« 宝くじ的春闘はどう? | トップページ | 梅咲く、春すぐ、百貨店ラッシュ »

2011/02/23

予算不成立も一度くらい、いいかも

予算関連法案、成立の見通しが立ってません。(※)
与党の一員である国民新党からもそっぽを向かれつつあり、ラブコールを送った社民党にもそっぽを向かれつつあり、民主党の中からも執行部造反組が出てくるなど、国会対野党対策、以前のところでつまずきつつあります。

ここ最近は、関連予算が通らないとというニュースが増えました。

  ■子ども手当が支給されない
  ■燃料費の軽減税率が切れるので離島の飛行機が困る
  ■住宅購入時の登録免許税(所有権移転登記)が30万円ほど上がる。
  ■法人税軽減どころかいまの特例が切れて増税
  などなど

なんて騒がしくなってきました。

極めつけは、赤字国債発行法案が通らないこと。
  総予算92兆、新規発行国債44兆。

生活費92万円の人が44万円の借金に頼っていたけど、借りられなくなったってことで、そりゃ予算執行に困るわけです。
中小企業であれば、貸し剥がしにあった時とよく似ていますね。

資金繰りが悪化するとどんなに大変か、これを国民全体で一度感じてみるのもいいんじゃないでしょうか。(中小企業はみんな苦労しているわけですよ♪)

  公務員の給料も遅配
  こども手当も児童手当も一時中断、
  年金も一時減額!
  高速道路の無料も一旦中止して、
  公共事業もストップ。
 地方交付税が出せなくなったら
  赤字の市バスや地下鉄もまびき運転
  ゴミの集配も、まびき

 日本全体が、零細企業社員の身になってみる!!
 大手に就職して年金貰って安泰、なんていうのは幻だった!

関連予算案が通らないと困るからどっかで折り合いがつくだろ、なんていう幻想は一旦捨てて見るのも悪くない。そりゃ経済環境としては大変なことになります。相当な痛みが伴うでしょ。でも、いつまでも赤字垂れ流しって訳にはいかないっ!!

その後の将来、すなわち、みんなでどうすりゃいいんだこの日本、ってことを考えることになるのなら、半年くらいの予算執行停止も悪くないんじゃないかと思うぞ。。。。。(自分でもかなりいい加減なことを書いていると思うのだけど)

=======

とりあえずだ!  庶民は最低半年分の生活費を貯蓄せよ!だっ


願わくば、予算停止の煽りを喰う生活保護者とか年金生活者とかへのセーフティネットとして、無利子貸与(あとで保護費や年金で清算)するような法案を共産党くらいがだしてくれればいいんじゃないか。(共産党は今人数が減って法案出せないんだったっけ?)


※「予算案」は、衆議院で過半数とれれば参議院は関係ないので通る見込です。
  問題は2/3の票が必要な「予算関連法案」の方ね。
 しかし関連法案が不成立なら実質予算案が通ってもどれだけ意味があるのか、
 っていうか、どうしてこんな事になるの? もっとシンプルに議会運営でき
 ないの?ってな感じがしないでもない。

|

« 宝くじ的春闘はどう? | トップページ | 梅咲く、春すぐ、百貨店ラッシュ »

ニュース」カテゴリの記事