« 努力せずに幸せになる方法 | トップページ | 分配型投資信託の罠 »

2011/05/23

雑所得を申告しないとどうなるか?

ははは、こんな話題書いて良いのでしょうかねー。
で、別に雑所得って限ったわけではありません、所得税すべてです。

基本は、「お金を手に入れた人は自分で申告して払いなさい」です。
『国民は法律の定めるところにより、納税の義務を負う』(憲法30条)ですね。

ばれたら延滞税や加算税が付いて払うってことになります。
悪質な場合は所得税法違反でつかまりますね。

で、お金が動く時に税務署に出される書類があります。法定調書といいます。
こんなのがあります。

  オープン型投資信託の分配の支払調書
  上場証券投資信託の償還金等の支払調書
  生命保険契約の一時金、年金の支払調書
  損害保険契約等の年金の支払調書
  給与所得・公的年金等の源泉徴収票
  不動産等の譲受けの対価の支払調書
  不動産等の売買・貸付けのあっせん手数料の支払調書

他にも一杯あります。
大きなお金を扱う業者は、こういう書類の国税庁への提出が義務づけられているのです。

(だから調書が出ないように投資信託を10万円ずつ分けてとかね、する人もいるようですが…)


詳しくは、国税庁ホームページから
申告・納税手続>税務手続の案内>法定調書関係
(http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/mokuji.htm)
へどうぞ。

|

« 努力せずに幸せになる方法 | トップページ | 分配型投資信託の罠 »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事