« 学資保険の2番目のポイント | トップページ | 日本のGDP、43年ぶりに世界3位に転落。 »

2011/02/15

預金金利(定期預金)の推移

定期預金の推移です。
少し変な期間(17年間)で昨年10月までと中途半端になってしまっていますが許してください。
出典は日銀金融経済月報・日銀統計データベースからです。

Yokinnkinri17_2010

まあ低い金利が続いています。
2〜3年前は少しグラフが盛り上がっていますがそれでも0.5%。しかもこのグラフ、1000万以上の定期預金(1年間)です。少ない額の定期預金・短い期間であったならもっと低い金利です。

こんなに低い金利じゃねー、ということで、債券型の投資信託がよく売れているそうです。
確かに過去の成績からみると年1〜2%の利回りは悪くありませんが、投信が元本保証ではないということを重ね合わせると、リスクとメリットとを比較するとどうなのかな、と思う部分はありますね。なぜこんなに売れているの?ってな気がします。過去最大の人気を誇っていたグロソブもひどい目にあった人もいるようですので投信選択はホドホドにしたほうがよろしいのでは。どんなものにしろ、どんなリスクがあるのか、定期預金は銀行が破綻しても1000万円までは保護される、こういうメリットもありますので、いろいろ考えて選択してくださいね。

|

« 学資保険の2番目のポイント | トップページ | 日本のGDP、43年ぶりに世界3位に転落。 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事