« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月に作成された記事

2011/05/31

退職金3000万円の投資戦略

現在65歳のAさん、家族は奥さんのみ(子どもはすでに独立)

 1.リフォーム、車買い替え、余暇費用800万円。
   生活費補助と予備費に700万円
   すなわち、3000万円のうち本当の投資資金は1500万円

 2.1500万円の資金の条件
    流動性:10年間は基本的に換金しない。しかし入院や事故・災害
        などの万が一のために流動性は確保しておきたいので
        大部分は1ヶ月以内に換金できるものにしたい。
    収益性:リスクも承知のうえで、収益性10年で1.5倍をめざす。
 定期的収益性:年金と生活補助を考えており、毎月分配などのインカム
       ゲインはなくてもよい。それよりもキャピタルゲインを狙いたい。
    安全性:以前より株式投資を行っており、短期では元本が半分に
       なったことも経験済み。とは言え投資資金の80%は確保したい。
        (許容リスクは20%)。

 3.商品選択の希望・条件
   (収益性の面から)
    個別株式や商品先物相場はリスクが高すぎると感じている。
    投資信託には興味があり、特に、海外株式系に魅力を感じているが、
    不動産投信をどう考えるか迷っている。
   (安全性の面から)
    個別債券は良いと思っていたが最近不安になってきている。なので
    やはり債権系投資信託か国債で考えたい。為替リスクがわからず
    海外国債を選択した方が良いのか迷っている。
    また資産保護の点で、貴金属(金現物など)についても迷っている。
    

==============
「投資資金1500万円どうしたらいいですか?」ってな抽象的質問ではなくて、これくらいはっきり要望を頂ければ私も答えやすいのですが。。。。。という私からの要望であったりします。ま、分からないから聞きたくなるのでしょうけどね。

  新興国株式ファンド  200万
  日本国債5年と10年  500万円(・・・一部定期預金の方がいいかも)
  ハイイールドおよび国際機関中心の投信 500万円
  不動産投信      200万円
  成長期待型投信    100万円

  以上をタイミングを見ながら1年くらい掛けて3〜4回に分けて分割購入するって感じでしょうか。私は投資助言業の登録をしておりませんし、それよりも「資産を守る方」を主眼にお仕事していますのでこれくらいが精一杯なところでしょうか。

 『商品の買い時タイミングとお金の用意できたタイミングとは一致しない。』
  是非覚えておきましょう♪

実際には、一部を変額年金保険を使ったりとか、安全部分は一時払い養老を使ったりとか、相続税のことまで考えると他の商品が良かったりとか、ま、いろいろする訳なんですけどね。

|

2011/05/30

GDPってわかりやすく説明したい

私が中学生頃に習ったのは確かGNPだったのですがいつのまにやらGDP。
国民総生産と国内総生産、ま、どっちでもいいやね。
(外国で働く日本人の分、日本で働く外国人の分を入れるか入れないか、です。)

さてGDPとは、、、、ずばり付加価値の合計です。

私は一応ワンゲル部に入っているのですが、例えば、山を歩いていて、ヤマブドウを見つけたとします。これをその場で食べるとGDPには全然影響しません。おいしかったとかいまいちだったとかで終わりです。

でも、これを麓に降りてきて誰かに(Aさん)10円で売ったとします。そうすると10円分GDPが上がるわけですね。
でもって、このヤマブドウを買ったAさんが、これにリカー酒とか氷砂糖とかを混ぜて葡萄酒を作って200円で売ろうとしました。でもあっけなく酒税法違反で逮捕されました、ちゃんちゃん。
失礼、Aさんは無難に町で売れば高く売れるんじゃないかと考えました。

Aさんが都会の真ん中に行って売ります。昔だと「ワレ誰の許可取って営業してんねん」とその筋の方がやってきてボコボコにされましたが、今は暴対法のおかげで無事に30円でBさんに売ることが出来ました。これで付加価値20円アップ、GDPが20円分上昇したわけです。

ヤマブドウを買ったBさんは、酒税法でつかまっちゃ困ると、ジュースにして売ることにしました。「お肌つやつや健康ブドウジュース」ネーミングの良さと缶ジュースより安いという人当たりの良さで、60円で売れました。GDPさらに30円アップです。

というわけで、私が付けた付加価値10円、Aさんの付加価値20円、Bさんの付加価値30円。この合計がGDPという訳です。ここでは60円ですね。

もし途中の誰かが、貰ったお金を貯金箱に入れて使わなくなったら、GDPはそれ以上増えません。お金がグルグル回って初めて、各人がお金の対価に何らかの物を買う(あるいはサービスをうける)、これを繰り返してGDPが大きくなるのです。

