百貨店でしたが、スーパーとコンビニを付け加えました。


Shougyouhanbai

百貨店は平成3年をピークに下降なのですが、コンビニは上昇中です。
スーパーは横ばいですね。実質給料が減少している中で横ばい、、、これは凄いことです。プライベートブランドなるお値打ち商品の効果でしょうか。


------

(生活圏の中で)私が初めてコンビニを見たのは確か中学生の時、JR法隆寺駅の近くの幹線道路沿いにローソンが出来たのがたぶん最初です。当時、「誰がこんな所で買うのだろう、スーパーの方が安くて便利やん」と不思議に思ったのですが、今では一番良く行くお店がコンビニです。

田舎の運命でしょうか、折角出来たコンビニも、消えては建ち消えては建ち、先日駅前のコンビニまで消滅したので現在JR法隆寺駅の周囲500m圏内にはコンビニはありません。大きなユーザーであったはずの法隆寺国際高校の生徒さんは今とても困っているのじゃないかと思います。(>大きなお世話?)
むしろ道路沿いですね。

------

田舎に帰るとコンビニは消えていましたが代わりに田舎のプライベートブランド?のお店が出来ていました。
地元の農家の出荷にはちょいはずれる規格外品を売るお店のようです。
安いです、にぎわってます。

「これ、規格外すぎるだろ」
ってな野菜が無いわけではないのですが、まあそれなりに盛況のようです。安売りだけじゃなく、地元の老舗の豆腐屋さんとか醤油屋さんとかパン屋さんとかそんな商品も並んでいました。面白い試みです。地産地消という言葉が浸透してきていますし、あちこちの道の駅では地元特産コーナーが出来ています。将来販売統計に、百貨店・スーパー・コンビニに加えて、「地元流通」なんていう項目が出来るかも知れませんね。

|

2011/07/22

百貨店に行ってますか?(売上高の推移)

昨日、百貨店売上高が震災後初めて前年を上回った、などというニュースが流れていました。
というわけで、長期の百貨店の売上げのグラフを描いてみました。経済産業省の商業販売統計からです。

正式名では「大型小売店販売額(百貨店)」らしいです。

昭和55年からの約30年分です。
Hyakkaten

10兆円を越えていたのは10年間くらいですね。
平成3年は、12兆円を越えていました。バブル崩壊で日経平均急落したのが平成元年ですから少しタイムラグがあるのも興味深いところです。
徐々に売上げは減少して、平成22年ついに7兆円を割りました。昭和56年と同水準です。

昭和56年頃というと、私はインテル8080、ザイログZ80と戯れていた時代ですね。日本の技術が世界に君臨しはじめ、誰もがバラ色の人生を疑わなかった時代です。当の私はというと、宮崎アニメ「風の谷をナウシカ」を見倒して「5回くらい見た〜?」「うーん、10回越えたかも」と会話を交わし、トトロやラピュタの世界に入りつつあった頃ですね〜(懐)。

〜〜〜〜〜

百貨店、好きです。

でも平日昼間に5階紳士服売り場に行ってみれば、
「店員の方が多いなー」、、、しかも
『スーツ2着で3万円』
ほとんどスーパー並みです♪

8階催し物売り場に行って、その後、食堂街をぶらついて
「うーん、女性連ればかりだ〜。男はどこに行ったんだ〜」

その昔、百貨店に行くというと、子どもなら革靴履かせてもらっておめかししていたのはいつの時代までなのでしょう。屋上の遊園地(遊びコーナー)大好きでした。10円入れて、ガタンゴトンと列車とか飛行機とかにまたがるやつ。あれにまたがると、気分は空飛んでいたりするんですよね、想像力豊かな遊びでした。最近は全然見なくなりました、残念です。

〜〜〜〜〜

同じ売上高7兆円でも、今と昔では全然感じが違う。これを給料に例えると、
「給料カットされて、10年前の給料と同じ」
こういう人が、今と昔では全然感じが違うのとよく似ています。(似ていないかも)

同じ10円でも、遊具に乗ろうか駄菓子買おうか、と考えるのと、
たった10円何にも出来ない、なんて嘆くのと・・・・・
こう言うところに人生とお金の面白さ、上手い付き合い方、があったりするわけですな。

(最後ちょっと強引でしたね、済みません m(_ _)m)

|

2011/07/21

厚生年金の2013年問題! 60歳定年で1年間年金が無い!という問題

まぁいろいろと問題を作る人、というより言葉を作る人がいるのですね、
「厚生年金の2013年問題」、先日初めて聞きました。

一言で言うと表題に書きましたように、
 60歳定年ならば、1年間無収入になるという問題です。あるいは、再雇用で働いても、1年間は年金が無くて収入が少ないという問題。
年金支給60歳→61歳の最初の世代が2013年から始まる、これを2013年問題と呼んでいるようです。
 

