« 牛丼競争、17日まで格安 | トップページ | 貯蓄残高と年収の関係:(H21消費実態調査から) »

2011/01/15

Mac不調:何年ぶり?command+option+P+R

  マッキントッシュ15inchの銀色ノート
    OSは、OS-X10.3.9

こんな古いのをいまだに使っているのだけど、新年早々、

「電源リセット(電源ボタン長押し)してください」

なるメッセージが頻繁に出るようになった。
1時間の間に4回、これじゃあ仕事になりません。

:::こんな時どうするんだっけ

、、、、そうそう、
command+option+P+R
4つのキーを同時に押しながら電源スイッチを入れるという、指がつりそうな操作、P-RAMクリアという。

もうこの操作知る人だんだん減ってきたんじゃないかなぁ。
OS-6は使ったこと無いので知らないけど、OS-7からは引き継がれているちょっと便利で、でもあまり使いたくない機能。

OS-XでP-RAMクリアするのはひょっとして初めてじゃないか、OS-Xでもこの機能あるんだーと感心しつつも、やってみる。
でも頻度は下がったものの、時折忘れたように、リセットしろと言ってくる。

アプリケーションフォルダに何か無いかと探してみると、ノートンを発見。
インストールしていたことを思い出し早速動かしてみる。
しかし長い間待たされた上に、無慈悲なメッセージが・・・・

「重大な問題があります。これは修正出来ません。
 CD起動で修正を試みてください」

どこやったかなー、ノートンシステムワークス。
あちこち探し回ってやっと3つめのダンボール箱から発掘。

 :::あれれCD起動ってどうやってやるんだっけ

CDに書いてありました、”c”キーを押しながら電源を入れる。
これも昔から引き継がれていますねー。

とりあえず3日目、何とか動いているようです。
(だんだんとWin機の使用割合も増えてきているのですが、イラストレータとかのソフトがこちらなのでねー乗り換えられないし充実させる気もないという。。。)

|

« 牛丼競争、17日まで格安 | トップページ | 貯蓄残高と年収の関係:(H21消費実態調査から) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事