=======

なーんか余計わかりにくい説明になってしまいましたかね。しかもやたらとせこい数字だし。

誰でも分かる、サルでも分かるGDP!を目指したのですが、サルに失礼だったかも知れません。

今日本のGDPは470兆円、ざくっと500兆と覚えておくと良いかもしれません。

おれの年収500万円だから、その1億倍。そっか日本人(1億人として)みんなが500万円ずつ付加価値付けたら500兆なんだ〜、なんてね。

大事な出来事があります!!
GDPが上がらないと給料が上がりません、そのデータが(ちょっと古いデータですけど)、これですっ!
【関連記事】
 ●だから〜、GDPが増えないと給料は上がらないって (2009/04/15)

|

2011/05/27

ネット損保・ネット生保、乱立の戦国時代

保険のネット契約、おそらくこれからのトレンドになるのでしょう、あまり勧めたくはないのだけど・・・

【あいおいニッセイ同和損保】が、携帯のAuと提携して、携帯電話から申込みできて携帯料金に上乗せされて支払われる保険を開発したり、

【三井住友海上】がYahooと提携してYahooプレミアム料金に上乗せして支払うスポーツ保険(スキーとか)をやっていたり、

もちろん損保だけでなく、生保も花盛り、

【SBIアクサ生命】からSBIが引き上げて、ネクスティア生命と名を変えた生保。ネット生保としてがんばっていたり、

【ソニー生命】は、おばちゃんから説明聞いた後自分でネットで入ると、インターネット割引が使えたり、(←今でもそうなのか知らないが…)

【ライフネット生命保険】という日本ではめずらしい、親会社のしがらみがない独立系生命保険会社ができたり、

もちろん、これ以外にも既存の保険会社にはネットOKなるものが一杯出来ています。
(広告でどこかの宣伝を見てそれを書きたかったのだけどどうしても思い出せない(汗))

==============

私自身は基本、ネットだけで完結するすなわち書類のやり取りのない保険はお薦めしたくない。とくに生命保険なんていう大事なものはお薦めしたくない。少なくとも窓口がネットであっても書類のやり取りをする方が良いと思う。

でも、ゴルファー保険とか旅行傷害とか、こういう短期の保険は、面倒さから契約することを省くリスクよりも手軽で入りやすいというメリットは十分にあると思う。

実は私も一つ障害保険に入っている。月々200円ほどだ。
損害賠償保険が欲しいので入っているのだけど、この保険、万が一私が亡くなった場合にも10万円だか100万円だかの見舞金がでる。でもこれ請求のしようがない。だって誰にもパスワード教えてないし、書類もないし。(一応プリントアウトはしてるけどね)


お年寄りから保険の相談を受けた時、この人がもし亡くなったら、奥さんが保険請求するのかなぁ、保険請求できるかなぁ、もしこれがネット保険だったら請求できるかなぁ・・・・ちょっと認知入ってきてるみたいだし。

「嫁が結構こういうのが得意なので・・・・」嫁さんどっか行ったらどうするの。

こんなこと考えるとネット保険はあまりお薦めしたくない。
保険請求する時、特に生命保険を請求する時は尋常ではない事態になっているはずだ。だって誰かが死んでいるんだから。こんな時にはまともに冷静に保険請求なんて無理なこともある。だからそんな時には担当者が飛んできてくれるような保険が望ましいのだけど、今のご時世、担当者自体どうなるか分からない会社が多い、多すぎる。

「ネットでも事故時には専任担当者を指定します」
普通に担当者のいる保険会社でも分からないご時世に、こんなのをどこまで信じて良いのやら。

|

2011/05/26

店子(賃借人)の滞納をどうする?

最近不景気ですから、家賃や駐車料などの毎月の支払が滞納になる、こんな方が増えているようです。でもって今回は大家側の話。

はっきり言って、お金の面から言うと、賃料払ってくれない人はさっさと諦めて出ていって貰う、これに限ります。でもなかなか出ていってくれない。だから裁判所の強制執行なりの手続きが必要。

 そろそろ払って貰えませんか
 裁判所に訴えますよ
 今なら見舞金くらい出しますよ
 ・・・・強制執行

まあ最低半年くらいかかるわけです。
滞納されている上に、さらに出ていって貰うのに、裁判費用なり見舞金なりのお金が掛かるわけですが、その人が将来にわたって払ってくれないのなら仕方ありません。さっさと次を探すことが大切です。

======

 あの人、可哀想な人だから・・・・
 そのうち払ってくれそうな気がする・・・・
 もし野垂れ死にしたら私にも責任が・・・・

ズルズルと滞納を認めてしまう大家さんは、皆さん優しいのですね。
もし、生活に困っていなくて多少のことは目を瞑るつもりならそれも良いと思います。「優しい大家さん」それも良いじゃないですか。

ただ、借金して建てていてその賃料が入ってこないと困る、生活に困る。こんな大家さんは、何とか出ていって貰うことを考えるべきだと思います。
ある意味、賃料滞納問題を抱えた大家さんは、「優しい大家さんになるか経済主義の厳しい大家さん」になるかの選択が迫られる場面であると思います。

経験のない方がワンルームマンションのオーナーになる。こんな場合は業者のやっている「まるまる借り上げシステム」が使えるのならばこれを使うというのも一考ですね。実入り(実収入)は極端に下がりますがとりあえず安定します。

 

|

2011/05/25

国家公務員の給与削減、交渉中

現在政府案を交渉中ですが、連合系の労組とは合意に向かっているそうです。
カット幅は、課長以上10%、係員5%、ボーナスは一律10%。

そもそも給料がGDPマイナスの中でも上がっていくことがおかしい。
これはそう思うのですが、だからといってなし崩しで給与カットする姿勢はいただけません。
決してカットしてはいけないといか言うのではなく、やり方がどうも…。義援金詐欺みたいじゃないかと思うのです。
人事院勧告なんて止めてGDPに比例しますよ、という給与体系にすれば簡単なのだと思うのだけど・・・・

