« 少子化対策にも消費税 | トップページ | 専業主婦の年金届出もれ救済策は不公平という朝日新聞の社説 »

2011/02/08

お墓の引越は、「改葬許可証」が必要

田舎が遠いので・・・などの理由でお引っ越しを考える方も多いようです。

最近の墓地に行くと、洋風の横長タイプのお墓とか、一文字だけ”愛””真”なんていうお墓も見掛けるようになりました。

お墓!
誰かが亡くなると、市役所発行の「火葬許可証」とか「埋葬許可証」が発行されますよね。普通死亡届の右側にくっついていてセットになっています。
この許可証で遺体→納骨、お墓へという流れです。

で、お墓のお引っ越し!

当然、「火葬許可証」とか「埋葬許可証」がありません。かわりに、
「改葬許可証」を市役所とか保健所とかで発行して貰います。

これと墓地の許可証(永代使用証)とセットでやっとお墓のお引っ越しが出来ます。

まあこの辺り、お墓屋さん、すなわち、石材店が代行していると思いますが、これは市役所の届けですので、代行するには行政書士資格が必要です。

とまあ何を書きたいのか分からない文章になってしまいましたが、こんな書類もあるんだよってことで、お願いしますm(_ _)m

====

  「仏壇を新調して500万円でした」、
  「最近流行の仏壇のクリーニング200万円かかったけど綺麗になりました」
  「ローンで墓地を買いました、250万円」

  
最後のマイホーム、結構お金が必要な人もいらっしゃます。。。
親戚とかの目が気になるという方もいますけど、故人を偲ぶにはいろんな形がありますし、こんな方も、

  「お墓は田舎に取りあえず納めて、洋室向き仏壇で拝んでいます。
   通販で3万円で買いました」

お金掛けりゃ良いってものじゃないし、相続争いの話を聞いたりするともっとほかにあるんじゃないかなっと思います。

  「仏壇どっち(兄弟)に移すかでもめてます」
  「仏壇あるんだから財産は全部、俺」
  「あの仏壇にお祈りするなんて絶対嫌」

まあいろいろ合ったりするわけで。高い仏壇にした位牌にしたとかより、むしろ静かに大切に故人を想える・対話出来る方が良いんじゃないかと。
========
ところでペットの話。最近のトレンドの話です。
今仏壇屋さんに行くと、ペットを偲ぶためのコーナーがあります。
写真立てとかちょっとした祭壇風の物とか…。
墓地霊園の方でも、(ペットは人間用のお墓には入れませんが、)墓地の一角にペット用のスペースが設けられていて、石柱(墓石のかわり)を納められる墓地が出来てきていますよ。
  ・・・・しかもお彼岸とかお盆とかには、ランの花♪ 1万円
      人間用には普通のお墓用仏花 一対2000円
        (個人的に、これはどうかと思うぞ…。
         別に良いですけど…いろいろ事情があるんだろうし)

|

« 少子化対策にも消費税 | トップページ | 専業主婦の年金届出もれ救済策は不公平という朝日新聞の社説 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事