もっとも、「定年前に辞めるつもりです」とライフプランを相談されに来られるお客様が私の所にはいらっしゃいますが、当然こういう方は皆さんは、年金の無い規間があります。自営業や農家で国民年金の方は最初から65歳支給です。
皆さんいろいろお考えですね。
退職金を運用される方・貯蓄を取り崩す方、新たなお仕事を始められる方、マンション経営される方、、、、皆さん、自分の納得される人生を歩んでおられます。
定年前に辞めると失業給付変わりますしね。

======

厚生年金をいままで貰っている人、今年から貰う人は、支給は60歳からですね。
でも昭和28年4月以降の生まれの方は、厚生年金の支給は61歳からになります。(誕生日により順次引き上げ)。
もしお勤めの企業が60歳定年で再雇用とかもしないならば1年間は全くの無収入。貯蓄の取り崩しで生活することになります。

こういう(昭和28年4月生まれの)方が60歳になるのが2013年、であります。

厚生年金の支給は、(報酬比例+基礎年金)であります。
で60歳〜65歳の間は、報酬比例の部分しか貰えない。
「65歳でやっと満額になった」とか「65歳まで満額貰えない」などと言う方が多いですし、「65歳まで部分年金だし」という言い方される人も多いです。

歴史的経緯で言うと、昔は厚生年金は60歳支給でした。これを国民年金に合わせよう65歳支給にしようとしました。いきなり引き上げると影響が大きいので時間をかけて引き上げることにしました。

 (1)まず基礎年金部分の支給年齢を60歳→65歳に順次引き上げ
 (2)そのあと報酬比例の 〃     〃      〃

こういう支給年齢引き上げを20年計画で計画したのですね。そして今、そのちょうど真ん中です。

これまでの10年間、企業は『一旦退職して、(給料下げて)再雇用』というシステムを取っているところがほとんどです。65歳までの雇用は確保するかわりに、でも給料は下げますよ、っと云うところが多い。再雇用の給料部分には、「部分年金(すなわち報酬比例部分)もらえるでしょ」という考え方が多分に入っているのですが、2013年に部分年金を貰えない人が出てくる。
今のご時世、「だったら、その分給料上げましょう」という企業はまず無いでしょう。
だから1年間は収入の少ない期間が出来ます。そしてその後10年間ほどそういう方々がどんどん増えてくる。

実は現在でも、希望退職とか退職勧奨とかで「定年前に辞めて年金がないまま」貯蓄を取り崩したりバイト・パートのような働き方で生活されている方は大勢いらっしゃいます。
でも、制度として、自動的にこういう人が量産される。だからこの話が表面化する。これが2013年、らしいです。

大手の組合(労働組合)は当然こういう問題を取り組んでいますが、いかんせん、雇用確保・賃金確保がままならない情勢の中で、なかなか前に進んでいません。そしてすんなり定年延長されると今度は、若年層の雇用、就職率に影響して来るという問題も含んでいます。

ライフプラン専門の私にとっては、ここに商機あり?!
とりあえず自分のライフプラン考えましょうよ。
結局のところ、どんな貯蓄の使い方をするのか、どんな働き方をするのか、って云うことで、別に定年だから特別なってな話ではないのです。


【関連記事】
 ○年金支給は、誕生日によって開始時期が違いますよ (2008/10/06)

【追記2012.9】・・・原則、雇用義務付け法案 可決成立しました
 ○高年齢者雇用安定法改正案が成立 (2012/09/05)

|

2011/07/20

お年寄りと金融機関

「これ、払っておいてくれ、毎月やっているやつ」
と通帳と現金と何某かの書類を差し出しているご老人。

郵便局で長い待ち行列に並んで(座って)見ていると、呼ばれたお客さんが上のようなことを言っていました。

局員「あ、お振り込みですか、手数料120円かかりますけどよろしいですか」
 客「そんなもん、いつも払ってないぞ」
    ・
    ・
    ・
局員「あーこれ、自動送金ですね、毎月16日に振込。
   そしたらばこの現金を通帳に預金しておけばよろしいですか」
 客「難しいこと言われてもわからないよ、
   いつも年金がでたら、同じ事しているんだから
   いつもと同じようにしてくれたらいい、年寄りにはわからんよ」

郵便局員も大変ですね♪

-------

先日、保険屋さんが電話してきました。
 「書類書いて欲しいんだけど」
俺「なんの書類?」
 「今度から印鑑が無くても保険請求とかインターネットで手続き
  出来るようにパスワードと・・・・・」
俺「今だとできるけど、90歳になってもそんなことが出来るかどうか
  自信ないぞ〜」
 「でもみんなに書いて貰っているし」
俺「だいたい、お年寄りにそんな保険請求できるわけないやん
  それにその保険貰う時って、俺死んでるやん、
  誰がネットで請求するの? 印鑑と保険証書の方が安心なんだけど」
  