公務員は団結権、団体交渉権などの労働基本権がないかわりに、人事院勧告という制度で運用していました。右肩上がりの成長時代においては、どれだけ賃金を上げるか、を人事院勧告という制度で行ってきました。
ところがところが右肩上がりじゃなくなった♪
こういう状況に置ける適正な賃下げルールが必要じゃないのかな、と思います。
少なくとも気分次第で下げますよ、財源ないからとりあえず、みたいな話ではありません。

前回のボーナス(でしたっけ)いきなり慣例を無視して急にボーナスが引き下げられたりしている現状で、そして今回、震災対応という名の下に、賃金カットです。
なし崩しです★

GDPへの影響という意味では、給与削減はGDP減少に拍車を掛ける、という組合の主張は頷けるものがありますね。(GDPの2/3は個人消費です)

問題は、この国家公務員の削減が決まったとして、これが、地方交付税に反映されるかどうかですね。すなわち地方公務員にも影響するのかしないのか、そしてさらには外郭団体へも影響するのかどうか。
ざくっと言うと国家公務員100万人、地方公務員300万人。
外郭団体まで入れると総数600万人の給与に影響していたのが人事院勧告です。
ざくっと一人500万円の年収だったとして30兆円ですから、1割カットで3兆円の直接消費の減少ですね。波及効果がどれくらいあるのか分かりませんが、GDPの3%くらい影響するかも知れません。

国家公務員人件費5兆円の1割で5000億円。これカットするくらいだったら、子ども手当2兆円をカットする方がよほどマシな政策に思えます。

GDPを上げなきゃ給料は上がらない。。。。。。そう簡単に上がりそうにないですから、しばらくは公務員も民間も給料は上がらない感じです。

======

それにしても、数字合わせでカットする、場当たり的にカットする、というやり方はどうも納得しづらいものがあります。
(むしろ『カットした5000億円をそのまま、被災地の臨時雇用の財源にします。総額の人件費をそのままに被災地を雇用の面で支援をしますので協力してください。』こんな風なのがわかりやすくないか? 同じようなことなのかも知れないけれど…)

|

2011/05/24

分配型投資信託の罠


今ふたたび、REITが人気を呼んでいるそうです。
REITというのは不動産投資信託、でほとんどが分配型投資信託です。

REITに限らず、毎月分配とか2ヶ月ごとの分配とかの投資信託、仕事柄この手の雑誌記事やニュースは良く読むのですが、最近はこんな書き出しです。

「分配型は定期的に分配金を出します。収益が悪くても出すのです。
 収益が悪いのに分配を出そうとすると、元本を取り崩していかなければいけません。
 過去の分配金実績ばかりに目をとらわれず、その元本すなわち基準価格の推移にも
 目を向けましょう。」

 
全くその通りです。
 【過去記事】
  ●投信:毎月分配の罠(2007/06/25)
  
4年前に上の記事を書いた頃は、「タコ足投信」蛸が自分の足食べている投資信託だと、言われ初めていた時代。
以前でも(素人さんでも)薄々気づいている人はいらっしゃったと思いますが、少なくとも投信の販売資料や雑誌の記事には、そんなことは全然書いていなくて、「元本の保障はありません」としか記されていませんでした。基本、多少の変動はあるものの上がっていくことが前提の投信資料だったのですね。

そしてリーマンショック、そして、大震災。
タコ足投信が、常態化しています。株と一緒で安い時に買わないと収益が上がりません。
(ちなみに底で買った人は結構収益が上がっているはずです)

不動産投資は、基本「賃貸料」。普通の物件ならばきちんと賃貸料が入ってきますから収益は出ます。満杯なら7〜10%。ここから手数料やらなにやら引いて2〜3%の収益が出る。これが基本なのですが残念ながら今のご時世、空室が埋まらない。その上地価が下がってキャピタルゲインどころかキャピタルロス。

こうなっている訳です。

=======

不動産投信が根強い人気なのは、株と違って紙切れになることが少ないからです。不動産という資産は残る。ただどういう不動産なのかは重要ですよね。
中身が大事、というのは、不動産投信に限らずどんな投信でも言えることではないかと思います。正直、今の日本上がるのもあれば下がるのもあるという状況において、その中身まで吟味するのは手間もかかるし、公表されている資料も不十分だとどちらの点でも難しいと思います。

だから投資信託選びでは、何買っても上がるというもの、すなわち、中国とかのGDP成長率が常にプラスであるような国、セクターを買うと良いと思います。
それでも海外ものは為替の影響は存在しますけどね(最近ずーっと円高だし)

(ここ数年でもの凄い数のETFが出来てて、手数料の必要な投信をわざわざ買う必要がどれだけあるのか、メリットは?ってな話はまた今度ね)

|

2011/05/23

雑所得を申告しないとどうなるか?

ははは、こんな話題書いて良いのでしょうかねー。
で、別に雑所得って限ったわけではありません、所得税すべてです。

基本は、「お金を手に入れた人は自分で申告して払いなさい」です。
『国民は法律の定めるところにより、納税の義務を負う』(憲法30条)ですね。

ばれたら延滞税や加算税が付いて払うってことになります。
悪質な場合は所得税法違反でつかまりますね。

で、お金が動く時に税務署に出される書類があります。法定調書といいます。
こんなのがあります。

  オープン型投資信託の分配の支払調書
  上場証券投資信託の償還金等の支払調書
  生命保険契約の一時金、年金の支払調書
  損害保険契約等の年金の支払調書
  給与所得・公的年金等の源泉徴収票
  不動産等の譲受けの対価の支払調書
  不動産等の売買・貸付けのあっせん手数料の支払調書

他にも一杯あります。
大きなお金を扱う業者は、こういう書類の国税庁への提出が義務づけられているのです。

(だから調書が出ないように投資信託を10万円ずつ分けてとかね、する人もいるようですが…)


詳しくは、国税庁ホームページから
申告・納税手続>税務手続の案内>法定調書関係
(http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/mokuji.htm)
へどうぞ。

|

2011/05/20

努力せずに幸せになる方法

貴方ならどれを選ぶ?

