« 店子(賃借人)の滞納をどうする? | トップページ | GDPってわかりやすく説明したい »

2011/05/27

ネット損保・ネット生保、乱立の戦国時代

保険のネット契約、おそらくこれからのトレンドになるのでしょう、あまり勧めたくはないのだけど・・・

【あいおいニッセイ同和損保】が、携帯のAuと提携して、携帯電話から申込みできて携帯料金に上乗せされて支払われる保険を開発したり、

【三井住友海上】がYahooと提携してYahooプレミアム料金に上乗せして支払うスポーツ保険(スキーとか)をやっていたり、

もちろん損保だけでなく、生保も花盛り、

【SBIアクサ生命】からSBIが引き上げて、ネクスティア生命と名を変えた生保。ネット生保としてがんばっていたり、

【ソニー生命】は、おばちゃんから説明聞いた後自分でネットで入ると、インターネット割引が使えたり、(←今でもそうなのか知らないが…)

【ライフネット生命保険】という日本ではめずらしい、親会社のしがらみがない独立系生命保険会社ができたり、

もちろん、これ以外にも既存の保険会社にはネットOKなるものが一杯出来ています。
(広告でどこかの宣伝を見てそれを書きたかったのだけどどうしても思い出せない(汗))

==============

私自身は基本、ネットだけで完結するすなわち書類のやり取りのない保険はお薦めしたくない。とくに生命保険なんていう大事なものはお薦めしたくない。少なくとも窓口がネットであっても書類のやり取りをする方が良いと思う。

でも、ゴルファー保険とか旅行傷害とか、こういう短期の保険は、面倒さから契約することを省くリスクよりも手軽で入りやすいというメリットは十分にあると思う。

実は私も一つ障害保険に入っている。月々200円ほどだ。
損害賠償保険が欲しいので入っているのだけど、この保険、万が一私が亡くなった場合にも10万円だか100万円だかの見舞金がでる。でもこれ請求のしようがない。だって誰にもパスワード教えてないし、書類もないし。(一応プリントアウトはしてるけどね)


お年寄りから保険の相談を受けた時、この人がもし亡くなったら、奥さんが保険請求するのかなぁ、保険請求できるかなぁ、もしこれがネット保険だったら請求できるかなぁ・・・・ちょっと認知入ってきてるみたいだし。

「嫁が結構こういうのが得意なので・・・・」嫁さんどっか行ったらどうするの。

こんなこと考えるとネット保険はあまりお薦めしたくない。
保険請求する時、特に生命保険を請求する時は尋常ではない事態になっているはずだ。だって誰かが死んでいるんだから。こんな時にはまともに冷静に保険請求なんて無理なこともある。だからそんな時には担当者が飛んできてくれるような保険が望ましいのだけど、今のご時世、担当者自体どうなるか分からない会社が多い、多すぎる。

「ネットでも事故時には専任担当者を指定します」
普通に担当者のいる保険会社でも分からないご時世に、こんなのをどこまで信じて良いのやら。

|

« 店子(賃借人)の滞納をどうする? | トップページ | GDPってわかりやすく説明したい »

FP-保険」カテゴリの記事