 「私もそう思うんだけどね〜、でも世の中の流れだから会社がしろって」

(おいおい、そこで折れないでくださいよ〜)

保険屋さんも大変そうです♪

-------

歳とってもきちんと取引できるか契約できるか、と言われれば果てしなく自身がなかったりするわけで、今、姉の旦那さんのお父さんは、5分前の事を覚えていません。今いる場所も分かっていません。

どうすればいいんでしょうかね〜、ファイナンシャルプランナーに相談すればいいのかなぁ。

|

2011/07/19

家賃の更新料は有効(最高裁の初判断)

先週末、非常に注目されていた「家賃更新料訴訟」の判決が最高裁でありました。

消費者契約法施行後、「消費者が著しく損するような契約は無効」という法律を元に争われてきた裁判で、これまで大阪高裁で「無効」2件、「有効」1件。

そして今回、最高裁は「有効」と判断しました、初判断です。

=======

私自身は妥当な判決だと思います。だって契約時にしっかり説明を受けているわけですから、「あとから難癖つけて金払わない」という状況である(あった)と思っています。
今家賃相場が下がっている地域が多いです、少子高齢化&社会人になっても親元を離れない、収入が少なく離れられない、、、、空室が目立っています。
更新料が払うのがいやならそう言う物件を探すなり、そういう契約にしないと更新しないと主張すればいい。

ただ妥当な判決だと思う反面、問題がまったくない訳でもないと思っているのも事実でして、例えば、私の姪っ子は今独立して一人暮らしするんだと常々言っていますが、

 「礼金、敷金、保証料とか火災保険とか・・・・」
   あーこれだけで家賃の5倍くらい
   これに加えて、引越代、新しい電気製品などなど

いろんな費用がかかるということを若い人(姪っ子)がどれくらい分かっているかというととても疑問な訳で、ついつい更新料なんて言う先の話は頭からはずれがちだと思います。

と考えると、貸し手側に非常に有利である、という面は否めません。有利ではあるのですが昔と需給が違いますから「更新料下げないと出ていきます」と言えば折れる大家も(地域によれば)結構あるんじゃないかと思います。すでに雑居ビルではそう言う話も聞いたりしますし、「お店やめるんだったら家賃下げるから出ていかないで。これ以上減ると借り手が益々いなくなるから」という話まで聞いたりします。

------

例えばこんな物件があったとします。
 
 標準プラン;家賃 6万  共益費1万   更新料 家賃2ヶ月分(毎年)

これだと経費的には更新料を月割りにするとプラス1万になるのと同じ。だから、

 月割りプラン;家賃 7万  共益費1万   更新料 なし

とか、逆に

お値打ちプラン;家賃 6万  共益費2万   更新料 実質0円
 
とか、さらにこれらに礼金敷金をまぜて、ホワイトプランとかシルバープランみたいな名前をつけて「実質0円」とかなんとか言って広告を出しても言い訳ですよね。

=======

  ・契約時にきちんと説明されている条件、これと、
  ・消費者が正しく理解出来るかどうかという点、

これは消費者契約法に頼るというよりも、むしろ、業界の基準を整備するべきじゃないでしょうか。


「賃貸物件の一覧見せてください」

こういう事を言うと、家賃の欄を見て「あっ、ここ安い」なんて思ってあとから「更新料がめちゃめちゃ高い」なんていうことに気づいたりするわけで、

  2年間住んだ場合にかかる費用とか
 10年間住み続ける場合にかかる費用とかを

こういうものを提示すべきであって、こういう統一基準を作るべきなのじゃないかなぁと思います。(一部の不動産賃貸グループでは、そういう試みもあります。)
=======

更新料裁判については今回妥当な判決だと思っているのですが、敷金裁判こちらはもっとややこしくて、貸し手が請求できる敷金の統一基準をしっかり決めて周知徹底する必要があると思っています。

(まだまだ日常の損耗分の補償、例えば「クロス張り替えは家賃に含まれるべきで敷金から差し引くのはおかしい」、裁判すればこうなるのですが、貸し手も借り手も知らない人が多いし、知っていても言わない業者も多いというのが現状ではないかと思います。)


更新料にしても敷金にしても、業界それに行政、が業界標準作りにもっともっと関与しても良いんじゃないかと思うのですが・・・・
   ・・・・なぜ進まないのでしょうか、

 その昔、「JIS」は通産省(※)が主導したんですよね。(・・・経産省は最近、評判が落ちていますが…)