 お金があっても、幸せじゃない人
 お金があって 、幸せな人
 お金がないけど、幸せな人
 お金がないし 、幸せでもない人


実はこの質問はずるい質問です。
お金と幸せは対比できません、でも一つの要素にはなります。
お金を時間に置き換えましょう。

 時間があっても、幸せじゃない人
 時間があって 、幸せな人
 時間がないけど、幸せな人
 時間がないし 、幸せでもない人

もちろん時間とお金の組合せもできます。「お金も時間もないけど幸せな人、幸せじゃない人」、、、、。
時間・お金のほかだと、家族とか友人親友とかも入りますね。
自分の好きな時間、つまり、趣味というのもOKです。

すなわち、自分の幸せの要素は何なのか?と考えたときに
『時間、お金、趣味、親しい人間関係』

これにどんな優先順位をつけるのか。
これをきちんと考えれば、努力せずに幸せになれますよ♪

幸せではない人の多くは優先順位の付け方を間違えていて、関係ない努力を一杯しているはずです。

-----------

「無理なローンでした。主人が働けなくなるなんて。。。
 でも頑張って私が働いてます。職場でも認めて貰っているし
 子どもも理解があって、今、それなりに幸せです」

少々無理なローンでもこう考えて頂ける範囲のローンならば、いいかな、と。

幸せの要素には『時間、お金、趣味、親しい人間関係(仕事も含む)』、他にもあるかも知れませんが、実は共通しているのは
   『満足度』
 なのですよ。

|

2011/05/19

不相応な「住居・自動車・教育」がサラリーマン破綻を引き起こす

『  貯金0の人と、貯金800万円の人、どっちがお金持ちですか? 』

サラリーマン 32歳で主任のSさん。
誰もが羨むような駅前のビルの中にある、誰もが羨むような会社に勤めておられます。
年収は1000万円、そう遠くない時期に係長で1200万円くらい、だそうです。
で、今、家の購入&ローンをお考え中(架空ですよ♪)

35年ローン、返済額が決まっていないのは嫌なので、安心の固定金利でフラット35。現在の金利は3.00%。

「 3000万円のローンで、月々¥115,455かぁ、
 頑張って3500万円だと、月々¥134,697
   2万円弱の差なら、頑張っちゃおうかなぁ」

単純に、2万円弱の35年分を掛け算しても分かりますが800万円の差です。
つまり借りた分の「1.6倍」払わなければいけない、固定資産税も考えるとそこの地価にもよるけど「1.8倍」程度。

もし、購入価格を500万円下げれば、500万×1.6で 800万
                 500万×1.8で 900万

この800万900万円のお金が教育費として必要ないのか、
つまり、子どもの教育費にどれくらいお金を掛けるのか、これを考えておかないと大変なことになります。

年収1200万円。車はBMWかアウディ、子どもは私立に行かせて当然だよね。
なーんて思っていると、私立小学校・中学校そして高校くらいで確実に貯金は0。

==============
一方、OL7年目のMさん。
実家から近所の中堅企業にお勤め、給料は月20万円。
で貯蓄額が1000万円、には届かないものの800万円。


  貯金0の人と、貯金800万円の人、どっちがお金持ちですか?
    なーんて現象がいとも簡単におこるのですね。


年収1200万円のSさんも、車を買っていなければ、車両代と税金で800万円は浮いています。

「身分不相応な、住居・自動車・教育がサラリーマン破綻を引き起こす。」

以前は給料が上がっていったから、何とか出来たのですよ。


まとめ1;
  不相応な「住居・自動車・教育」が破綻の原因。
  右肩上がりじゃない時代、これをしっかり認識しないと破綻します。
    (しかも苦しいからと消費者金融なんかに手を出すとさらに泥沼)

まとめ2;
  独身者の可処分所得は、給料の差(職種や勤務地による差)よりも、
  住居費で決まる。(ただし、確実に貯金するかどうかは人による。)
  
-------------
とあるお金持ち。

 A「車を買ったんです。でも納車は半年先。外国から取り寄せるから」
 B「駅前再開発で、賃貸3軒買ってくれるんだけど、古いからって買いたたかれてて
   同じ収益が出る土地が手に入らないのなら手放さないって言ってるんですが…」

Aさんは、浮気関係のお悩みがあって、
Bさんは、数十年間、家族で一緒に食事したことがない。(定年後は家にいるので家で食事はされているそうだが、別々の部屋で食べるらしい)

お金と幸せな家族は別だ、ってことですね♪
 

|

2011/05/18

危うく、フィッシング詐欺に

フィッシング詐欺、ここではカード番号を盗み取る目的で開設されるサイトのことです。
危うくひっかかりそうになりました。

まず、これ。

’Dear Account Holder:

’We have recently updated our online billing system to include
’a new layer secure of authentication. This is intended to provide
’you with the best security possible when accessing your account.
’You will need to update your account in order to continue using
’your card.

