« 専業主婦の年金:「今すでに貰いすぎ」の人はどうする? | トップページ | 資産倍増プロジェクト;ネット証券4社 »

2011/03/10

楽しい保険CMが多すぎる…変じゃないか?

もうすぐ新学期♪
でも気が重い人もいたりする。

ちょっとやつれた顔の若いママ。


  もうすぐ、新学期。
  ランドセルの割引セールが始まった。
  気に入っているピンク色はあと2個。
  でももう少し待てばまだ安くなるかも知れない。
  今日は買うのを止めておこう。
 
  さあ、入院中の旦那の所に行ってから夜勤が始まる。
  早くガンが治ってくれたらいいんだけどな。
  ランドセル買うためにもしっかりしなきゃ。
                         』
      
     だから、保険、考えませんか?

============

こういう暗〜いCMはありませんね。
でもこんなCMがあったとしたら、それは正直っていうもの。

先日、私の親の知り合い、そのお孫さんがお亡くなりになりました。お孫さんといっても30歳前です、家を建てる計画中でした。

「5分の遅刻でも連絡あるのに、今日は出てきていない」。
病院からの連絡で家族が部屋に駆けつけ見てみるとベッドの下の方で倒れていたそうです。
死因ははっきりせず、間接の原因は過労とのこと。
この方、実は若いドクター、お医者さんでした。
研修が終わって医者として一人前に働けるようになった矢先のこと。
「苦しい顔じゃなかったのが救いです。」


保険って、万が一の時を保障するもの。
保険に入っていて良かった、助かった、と思うときは普通、精神的にも経済的にもまいっているはず。精神的なのはともかく経済的な面を少しでも緩和するのが保険。

なのに、な〜んかやたらと明るくて楽しそうな保険の宣伝が多くて変な気がする。
ずーっと変だと思っているのだけど、全然かわらない。

いっそのこと、

「旦那が死んで5000万円入ってきた! ホホホー」
「私、内臓とりました。でも給付金が30万、これで欲しかったバックが買えます♪」

みたいなCM作ればいいじゃん。

絶対ずれてるぞ、今の保険のCM。
(やたらと宣伝費掛けている保険会社は決まってますけどね。)

|

« 専業主婦の年金:「今すでに貰いすぎ」の人はどうする? | トップページ | 資産倍増プロジェクト;ネット証券4社 »

FP-保険」カテゴリの記事