 宅建業法は国土交通省、

こういうお役人の立場の違いで、業界標準作りが進まないのかなぁなんて思っています。ちなみに消費者契約法は消費者庁(内閣府)の管轄です。

国民の生活を良くするのは、立法・行政・司法であるとすると、

今回、「司法」は消費者よりではなく家主よりの判決でありましたが、この問題はそもそもまず「行政」が、それが法律上無理ならば、「立法」で(標準づくりなどを)対処する問題であって、契約社会という面からすれば個別個別の契約を司法判断にゆだねる問題ではなかった、と思っています。(裁判した人を非難しているのではなくこういう裁判があっても動かない行政とか立法に不満があると言うことです。)


もう一回言います。

 国が国として国家権力を使って、国民の生活を良くするのは、「立法・行政・司法」。

まず行政、行政が動けないのなら動けるように立法、最後に裁判(司法)です。

(いきなり損害賠償がどうのこうのと言っている原発問題、おかしくないのか?
 いきなり希望とか意見とかを首相が言う前に、どう立法するかを考えて下さいよ!
 ・・・・話がずれました、済みません  m(_ _)m)

|

2011/07/15

完全失業率(20年推移)

 「失業率について長らく記事を書いていない! 」
 「若者の就職率・内定率ばかり気になっていた!」

ということを反省して、完全失業率のグラフです。
先日「アメリカの雇用統計」なんて書いてみて、「あれれ、そういや日本はどうなっている?」なんて思ったのであります。

少し長めのグラフにしました、約20年間の失業率推移です。(21年ありますが・・・)
出典は、総務省「労働力調査」から。

Shitsugyouritu

バブルがはじけたのが、すなわち日経平均が急落したのが1989年12月。ポストバブルのグラフです。

バブルが弾けて、じりじりと失業率が上がりました。
大手証券会社の破綻、銀行再編、不良再建問題、、、、『失われた10年』を経てなんとか立ち直りつつあった日本、海外勢からの投資も増え地価もわずかに上昇していたのですが、2008年のリーマンブラザーズの破綻で景気は急降下。失業率は再び悪化です。

その後、高止まりではありますが、少しずつ安定してきているのがわかりますね♪
とはいえ、かれこれ十数年間、失業率は4%を越えてます、昔の2倍の失業者。

なお、震災の影響、すなわち、東北3県(岩手、福島、宮城)は今年の3月以降統計が取られていません。なので今後若干上昇するかもしれません。

|

2011/07/14

厚生年金保険料、どれくらい払っている?

厚生年金保険料は、給料の何割、って形で決まります。
この何割、これを料率と言いますが毎年上がっています。
下のグラフは平成16年からのグラフ。

Kouseinenkinhokenryou

その昔、平成16年から毎年0.354%ずつ上げますよ、25.9%になったら打ち止めですよと決まりました、30年ほど続きます。で、この仕組みが始まってもう7年も経っちゃっているので、最近の若い人は知らなかったりするのですね〜。

厚生年金保険料は労使折半ですので、上の料率で計算した半分が個人負担額、すなわち、給料明細で引かれている額になります。

例えば 月給40万円ならば、今の料率15.7%、これの折半で、31,400円ですね。グラフ中の平成16年と比べるとすでに4000円増えています。

  月 給    (労使折半後の保険料)
   20万円の時    15,700円
   40万円の時    31,400円
   60万円の時    47,100円
   80万円の時    62,800円

(特段の事情がない時は)毎年10月に改定されることになっています。

=====

ずーっと将来までこれが続くか、それまでに年金破綻しないかなんて話もありますが、私自身は、そこそこ続くのじゃないかと思っています、というのは、今、どうも消費税を上げることで年金破綻を防ごうとしていますよね、消費税が無事?に上げられるのならば年金制度はそのまま生き残る。もし消費税増税がなされないとなると、今度は、給付制限、すなわち年金の給付を下げる、まずは高額年金の方から減らしていく、、、、こんなストーリーが主流のようです。
ですので、この毎年上がるサラリーマンの年金保険料、当面続くと思っています。

|

2011/07/13

まさかのアメリカ雇用統計、FXはマネーゲーム?

先週から今週にかけてのアメリカ雇用統計、まさかの低水準でしたねー。

 ★ 非農業部門雇用変化、予想10.5万人、結果1.8万人

ひと桁違う?! なんて思ったものです。

前日のADP雇用統計(民間調査)が予想7万人→結果16万人と大幅増であっただけに、そして失業保険申請件数も強含みであっただけに、なーんか変な感じ。
一体、『みんなの予想・予測』って何なのだっ! という怒り心頭。

1ドル 81.4円 から一気に80.9円、そしてじりじりと週明けも円高になって、79円台まで円高、今朝なんかはなんと78円台突入、になっています。
ユーロも先週から比べると5円くらい円高になっています。