’---->>>>> MasterCard - Update(http://www.×××××.com/)

’We here at MasterCard apologize for any inconvenience this may cause
’and appreciate your patience and understanding.

さすがに英語メールで引っかかったりはしません。
面白いのでアクセスしてみると、ちゃんと日本語のページ、、、、ならメールも日本語で送れば良いのに・・・

引っかかりそうになったのは、次のやつ。

メール差出人がYahooのアカウントに偽装されていて、ヤフオクなんて最近使っていないなーなんて思ってあまり気にせずクリックした。


’--------------------------------------------------------------------
’Yahoo! JAPAN - ユーザーアカウント継続手続き
’--------------------------------------------------------------------

’━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
’この自動通知メールはYahoo!オークションより自動的に送信されています。
’このメールに返信しないようお願いいたします。
’━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

’いつもyahoo!オークションをご利用いただきありがとうございます。
’Yahoo!オークションを今後も継続してご利用いただくためには、Yahoo! JAPAN ID
’ユーザーアカウント継続手続きが必要です。

’詳しくはユーザーアカウント継続手続きページをご覧ください

’◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


’ユーザーアカウント継続手続きページはこちら

’http://×××××.net/

’◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

’Yahoo! JAPANをご利用いただき、ありがとうございます。
’http://www.yahoo.co.jp/  


名前、誕生日・・・・
クレジット番号、カード裏の3桁コード

????

あれれ、クレジット番号?
ヤフオクでクレジット使わないぞ。
危ない危ない。

後からアクセスすると、Yahooメール(WEBメール)で注意喚起されてた。
Firefoxでアクセスすると、フィッシングHPの登録がされていて注意メッセージがでてきた。Firefoxもなかなか優れものだ。
こういうメールは、時間をおいてからアクセスする方が、サイトが注意情報を流してくれるのでちょっとだけ安心、なんて思った。

|

2011/05/17

住宅ローン控除の40万円っていつ貰えるんでしょうか?

「住宅ローン控除の40万円っていつ貰えるんでしょうか?」

20代の若い方からの質問です。

  住宅ローン控除で
    ローン残高の1%、
      最大40万円戻ってきます!!

  
  こういう不動産の広告を誤解されたのでしょうか?

「うーん、、、、、、残念ですが・・・・・
 住宅ローン控除は、払った所得税・住民税が戻ってくるっていう制度です。
 初年度は確定申告が必要ですけど、40万円も税金払っていらっしゃいますか?」

「買った年の税金の還付を、翌年1〜3月に確定申告して取り戻します。
 4月か5月頃に戻ってくると思いますよ」

若い方だと普通は年収は高くないです。、、、、所得税20万円くらいでしょうか、扶養人数が多ければ10万円以下ってことも少なくありません。
普通のサラリーマンで所得税40万円払おうと思うと年収800万、900万円くらいです。

  「子供達の教育費も終わったし、定年前に家を建てようか」

こういう方の場合は、表題の40万円、往々にしてこの40万円は効いてきます。
でも若い方ではなかなかそうもいきません。

よく似た誤解に、「医療費控除の10万円越えた分はいつ戻ってきますか」
というのがあります。
違いますね、10万円越えた分にかかっている”税金”が確定申告で戻ってきます。
(医療費15万円で税率20%なら、越えた分が5万だから1万円)

------

誤解する方が悪いのか、誤解されるような広告を出す不動産屋が悪いのか、
なんか後味が悪いなー。

不動産は人生で一番大きなお買い物(たぶん)
だからしっかり検討して間違えないように誤解がないようにしてから契約して下さい。

|

2011/05/16

80歳でも半分は生きている(平均寿命)

「男 80歳でも半分、女 85歳でも半分、生きている」

もうちょっと上品な言い方がないですかね、俺ってば。
将来は90歳とか95歳まで伸びる、なんていうニュースが先週流れておりました、国連の各国の人口予測。


厚労省の2009年度の平均寿命では、

  『男性  79.6歳 / 女性  86.4歳』

となっています。

--------

「葬式代400万円残して、あとは退職金を10年間で使うつもりで旅行したり
 ゆっくり遊ぶつもりなのですが・・・・」
 
「自分のお金をしっかり使うのはとても良いことです。なかなか上手く使えま
 せんからね。でもそれ以降は?」


80歳でも半分生きてます。90歳まで生きるとしたら20年分の生活費というか生活予備費ですね、これを確保しておいた方が安心です。

この生活予備費、これをどれだけ取っておくかは人それぞれだと思いますが、葬式代だけではそのあと20年間、30年間ってのはちょっと心許ないのではないかと思います。

じゃあどうすりゃいいんだー、って訳で

貯金ゼロだったとしてもできる対処方法です♪

「年金の3割貯金しておく」

こんなことをしておくと、生活上の突発費用、例えば、冷蔵庫が壊れた、雨漏りしてきた、孫の七五三のお祝い、病院代、タクシー代、こういう費用が賄えるのではないかと思います。


一人で暮らすのか子どもと暮らすのか、、、、などなど
一人一人にそれぞれのライフプランがありますし、
意外と年金がほとんど無い、なんて方も結構いらっしゃいます。

----
ところで織田信長が語った有名な台詞。

『人間五十年、下天の内をくらぶれば 夢幻の如くなり・・・』

この前NHK大河ドラマでも言っていたし、ゲーム「信長の野望」だったかでも聞きましたが
これさっきまで、人生50年って意味だと思っていました。。。。。  違った (o_o;)ガーン
  
天の一日は人間界の50年、あっという間のことだよ、という意味だと言うことを、ついさっき5分くらい前に知りました。

「信長の時代には人間50年でしたけど、今は80年90年です」
なんて言ってしまうところでした。

長生きリスク! 変なリスクですが現実問題として、あったりします。

|

2011/05/13

一義的には東電に責任がある、ってホントか?

