« 経済の基本は、借りたものを返すこと | トップページ | 火事場泥棒は誰だったか? »

2011/06/17

親の土地に建てた家、でも離婚、どうする?


夏夫さんと冬美さんご夫婦。
結婚を機に冬美さんの親の土地に、夏夫さん名義(ローンも)の家を建てました。
でも、性格の不一致とか不倫で離婚されます。

こんな時大変ですね〜
  だから「親名義の土地に家は建てるな」っつうの。

冬美さんがポーンと数千万出して、借金一掃して買い取れれば言う事なし。
冬美さんに十分な収入があって、冬美さんローンで買い取れるなら、取りあえずOK。

でもどちらも出来ないとなると大変です。大抵できません。
何が大変かってね、税金!! いろんなところで贈与税かかりますね。
夏夫さんローンのまま、奥さんに家を無償で譲ったとか。
親が出してやったとか。住宅ローン控除もご破算になるし。
冬美さんが連帯保証人になっていて夏夫さんが払えなくなったら、最終的に差し押さえ。


だから「親名義の土地に家は建てるな」っつうの。

======

親の土地を切り取って、冬美さん名義に相続時精算で税金を繰り延べた後で、売ったお金で借金が無くなるのならそれも可能ではありますが、親の家が隣にある一続きの家なんて言う場合にはそう簡単に決心はできません。

ローンを組むと言うことは、いろいろな意味で縛られるということ。
人生のリスクが変わると言うこと。

最近安易にローンを組む人が増えています。
ローンを組んだ時点で、リスクを背負ったわけですから、特効薬はありません、魔法の杖も、復活の呪文もありません。ローンというモンスターに立ち向かうにはそれなりに経験値を積んでからにしてください。

======

 家が面白くない → 帰りたくない・居たくない → 不倫に走る

決して少なくないとは思います。
誰に責任があるというものでもないと思います。
最近分かったことがあります、誰に責任があるわけではないものは双方に責任がある。
で、それが嫌だから、相手に責任があるように主張する。
こういうのを主張している間はダメですね。はい。

(家族関係に限らずニュースで責任責任なんて騒いでいるのを見ると嫌になりますね。)

|

« 経済の基本は、借りたものを返すこと | トップページ | 火事場泥棒は誰だったか? »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事