とは言え、儲かりました。
いえいえ正直に言いましょう、損切りできずにいたのが元に戻っただけです。


最近、基軸通貨ドルの終焉、なる記事をよく見聞きします。
というか数年前から言われていたことではあるのですが、ドル・ユーロ・円に変わって、他の通貨が台頭してくる。資源国通貨は有望なんて話も聞きます。

======

10数年前(ユーロが導入された頃)私がまだ30歳くらいの頃、電車の中で、普通の買い物帰りと思われるやや上品なおばさん達がお喋りしていました。

 「ねぇ、ユーロ買ったって言ってたわよね、私も買おうかしら」
 「あれ、ダメダメ。もう2割損っ!」

当時FXなんていう言葉は無く(あったのかもしれないけど)、いろんな銀行が派手に外貨預金を宣伝していた頃の話です。

 『こういう普通の人でも外貨なんかに手を出すんだ〜』

なんて思ったものです。


通貨のやり取り、これ自身は、マネーゲームではあると思うのですが、世界の中で貿易を始めいろいろなところで為替は関係してくるわけで、資産保護という観点から全く無視しているわけにもいかない。
まして、TPPとかFTAとかEPAとか(違いがよくわからないけど)、経済協力の中でますます世界を意識しなければいけないという状況では、単純に見える範囲だけで済むという問題でも無さそう。


10年後、資産運用はどうなっているか、運用と言うよりも、資産保護はどうなっているのか、という点で為替はとても興味深い話題であります。

|

2011/07/12

地デジ難民、続出するか、あと12日

すでに液晶テレビ買ったよ、ケーブルテレビだよ、などと、地デジに変わっている人はご存じないでしょうが、今、うちのアナログテレビでは、
「アナログ放送終了まであと12日」みたいな字幕がデカデカと画面左下に出ております。(字幕が見えないとか苦情が多かったようですが所詮あと2週間の話)

先日、区役所に行った折りに暇そうにしていた「地デジ相談コーナー」に立ち寄りました。
暇そうとは言え、配線のこととかチャンネル設定のこととかB-casカードのこととか、説明をしている人は大変そうです。

で冒頭は省略するとして・・・

 私「古いアパートに住んでいて、大家さんがアンテナを建てないなんてないんですか?」
  「アンテナ建てないと見られないんですけど大家さんの許可が必要なんですよね」

 私「でも、10部屋あって入っているのは2部屋だけで大家は取り壊したいと思っている時とか拒否しますよね。斡旋とかされているんですか?」
  「集合住宅では補助金が出る場合もあるんですけど、基本、そういう話は個人的な話なので一切斡旋はしておりません。実際そういうケースもあるみたいなんですよね」
 

 室内アンテナという方法もあるみたいですが、電波状態が良くなければいかんともしがたく、地デジ難民が出そうです。


食事は誰かが持ってきてくれて、一日テレビを見て過ごす、というか足腰が弱くてテレビ見る以外にすることがほとんど無い、こんな方々も結構いらっしゃるような気がします。私の親のお友達にもそんな方が少なくありません。
ある日突然、テレビが無くなる、こんな方も少なくないような。。。。。地デジ難民27万人、どれだけ本当の数字なのか知りません。総務省はいま一生懸命PRしているようです。

そうそう、簡易チューナーの無料配布の話です。 
NHK受信料免除世帯と住民税非課税世帯(全員非課税)では一世帯に一台無料で配布しています。(無料とはいえ住民票とか非課税証明とかは必要です。)

=====

 放送終了時の「砂嵐」、世紀の一瞬をどのチャンネルで見ようかと、楽しみにしていたりします。(^_^)

|

2011/07/11

景気動向指数、決して悪くないねっ!

内閣府が毎月発表している景気動向指数、これの一致指数と先行指数をグラフにしました。

 ◎一致指数というのは景気にほぼ一致する指数で、
   (鉱工業生産とか商業販売額とか求人倍率とか)
 ◎先行指数というのは景気を先取りする指数で、
   (住宅着工とか、機械受注とか、新規求人とか)

であります。

Keikidoukou

グラフを見ると、大きな落ち込みがまず目に付きますが、これはもちろん東日本大震災ではありません、リーマンショック(世界金融危機)です、2008年9月ですね。

震災は直近の落ち込みです(書くまでもありませんが2011年3月ですね)。
意外と小さい落ち込みです。(被害のあわれた方々はそれどころじゃない、という状況だとは思いますが…)

=====

グラフを見る限り、それほど景気は悪くない!というように見えます。
むしろ、ここ数年間では良い方に入りそうです。
(→ということはETF買い?!))

でもそんな風にはあまり思えないのは何故でしょうか?
それは、たぶん、消費税増税とか、電力問題とか、雇用問題とか、食料問題とか
将来にたいするいろいろな不安が増大しているからでなのでしょう、、、かね。

意外とみんな悲観的になりすぎているっていう面があるかも知れません。

|

2011/07/08

墓地をローンで買う?!