昨日のニュース
 ■福島第1原子力発電所の事故をめぐる賠償の枠組みの決定を延期
今日に持越だそうです。


〜〜  カレンダーを見ながら『あぁー、もうすぐ海の日だねー』
    と、その時に大きな地震。
    『これは大きい。・・・・原発だいじょうぶか?』
    テレビを付けると、水で満たされていたはずの格納容器が、
    コロンコロンと転がっていっている。         〜〜

他人の夜中に見た夢の話ほど、聞かされる方にとっては無味無臭でつまらないものでありましょうが、実に変な夢を見てしまいました。

============================

  「一義的には東電に責任がある」、これホントですか?

  国にも責任あるでしょ
  
   ●原子力政策を進めてきたという「国策」の点と、
   ●原子力建設を認めてきたという「設置基準」の点 
   ●「事故時の対応は正しかったのか」という点

  国の責任にすれば、  税金を投入することになる。で支持率が下がる
                   国会の予算案も可決が難しくなる
             内閣の責任も出てくる。で支持率が下がる。
  こんなところか。


「国策・設置基準・事故時の対応」この3つの点で国の責任は、相当にあると思うのだけど、。。。。大体、「国策と設置基準」は自民党時代ってみんなわかっているし、民主党の分は「事故対応の部分」だけじゃないか。町がいくつか消えそうな事態なのに、国が動かないでどうする。

  ま、政府も東電もどちらも混乱の中で精一杯やっていたんじゃないかと思いますよ、でも結果としてまずかった部分はたぶんあるはずで、
  「精一杯やっていた(いる)から(国に)責任ありません」、なんてことはないでしょ。
  
だいたい、理不尽な被害を受けている人がいるのに手を差し伸べない国なんて国になってないでしょ。

  そんでもって国民は、誰に責任があるとか誰が悪いとか言うのではなく、とりあえず、増税(あるいは電気料金値上げ)か何かを受け入れる必要があると思います。そのうえで、

  原発って本当に必要なのか?
  エネルギーを無駄に使う、いわゆる使い捨て生活が本当に良いのか、
  
こういう生活様式そのものの見直しが必要じゃないのかなと思います。
  

いつまでも
 『一義的には東電に責任がある』なんて言っている場合じゃない、と思うぞ。


|

2011/05/12

年金減額のニュース;主婦年金と東京電力


昨日のニュース。
  ●専業主婦の第3号被保険者の貰いすぎている場合の減額についてと
  ●東電の年金基金の減額についてのニュース。

どちらも正式に決まった話ではありません。

(1)専業主婦の国民年金の切り替え忘れ

   本来より多い年金を受け取っている約5万3000人。
   過払い分の返還を求める方針・・・・・民主党
   
  ○過払い分は5年まで遡って返還。
   ただし住民税非課税の低所得者は除く、これにより9割は返還の必要なし。

  ○将来分は減額するが、基礎年金部分の10%を最大とする。
  
  なので、例えば勤続20年(厚生年金20年)の奥さんが旦那の脱サラ。
  (厚生年金100万 国民年金30万)こういう方が3万円減額される、
  みたいな話に落ち着くのでしょうかね。
  

(2)東電の年金基金

  賠償金のため、現役の年収2割カットを交渉中ですが、年金についても減額
  したいという話。
  一般に年金の減額は、「会社の経営・財政状態から必要性」、「現役社員と
  の比較」、「受給者に対する説明」などの合理性を一つずつクリアしていかなけ
  ればなりません。
  日航の場合もそうでしたが、2/3以上の同意が必要。
  (労働組合の1/3、受給者の2/3以上の同意)
  
  で知らなかったのですが、年金基金の解散は結構厳格なのですね。積み立て
  不足は一括清算とか。でも減額ならいくらでもどのようにでもできる、
  同意さえ取れれば、って。
  
  
  でさぁ、経産省、中でも原子力安全保安院の責任って大きいっと思うん
  だけどさ、オレ的には。
  薬害での国の責任とか、公害での国の責任とかよりもっと責任があると思うぞ。


 
====================

 年金も減額する時代、これ、FPにとっても厳しい時代ですね。
 とくに企業年金はある日突然経営悪化という事態があるだけに誰にでもおこりうる
 出来事です。急なだけに生活防衛もままなりません。

 サラリーマンでも、給料日まで待てなくてクレジットカードでお買い物する人が
 いるように、年金生活でもそういう方がおられます。生活に余裕がない方、かなり
 いる。

  年金からも、少しは貯金しよう!・・・・こんな事、言わなきゃいけませんね

|

2011/05/11

定年後の健保;家族の扶養になる場合の条件

サラリーマンが定年退職したあとの健康保険の話です。
  一般には
  (1)それまでの健康保険に任意継続して入るか、それとも、
  (2)国民健康保険に入るか、なのですが、

