« 夫婦の不一致;マーガリンの使い方、お小遣いの渡し方 | トップページ | 財形「教育融資」、ついに平成23年9月廃止 »

2011/06/28

原油価格の推移

WTI原油のグラフです。

Wtioil

その昔、100ドルを超えて140ドル。
  民主党が圧勝して自民党とのねじれ国会で「暫定税率」がどうのこうの。
  リーマンショックで一気に下落、40ドル前後まで下落。

そして最近の3月。カダフィ大佐とか中東情勢悪化で100ドル超え。
原発事故で、火力発電の需要が世界的に増えると一時は110ドルも超えた。
そしてやっと90ドル台になっています。(※)

(※EIAが備蓄放出するぞと言った途端に下がったり、OPECが増産・減産するぞと言ったり、消費国側と産油国側双方の駆け引きがあったりするようです。)

アメリカFOMCが景気に対して弱いとの発言+アメリカ財政問題。
ヨーロッパはEU諸国の債務問題。
中国はインフレ防止で財政引き締め。
日本はご存じの通り・・・・・

脱原発と言うのは簡単だけどすぐにどうこうできる訳じゃないし、当面、原油と電気料金の関係が気になりますね。電気料金の1割アップはあるんだろうなと個人的には思っています。

で原油価格、今回はそんなに下がらないと思っています。
お金が余ってきているからどうしても商品市場に向かってしまうし、やはり原油にも向かうのではないかと思うのです。

(金融緩和しても、必要なところにお金が回らずに、商品市場やら債券市場に流れ込むのが本当に良いのか、だんだんと分からなくなってきています。>私 
江戸時代で言うと、米を作ることよりも米問屋の方が儲けているみたいな。飢饉と米騒動・一揆…とかになりませんように)


まあこの夏8月9月が(どこの国も)正念場になるのじゃないかと。

※映画「ミツバチの羽音と地球の回転」ご覧になった方いらっしゃいますか?
  持続可能なエネルギー政策、って実際の所どうなんだろ。CO2も気になります。

|

« 夫婦の不一致;マーガリンの使い方、お小遣いの渡し方 | トップページ | 財形「教育融資」、ついに平成23年9月廃止 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事