お墓に関する考え方は、非常にさまざまであると時々感じます。
様々である原因の決定的要因の一つは、「自分のお墓」なのか「家のお墓」なのか、でしょう。

前者であれば、お墓があろうがなかろうが、散骨だろうが宇宙に持っていこうが海に撒こうが、集合墓でまとめて弔うでもなんでもいいと思います。本人と弔う人たちが良ければそれはそれで良いんじゃないかと思っています。でも後者の場合、、、、

私の数いる従兄弟の一人、従兄弟と言ってもうちの親は末っ子で長男との差が開いていたものだから昔からつい「叔父さん」と間違えてしまうようなそんな年齢なのですが、本家の従兄弟の家は、800年くらい前からその地に住んでいます。

昔からの伝統がある家の場合、地域的なつながりとか、近所の宗教的行事とか、京都の神社仏閣はそういう行事も多いですから、そんなものが数百年の歴史で続いていたりするのですね。うちの従兄弟も「蹴鞠」のときにはいろいろ仕事があるようです。こういう方と、私の所のような「自分の墓だけあれば良い」なんて人とは根本からお墓に関する意識が違うように思います。
でもって、こういう方々のお寺さん神社さんとのお付き合いと、そうでない方々のお付き合いを一緒にするという方が元々無理な話であったりするわけで。

======
 
 先日、相続税の基礎控除が変わりそうな気配なので(←今のところまだ法案は未成立)、勉強のために税金セミナーに行ってきました。例の基礎控除5000万円×法定相続人×1000万円、が6割になる話です。おそらく公務員とか大手企業の定年退職者の、かなりのパーセンテージで相続税を払わなければいけない人がでてくるのではないかと思っているのですが、その対策セミナーです。
 
 「仏壇お墓は生前に買っておきなさい!、相続税がその分下がりますから。
  で600万円の仏壇買った人いるんですけどね、さすがに恐くて税務署に
  これ大丈夫ですか?脱税になりませんか」
 などとおっしゃるセミナーの先生。

 やっぱり東京の先生だとそう言う感覚なのでしょうかね。そんなことないですね、東京でも代々続いているお家も多そうですし。。。。。。

 京都・奈良だと数百万円の仏壇は珍しくありません。というより、3代〜5代〜10代と続いている仏壇を数百万円かけて綺麗に修繕、という方がよく聞きます。買うより高くつきます、仏壇修繕は。
 本願寺の前の通りには仏具ばかり売っている商店街?があります。
 こういうお店に行くと、仏具用通販本(ディ●スとか千趣●とかの仏具版)、なんかがあったりします。

 「こんなでかい木魚とかお鈴とか、これ買うの、お寺さんしかないだろ」
  ・・・・こんなグッズも通販で買えます。

 やっぱり、「自分のお墓」か「家系の墓か」。この意識は大きいですね。
 家系の人、家を守っていかないといけない人は、お墓に限らずいろいろなモノに縛られるわけで時には引越すらままならない自由じゃないという場合も少なくありません。そう言う時に現行法の、「財産は平等に分割」とか「多額の相続税」とか、そりゃまあ理不尽な制度だなぁと思うわけで。
 『昔からの先祖の財産を守っているだけで自分の財産ではないのにどうして分割しなきゃいけないのだ、なんで税金がかかるんだ』、となるわけですが法治国家である以上、法律には従わなければなりません、国税庁が黙っていません。

 
 複数子どもが居る時は、遺言書かいておけ! 
 遺留分はしっかり用意しておけ!
 相続税が必要な人は資金を用意しておけ! ですね

これが疎いというか気にしていないという方も結構いらっしゃいます。

 お墓の面倒とか回忌とかうちがするのに、どうして財産はきれいに分割するの?

こういう不満が、時には奥様から出たりします。
(旦那さんの遺産で、裁判されているとある奥様がいたりします・・・・
 だいたい、遺産相続裁判での争っている額って2000万円以下ってことも多いです。
 そりゃ弁護士費用200万円払っても残りが手にはいるならってな、皮算用なのかもしれませんが。ま、額よりもプライドで争っている人も多そうですが)

=====

本題です!(本題と言いながら短いです!)  
  お墓ローン。

「死んだら、その負債は誰かに相続されます」

『親のお墓だ、子が払って当然だ何が悪い』みたいな人も結構いますしそれが悪いとは思いませんが…。せめて誰がその負債を相続するのか、誰が面倒jをみるのか、くらいははっきりしておく方がよろしいんじゃないかと思います。

・・・・・ 相続は、気持ちの問題。故人の気持ちを相続、です♪

先日、100円ショップで、「浄土宗のお経」というものを発見しました!
他にも真言宗とか浄土真宗とかいろいろありました。
買ってきてちょっと読んでいます。
月命日で和尚さんが唱えているのはこれかなぁなんてね。

|

2011/07/07

太陽光パネルをつけるなら、“第一種低層地域”