収入によっては(3)家族の扶養(サラリーマンの息子とかの扶養)になれる場合もあります。

条件は、
   60歳以上:年収180万円未満
   60歳未満:年収130万円未満
     (ただし年金、失業給付を含みます。)
     
  かつ、被保険者(例えば、息子)の年収の2分の1未満であること。


基本的に健康保険は同一世帯で考えます。世帯の中に収入の少ない人がいるとその人は扶養と認めましょうという制度なのですね。扶養人数が増えたからと言って負担(月々の保険料)が増えるわけではありません。

一方、国民健康保険は違いますね。世帯割、人数割、各人の収入の合計で算出される合計保険料。地域によってはさらに資産割(不動産が多いと高くなる)なんていう計算方式を採っているところもあります。
(※国民健康保険の世帯分離が流行っているようですが、これは世帯分離することで減免を受けられるか否かが重要となってきます。)

--------

そんでもって、健康保険は世帯単位ですが、介護保険料は世帯でなく各自別途で計算します。40歳以上は国民すべてが払わなければいけない保険料が介護保険。
なーんか微妙でしょう。

  「介護が必要になったらどうするの?」
  「だって介護保険払ってるし」
  「あれ限度額もあるし1割は負担しなきゃいけないし」
  「えーそうなの。寝たきりになっても安心だからって
   介護保険できたんじゃないの?」

ま、こんな方もいらっしゃるわけで・・・・
話がずれました、介護保険じゃなく健康保険の話でした。

--------
病院に行った時の支払割合、これを負担割合と言いますが、

   70歳までが3割負担。
   70歳以上は、収入によって1〜3割負担

となっています。
  (厚生年金40年間入ってましたという方は、年金収入だけで3割負担になる方が多いです)

|

2011/05/10

「働く妻・働いていない妻」の世帯数

専業主婦の年金、などという話題が多いのでこれを機会に共働き世帯の割合を調べてみた。

下の図は、夫婦世帯のうちで働く妻・働いていない妻の世帯数を妻側の年齢でグラフにしたものである。出典は平成17年の国勢調査結果から(平成22年の結果はまだ未公表)。

もっともここで言う”働く妻”は、”扶養の範囲で働く妻”も入っているので年金第三号被保険者の話をするのは適当ではない。さらには、働いている妻の中には”働いていない夫”を持つ世帯もあることにも注意が必要だ。

Fuufujoseiroudou

グラフを見れば妻45〜49歳が【谷】になっている「結婚して仕事を辞める、あるいは子供が生まれて仕事を辞める妻」が多いことが類推できる。結婚適齢期より遅いところを見ると教育費が大きく関係している、と想像できそうだ。

総じて60歳までの女性は働いている方が多い。しかし、60歳を越えると急速に働いていない女性が増える。70歳以上で妻が働いている夫婦は少数派である。

ではここから、アドベンチャー小説(選択により話が分岐する小説)風に書いてみよう。

 分岐1: 定年制問題に話を続ける
 分岐2: 日本経済を活発化する方法
 分岐3: 女性が働きやすい環境の話に繋げる
 分岐4: 妻にも生命保険が必要だという話へ
 
------------------
■分岐1:

 グラフを見て60歳で急速に働くことを辞める女性が増えているのがわかる。
 これは男性でもよく似ているのだが、老後が60歳とか65歳とか、誰が言い始めたのだろうか。企業側から見れば定年という仕組みで高給の労働力を強制的に排除できるというすばらしい仕組みなのだ。
 個人のライフプランとは全く関係ない、企業が定年を決め、国が年金支給を決めてみんなが60際ないし65歳から老後だと思っているにすぎない。介護老人の年齢分布はここには示していないが、75歳から急激に増える。10年くらいの空白の期間である。もちろん第二の人生を謳歌するのもいいのだけど、収入面に注意したい空白期間である。若い頃の「体力はあるが金がない」という状況に似ているし、極論すればニート世代と似ている部分があると思っている、決定的に違うのは経験の豊富さだ。
 
 アメリカでは自己がリタイア年齢を決めると聞いたが実際の所はどうなのだろうか詳しいことを聞いてみたい気がする。
 
 
■分岐2:

 例え扶養の範囲で年間100万円としても10年間働けば1000万円の世帯収入が増えることになる。
 200万人の女性が働くと、その分それぞれの世帯収入はあがりGDPが増える。100万円×200万人としても2兆円。波及効果を考えればGDP1%アップくらいできそうである。ベビーシッター産業が発達するとかファミリー向け外食産業がにぎわうとかいろいろ波及するはずだ。
 個人的な意見を言わせて貰うと、子ども手当をばらまくよりそのお金で女性が働きやすい環境を整える方がよほどまともな政策だという気がしてならない。
 
■分岐3:

 「子どもが小さい間は働けない」、こういう人は多い。
 もちろん、小さい間に十分に愛情を注いで育てたいという話も良く聞く、というか逆に働いているせいであまり愛情を注げなかったという話の方を良く聞く。
 現実には、子どもが出来て奥さんの収入が減った、だから家計は苦しい。その対処方法で出てくるのが爺さん婆さんの支援だ。奥さんが働く分の家事援助やあるいは金銭援助で足りない分を補う生活像、このての話を非常に良く聞く。それでは近くに親もいないし手伝ってくれる兄弟姉妹もいない、こんな夫婦はどうすればいいのだ、なんて話になる。
 都会で最近問題になっている保育所に入れない「待機児童問題」これを始めもっと女性が働きやすい環境が出来ればどうであろうか。
 
