« 梅咲く、春すぐ、百貨店ラッシュ | トップページ | 部長・課長・係長の給料・平均年収(平成22年賃金構造基本調査) »

2011/02/25

保険の満期金と確定申告

確定申告の季節です。この季節になると、

『養老保険(学資保険とかも)の満期金を確定申告しなければいけませんか』

こういう質問を頂きます。
保険会社からもらった満期金の支払いの通知に、『必要に応じて確定申告してください。儲け50万円以上なら必要になる場合があります』、なんて書かれているからですね。


まず第一に、自分で払って自分でもらった、つまり贈与税か所得税かというのがポイントです。で、普通は所得税。


確定申告の案内を見ると、サラリーマンが確定申告しなければいけない時と言うのは、国税庁のHPを見てみると

( 1.年間収入2000万円以上か、)
 2.給与所得以外の所得が20万円を超える人
 3.(以下省略)

例えば、
 払った保険料 300万円 貰った満期金 380万円
だとすると、儲けは80万円です。

で満期金で「20万越えたし申告は必要なの?」って思ってしまうのですが

・・・・・満期保険金は一時所得になること、
     一時所得には計算式があること
     (50万の基礎控除を引いて1/2が所得)


儲け80万から、50万円引いて2分の1。だから15万円の所得という計算になります。
サラリーマンなら上の2.に該当して20万円以下なので確定申告不要です。
(…細かいことを書けば、この満期保険金(一時所得)は期間5年以上の年金保険であることなんていう項目もありますけど…)
なお、満期保険金以外に、講演料とか原稿料とかの一時金がある場合はこれらも合算して計算します。エコカー補助金も入りますね。

もし自営業とか年金生活者だったら、、、、上の2.が使えません。
だから確定申告が必要です。
で私がすぐに考えるのは税金の額。上の15万円ならこれに税率をかける。税率は、他の全体の所得に応じて5-40%。「あーこのサラリーマンの方なら20%で税金3万円だなー」とか。

(※税理士法により、資格のないものが個別具体的な個々人の税務相談や書類作成は、たとえ報酬が無料でもできませんのであしからず。)


|

« 梅咲く、春すぐ、百貨店ラッシュ | トップページ | 部長・課長・係長の給料・平均年収(平成22年賃金構造基本調査) »

FP-保険」カテゴリの記事

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事