« 財形「教育融資」、ついに平成23年9月廃止 | トップページ | サラリーマンのお小遣い調査 »

2011/06/30

3秒で出来る診断法、「家を買う!ハンコ捺す?」と迷った時

 「契約しようか迷っているんですが・・・・」

迷っているのだけどファイナンシャルプランナーに相談して将来のキャッシュフローとか貯蓄残高のシミュレーションとかまではしたくないという方のためのアドバイスです。>なんて親切な俺

3秒でできる診断法です。

  『もし2割高くても、契約しますか?できますか?』

こういう家なら買ってください!
だって、2割安いんですから。
もうちょっと探した方が…とか思うのならやめときなさい。

もし2割高くてもそれを買って幸せな暮らし、自分が思い描いた家庭が築けるなら安いものです。そういう物件を見つけた時は即買いです。

くれぐれも家賃と比較してとか、友達も買ったからとか、ローン組めますよと言われたから、などという理由では買わないでください。昔のように給料上がらない時代ですから破綻する確率が高いです。

※ま、2割増はちょっと言い過ぎかもね。
 それと、経験のために契約前提で話を進めておいて、途中で断るってこともしておいた方が良いような気もするね。段階段階で必要な費用がいろいろイメージできるし。
 信頼できる不動産屋さんならいくらでも付き合ってくださいますよ。新築マンションの販売はそれを売るのが仕事だから一歩引いて考えてね。

|

« 財形「教育融資」、ついに平成23年9月廃止 | トップページ | サラリーマンのお小遣い調査 »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事