 
■分岐4:

 60歳までの妻は働いている場合が圧倒的に多い、これはすなわち妻側の収入があることを意味するので、もし万が一奥さんが倒れた場合、という観点で保険営業をしてみることができそうだ。
 
 「旦那さんほどじゃなくても、生命保険は必要ですよ。だってその分収入が
  減ってしまうじゃないですか。」
 「奥さんは医療保険だけでいい、それも女性特有のやつだけでいい、なんて嘘です。
  医療保険はもちろんあった方が良いですがそれより大事なのは生命保険です」
 「教育費用と割りきれるのなら、すなわち10年間だけでいいなら定期保険をおすすめしますよ」
 
------------------

とまあ、一つのグラフでこんなに引っ張れるなんて言う一つの例と言うことにしてください。(・・・セミナーしていて時間が余ったらこのグラフ一枚で15分はつぶせるし、なんてね)

|

2011/05/09

東電電気料金16%値上げ?!

GW楽しい時間を過ごせましたか? 有意義に過ごせましたか?
「のんびりと休養」なんて方もいらっしゃるかもしれません。
「勉強に励んだ」なんていう真面目な方もいらっしゃるかもしれませんねー
「GWは仕事だよん」という方ももちろんいらっしゃいますよね、お疲れ様です。

自分の持っている「時間」の使い方と「お金」の使い方、これは性格が表れますよー♪


さて、原発の賠償金問題です。

政府の案、本当に一案だと思うのですが、「東電の電気料金値上げ16%」なんていう数字が出ていました。一旦基金を作ってそこから賠償金を支出する、基金には東電に加えて、他の電力会社も対策費として入金する。東電はこの支出および廃炉費用としてリストラや資産売却はもちろんとして電気料金も値上げする。
その他の電力会社は数%の電気料金値上げ相当。だけどここは各自の経営努力に期待したい、みたいな話。
もっとも賠償金だけじゃなく、火力発電のための重油代があがる分も入っているそうですが・・・・

原発の賠償金、東電が負担するのか税金でも負担するのか消費者も負担するのか。金は天下の回りものの法則から言えば、、税金であろうが電気料金であろうが、みんながある程度は負担しなきゃいけませんというか負担することになりますね、心情的にどうであっても。

東電からすると「保安院の基準で作っているんですよ、原発は国策でしょ、国に責任はないんですか?今まで天下りしてきているじゃないですか。毎年年間数千万円の人件費どうしてくれるんですか」と言いたいところではないかと思うのですけどね。

で役員に限らず電力会社の方々の給料というものを考えてみると、電気料金という非常に公共性の高い、さらには競争相手のいない地域独占が認められている事業で、その経営者と従業員が高い給与を貰って良いのか、なんていう話が出てくる訳でして・・・・

電力会社に勤める人の給料の話は、今後値上げの話が出てくればマスコミが執拗に叩くでしょうから私はこれ以上書きません(だってレベルが低いから。役員報酬半減でも2000万円なんていうニュースがすでに…)。安定供給、それも世界的に見ても非常に安定した供給体制を整えるための対価として世界でも有数な高い電気料金が設定されていたという面だけ書いておくことにして、話は電力会社以外に目を向けます。

-----

 公共性の高い事業を行っている人の給与。 
 こういうものは電力会社に限らないのですねー。例えば、
 
 病院の理事長、この人の給料のほとんどは健康保険からの診療報酬な訳です。お年寄り1割負担なら9割は後期高齢者制度から出ているわけです。もちろん病院は地域独占ではありません、他の病院との競争という面があります。でも健康保険という公的事業で儲けている人の適正な報酬ってどうなんだろ? なんて考えたことありませんか。
 
 放送局。これ電波という公共物を1チャンネル分を独占的に使用して儲けている商売です。震災でコマーシャルが減ってかなり収益悪化しているそうですが、もしぜーんぶコマーシャルだったら。。。。。自分の土地に看板を上げているのではなくみんなの共有財産に広告を出してその宣伝費を放送局が得ている、なんていう見方もできるわけです。(民間放送局はなかなかこのような観点で言う人はいませんけどね)。なんかねー有名司会者、いち番組1本100万円なんていう相場を聞くとなんだかナーなんて思うのです。
 ちなみにみんなの受信料からなるNHKの給与水準はどれくらいが適当かなんていう議論も出来そうです。
 
 JA、農協が公共性が高いか低いかと言われれば十分高いでしょう。この方々の給与水準は?って考えると面白い。言っておきますが、農協に関係する事業にはいろいろな補助があります。農協自体が補助金を受けてする仕事もあれば、窓口業務もある、、、、はてさて一体どれくらいの給与水準が適当なんでしょうか?
 
-----

東電の問題は、ある意味、いろんな面で公共的な事業を行っている人々の「仕事と給料」に繋がる話であったりしてこれを国民全体に再認識する場を提供してくれた、と思っています。

でねー、実は他人の話なんて重要じゃないんですよ。

復興予算に限らず社会保障でもなんでもこれから手取りは下がる、年金も下がる、っていう時代(※)に、どんな自分のライフプラン、どんな有意義な人生を描くのかってのが大事なわけでして・・・・・自分の時間の使い方とお金の使い方、重要テーマです。

※だからGDPを上げる政策が最重要。GDPが毎年2%上がれば(法人税と所得税が増えるから)、増税なんか必要ないでしょ。

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »