« 知事の退職金4000万のうち半分が税金に | トップページ | 特許代5万円の税金 »

2011/01/27

国の破綻を前もって知る方法

報道各社一斉に、
「国・地方の借金が1000兆円に迫る」というニュース
を流しました。国会の予算関連資料が公表されたためです。

国民一人あたり800万円弱です。
  例えば、年金(一世帯夫婦ふたりで300万円として)、
   年金支給を5年ほど繰りさげるようなことをすると帳尻があう、
  みたいな数字ですね。
(単純な割り算で長期的視点に立っていませんから、つっこみ不要でお願いします)

さて、国が破綻する時どうなるか?
破綻すれば、大変なことになるからなんとかしないと、という人もいれば、日本はまだまだ借金できるという人もいます。

ある企業があったとしてそれが破綻すればどうなりますか?
その企業と関係のあった企業がまず困りますね。支払金が未収になる。従業員、これは給料が貰えなくなります。この会社の社債・株券を持っていた人はこれが紙切れになります。
つぎに、このような企業や従業員と関係のあった人に二次的に波及します、よね。
社債や株券を持っている人は困るし、持っていない人は困らない。
この会社と関係のないひとは直接は困らない。

国も一緒です。
一番なのは、日本の国債を買っていた関係者、が困ることになります。
次に、日本円の価値が下がりますから、円ドルレートが、1ドル200円とか300円とかに想像できない相場になるでしょう。

じゃあ国債を誰が買っているのか。今、国債を持っているのは誰か。

日本国債の海外比率は、最近調べていませんが10%無いと思います。ほとんどが銀行・保険会社・そして一部の企業に一部の国民。

だから海外から見れば、日本はまだまだ安全圏。でもすでに国債を大量に持っている人は気が気でない。

「俺は現金主義、銀行には少ししか入れていない」
こんな人は、現金ではなく金塊とかドル札で金庫に入れておけば取りあえず、影響は少なくなるというわけ。(ドルはいまでも基軸通貨かという議論もありますが。。。)

======

私が一番注目しているのは、金利です!!

それも、10年国債の金利!!。
今1.2%くらいでしょうか。
これが3%をこえ、5%10%20%・・・・・となれば破綻寸前です。
で破綻直前には100%200%1000%なんてものになるでしょう。

景気が悪いのに金利のみが、3%を越えてくるようならば黄色信号。
5%越えれば、かなり危険信号ですね。そこから先は一気に・・・・

でも、今のところ、金利は低いし、円ドル相場も82-83円台。
GDPは中国に抜かされるとは言えまだまだ世界第3位の日本です。
このまま埋もれるのか飛び出せるのか、正念場と言うところ。

だいたい、財政破綻するぞするぞとニュースが出ても、金利相場も為替相場も動いていない、、、、、本当に破綻しそうなら1ドル80円台ってことはないだろ。そうではないニュースで相場は動いている、という視点も必要じゃないかと思います。

ただこれまで以上に、世界に目を向けていないと困ってしまうことになる、というのは言えるかも知れません。

|

« 知事の退職金4000万のうち半分が税金に | トップページ | 特許代5万円の税金 »

FP-銀行・株」カテゴリの記事