少し前に、ニュースが出ていたのですが消えてしまったようで・・・・
日照権訴訟の話です。

太陽光発電をつけていたけど、ビルか何かで日当たりが悪くなって発電量が減ったという訴訟。

そりゃ、今までこれこれの発電量があったのにそれが急激に減ったとなれば、原因は陰を作った人になるわけですが、「日照権」これ非常に曖昧です。
減ったからその分補償しろ!とすんなり訴訟に勝つとも思えません。

法整備がついてこない例になるのではないかと思います、今後の行方が気になります。

〜〜〜〜

第一種低層地域、、、、家の購入を考えたことがある方はご存じではないかと思います。日本の土地には用途地域というものが指定されていて、ここはビルはダメとか15mまでとか10mまでとかいろいろ決められています。

太陽光パネルをつけるのならば、隣にビルが出来て日陰になんかならないところ、というと第一種・二種低層地域とか市街化調整区域とかそういう地域でないと困ったことになるのでは、と思います。

今太陽光パネルを設置すると、いろいろ補助がありますね。200万円のパネルをつけると10〜15%くらい補助が出る、こんな感じが多いかと思います。


時代は、自然エネルギーに傾いていきそうで、菅首相も法案成立がどうのこうのと言っておられますが、単純にそう簡単なモノじゃないと思っています。なんか結局業者だけが儲かったみたいなことがありませんように。。。。


なお、現在の家は新築10年は業者から補償されますけど(※柱などの構造関係に限る)、後からパネルのような重量物を屋根につけるとなると、それの重みで梁がたわむとか不具合が出た場合、建築業者の補償はきっときっと、もめることになると思います。ですので、建築業者やパネル施工業者などと補償の範囲をしっかり確認してくださいね。

個人的に家を建てる機会がもしあるとすれば、断熱材は十分入れたいなぁと思っています。


|

2011/07/06

個人社長の勇退;最後の年収2000万円と、退職金2000万円の違い

従業員10人の工場を持っている社長のAさん、70歳。
40年前に九州から大阪に出てきて、少しずつ仕事を覚えて、今では取引先も増えて、大きくはないものの
しっかり毎年利益を出ている会社をお持ちです。

昨年肝臓を患って2週間ほど入院して、
「そろそろオレも引退かな。会社は子どもたちに任せようか」
などと考え始めました。

さて、退職金の話。

「これまで従業員には退職金を払ってきたけど、自分の分は無理かな」
しっかり利益も出ているとは言え、退職金2000万円も出すと、会社は傾きそうです。
会社の利益数年分が吹っ飛びます。

給料で貰うのと退職金で貰う場合の違い、
  ・給料でその年2000万円追加で貰うとその年の所得税住民税が跳ね上がります。
  ・退職金で2000万円なら、勤続年数40年なら税金はかかりません。
   しかも社会保険料が増えることもない。(※退職金規程の作り方による)

========

「毎年、利益」「でも自分の退職金は無理」

長年仕事を続けられている経営者の場合、こんなケースは珍しくないと思います。

実はこれ、過去の利益は過剰な利益を計上していた、
   できる経費を計上していなかった、
   必要な経費を積立こなかった
という風にも考える事が出来ます。

(今の税制だと)20年前に年間100万円の生命保険に入れば、半分の50万円は経費処理、半分は積立金で処理できます。(半分損金半分計上)つまり、利益50万円分をわざわざ計上して余分に法人税を払っていました、みたいな話になります。

100万円の生命保険を20年間、原資2000万円なら、解約すると昔は利率が良かったですから3000万円を越えます。もっとも儲けた分にはそれなりの税金がかかりますので手取りは減りますが、何と言っても、会社経営に影響を及ぼさない!これとても大事です。
会社経営にかかわらず、解約すれば資金ができる、資金準備が出来る!
とても重要なポイントです。

====

だいたい、ちょっとした設備の故障修理や更新とか、ちょっとした取引上のトラブルでも資金繰りが苦しくなることが中小企業の場合少なくありません。
社長の勇退は、いつかは分からないけれど近々おこる・いつかはおこる、と考えると古くなってきた設備とよく似ています。

  だからしっかり資金準備しましょう、
   それも節税しながら資金準備しましょう
   
半分しか損金にならないんだったら、税金増えるから、なんて目先で判断するとあとで損することもあります。要注意です。


ちなみに、いつかおこる、という点では、相続も同じであると言えますね。


|

2011/07/05

地下室を作って、冷暖房費を安くする

一戸建てで地下室付き。
FPになるずーっと前にこんな家に招かれたことがあります。

2人のお子さんはまだ小学生、
「こだわって建てました」という説明をトクトクとお聞かせ下さいました。

ツーバイフォーで建てた家の面積の約半分ほどの地下室。
将来は子ども部屋になるかも知れないけど、今(当時)は旦那さんの書斎+小綺麗な物置場になっていました。大きなスピーカーを備えた音響システムを覚えています。上品な応接セットと少し大きなピアノがどでんと置かれていました。
お子さんがピアノを習っていたというのも大きな要因だったのでしょう。

今、地下室を作る時と聞くと
「騒音対策かそれか容積率の問題だなー」
などと思うのですが、これからはエコとしての地下室なんていう話もどんどん出てくるのかなぁーなんて思います。

1年中温度変化が少ないのが地下室、高級ワインもこういうところで寝かせます。
冬暖かくて夏涼しい、少々うるさくしても構わないし容積率にも入らない。

======

地下室の裏技です。(今でも変わっていないともうのだけど…)
地下室って全部地下である必要はありません。

天井が地上1mでていても構いません。
総床面積の1/3までなら地下室で容積率に入りません。
つまり、総3階建てでも、1階を埋め込んで1mまでにすれば建築上は2階建て。
低層住宅で高さ制限あるところでもこれでクリア。

1m地上で、これに窓の部分を少し広く掘り下げれば、さすがに目の高さで向こうまで視界があるというわけにはいきませんが、植栽でうまく視界を遮れば、「隣のお宅に隣接しているのね」みたいな感覚で、採光的にもさほど気にならないように作れると思います。

がしかし、建築費が高くなるのがネックです。
どれくらい高くなるのか、ごめんなさい、知りません。相当高くなると思います。


価格の面でなかなか普及していませんでしたが、夏冬電気なしでも温度的には快適!
電気問題を考えるとこういう家の建築も増えるのだろうなと思っています。

|

2011/07/04

37年間の家計簿、映画「武士の家計簿」

昨年年末に公開された映画「武士の家計簿」
藩から貰う給料は少ないのに、使用人や冠婚葬祭には費用がかかる。年収の2倍の借金をどうする? ってな話。
原作は同名の新書で、そのきっかけは古本屋で見つけた37年間のとある下級武士の家計簿(入払帳)をひもといたという実話に基づく映画です。
監督は森田芳光。主演堺雅人。


公開直後、映画を見ようと思っていた日に予定が入ってその後、年末年始で見る機会を失っていたのですが、先月DVDが発売され、ツタヤでもレンタルコーナーに並びました!(←せこい)
借りてきました。

とても誠実な映画です。(裕福ではなくとも)下級武士の誇りを感じられます。現代では無くなりつつあるものを思い出したりしました。

=========

つい先日、お金に関する本を読んでいたら、「家計簿なんてつけるな!」なんてことが書いてありました。
理由はと言うと、99%続けられないから、だそうです。

そうか、そうだよね、家計簿なんて普通つけられないよね、面白くないものね〜。

でも私、私が大学で一人暮らしを始めた頃から「割と」つけています金銭出納帳。
最近はつけるだけです、でも、去年の電気代どうだったかなーとか、入社した頃はどんなもの食べてどんなことしていたんだろ、とかすぐにわかります。

最近でこそしなくなりましたが、会社員時代は、パソコン入力して、食費とか光熱費とかいろいろな分類で年間表グラフ、まで出していました。(→何故パソコン入力をやめたかというと、グラフにすると無駄遣いしているのが一目瞭然になるのですよ。パソコン、バイク、アウトドア、アマチュア無線とか電気工作…、当時は会社員だったから給料イコールお小遣いだったのですね)
ただパソコン管理を止めたのと、FPの勉強を始めたのが同時期だったのは何か関係があるのかも知れません。

=========

99%は家計簿をつけられない! ホントかどうか知らない。オレはつけている。
そうか〜、家計簿みんな付けられないんだ、オレ残り1%の方なんだ、なんて改めて自分基準で考えちゃいけないんだね、なんて思ったのでした。

でもまだ25年くらいだし、37年つけた人もいるんだし。。。。。


Kakeibo

|

2011/07/01

サラリーマンのお小遣い調査


新生フィナンシャルが6/27に公表しました。(というサンケイBIZのニュースを見ました)。
30年に及ぶサラリーマンのお小遣い調査。
民間調査であって著作権の関係で詳しく書きたいのだけど書けません。興味ある人は検索してみてください。

 ★サラリーマン約1000人の調査で、
   ★ 平均お小遣い 月およそ3.6万円、
            昨年比4千円ダウン

だそうです。

お小遣いと日経平均のグラフが面白いです。相関係数が結構高そうです。
これを見ると、1982年 約20年前のお小遣い水準だということが分かりますね。

  日本のすべてのサラリーマン、ガンバレ♪

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »