« 震災のお見舞い申し上げます | トップページ | みずほ銀行システム障害 »

2011/03/18

今後、金利が上昇?! 日銀、円高介入。


急激な円高で、財務省が介入を発表した。朝9時から国際的な協調介入が行われた模様。
1ドル79.5円から一気に81.5円へ。
(80円がボーダーラインかと思っていたのだが・・・・)

今回の円高、どこを見ても保険会社の海外資金なんて書かれている、がどちらかというと投機資金だ、保険会社がそんなにも海外で運用しているとは思えない、どちらかというと国内資産。で今後どうなるかってのを考えてみれば、金利が上昇するはずだ。

保険会社の運用は、もっぱら国債。多額の資金が必要になればこれを売ることになる。債券価格の下落すなわち利回り上昇となる。
政府は今後災害復興に10兆円規模の復興国債を発行するという話で、今までのように財政規律がどうのこうのと言ってられなくなる。そのために国債発行。でさらに債権下落。

この結果、債権は下さがって株が上がって金利上昇、、、、今よりは。
金利が上昇すれば企業の資金調達も今より一層大変になることは確実。

国債の買い手がいなくなって、国債暴落金利急騰。信用不安で株価も暴落、なんてことは考えたくない。そこまで日本の経済は弱くないだろう。
   
〜〜〜〜
被災地!
まずはきちんと物流も自治体機能も動くようにしなきゃいけない。そして経済を復興させなきゃいけない。
地震から1週間ほどたって「避難が当面の安全確保」、ならばまだその段階に至っていない。その次が「当面の生活確保」、仮設住宅とかだ。
そしてその後、被災地の復興。

どこかのニュースで地震による日本のGDP損失が推計−2%だと言っていた。
給料に換算すると年収500万円で手取り10万円のダウン。復興税が創設されるのかそれともやはり消費税なのか? 

冷静に考えると、まだまだ日本にとって大変な時期が続きそうだ。関西は被害も少なく停電もなくて良かったね、などと言ってられない状況なんだと改めて感じ始めてきた。

〜〜〜〜

地震から一週間たって「当面の安全確保」さえ出来ていない被災者の皆さんとそれに向けて日夜努力している関係者の方々、本当に頭が下がります。頑張ってください、体を壊さないように祈ります、ご自愛ください。

|

« 震災のお見舞い申し上げます | トップページ | みずほ銀行システム障害 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事