« 月20万の年金生活;貯金が「気が付いたら半分」と「計画的に半分」の違い | トップページ | タバコが無い »

2011/04/21

マンション;積立金が足りない! 毎月の修繕積立金平均値

4/19の日経新聞のニュースから。
国土交通省がマンション修繕積立金の平均値を出しました。

  1平米あたり、毎月平均218円。
  70平米のマンションだと約15,300円/月
になりますね。

ちょうど手元にあった、折り込み広告のマンションのちらしを見てみると、

   専有面積: 67〜85.7平米
  修繕積立金: 5,350〜6,860円
    (ちなみに価格は2,390万円〜3,940万円 @京都市右京区)

全然、修繕積立金が足りないわけです。
新築の間は大丈夫です、でもその後が足りない。

--------------

新築マンションの場合、当初5年くらいはほとんど修繕する部分がありません。配管系をメンテしたり、手すり部分のペンキ塗りとかくらいです。10年経つと、屋上の防水シートを交換したり、足場を組んで外壁全体を塗り替えるとか、水道ポンプやタンクの交換とか、エレベータの大規模なメンテとか年数が増えるにつれいろいろな費用がかかってきます。

「このままだと修繕積立金が足りない! 値上げだ」

これを管理組合で決議することが多い。
大体数年ごとに2割増し、くらいの感じでしょうか。
新築マンションでもしっかりしたマンション会社だと、20年30年の修繕計画を作っていて、修繕積立金の推移見込などを作ってはいます。でも実際に修繕積立金を値上げするかは管理組合の決議次第です。ほとんどの管理組合は一占有区分ごとに一票という議決になっていると思います。

例えば、賃貸向けが多いようなマンション。ある会社が社宅用に買ったけど従業員が減って他人にも貸している。ホントは売りたいのだけど思った値段では買い手が付かなくて売れない。こんな時なんか、なかなか管理組合で決議が通りません。、、、、(たとえばの例ね。)

 マンションは管理で選べ!
 
これ住宅情報誌を見ているとよく書かれています。
ホントにそう思います。特に年数が経ってきた時にこれが現れます。
住み心地も資産価値も管理で決まる。

一方で、住人一人一人の心の持ち方、ゴミを捨てないとか自転車は綺麗に並べるとか、こんな所も影響するなぁなんて思っています。
住民同士のケンカ・トラブル。これマンション価値(売る時の価格)で言うと200万300万、500万円くらいの資産価値減少じゃないかと思うのですが、実際には集合住宅のトラブルは絶えません。もし機会があれば「マンション価値を高くする住み方」こんなテーマでセミナーしたいなぁなんて思っています。

|

« 月20万の年金生活;貯金が「気が付いたら半分」と「計画的に半分」の違い | トップページ | タバコが無い »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事