« ネット損保・ネット生保、乱立の戦国時代 | トップページ | 退職金3000万円の投資戦略 »

2011/05/30

GDPってわかりやすく説明したい

私が中学生頃に習ったのは確かGNPだったのですがいつのまにやらGDP。
国民総生産と国内総生産、ま、どっちでもいいやね。
(外国で働く日本人の分、日本で働く外国人の分を入れるか入れないか、です。)

さてGDPとは、、、、ずばり付加価値の合計です。

私は一応ワンゲル部に入っているのですが、例えば、山を歩いていて、ヤマブドウを見つけたとします。これをその場で食べるとGDPには全然影響しません。おいしかったとかいまいちだったとかで終わりです。

でも、これを麓に降りてきて誰かに(Aさん)10円で売ったとします。そうすると10円分GDPが上がるわけですね。
でもって、このヤマブドウを買ったAさんが、これにリカー酒とか氷砂糖とかを混ぜて葡萄酒を作って200円で売ろうとしました。でもあっけなく酒税法違反で逮捕されました、ちゃんちゃん。
失礼、Aさんは無難に町で売れば高く売れるんじゃないかと考えました。

Aさんが都会の真ん中に行って売ります。昔だと「ワレ誰の許可取って営業してんねん」とその筋の方がやってきてボコボコにされましたが、今は暴対法のおかげで無事に30円でBさんに売ることが出来ました。これで付加価値20円アップ、GDPが20円分上昇したわけです。

ヤマブドウを買ったBさんは、酒税法でつかまっちゃ困ると、ジュースにして売ることにしました。「お肌つやつや健康ブドウジュース」ネーミングの良さと缶ジュースより安いという人当たりの良さで、60円で売れました。GDPさらに30円アップです。

というわけで、私が付けた付加価値10円、Aさんの付加価値20円、Bさんの付加価値30円。この合計がGDPという訳です。ここでは60円ですね。

もし途中の誰かが、貰ったお金を貯金箱に入れて使わなくなったら、GDPはそれ以上増えません。お金がグルグル回って初めて、各人がお金の対価に何らかの物を買う(あるいはサービスをうける)、これを繰り返してGDPが大きくなるのです。

=======

なーんか余計わかりにくい説明になってしまいましたかね。しかもやたらとせこい数字だし。

誰でも分かる、サルでも分かるGDP!を目指したのですが、サルに失礼だったかも知れません。

今日本のGDPは470兆円、ざくっと500兆と覚えておくと良いかもしれません。

おれの年収500万円だから、その1億倍。そっか日本人(1億人として)みんなが500万円ずつ付加価値付けたら500兆なんだ〜、なんてね。

大事な出来事があります!!
GDPが上がらないと給料が上がりません、そのデータが(ちょっと古いデータですけど)、これですっ!
【関連記事】
 ●だから〜、GDPが増えないと給料は上がらないって (2009/04/15)

|

« ネット損保・ネット生保、乱立の戦国時代 | トップページ | 退職金3000万円の投資戦略 »

FP総合」カテゴリの記事