« 消費税アップしても、年金生活者は困らないという大和総研のレポート | トップページ | 知事の退職金4000万のうち半分が税金に »

2011/01/25

過去最低の就職内定率、68.8%(12月現在)

就職内定率、厚労省と文科省が、10月・12月・2月・4月に公表しています。
最新の12月現在の調査が先週発表になりました。

総合で、68.8%! 過去最低です。(調査開始H8年)

グラフにしたのは大卒男子。
線が多くて分かりにくいグラフを、一生懸命分かりやすく描いてみました。どうぞ褒めてやってください。

Shushokunaiteiritu

ある意味、就職協定廃止という機会平等により、大手指向に拍車がかかり、雇用のミスマッチが出てきている。
ある意味、インターネットなどという情報機器による情報過多が、雇用のミスマッチを起こすようになってきた。。。。。ということも考えられます。

でも、就職が厳しい。これはまず間違いないことですね。


一般的にみなさん大手指向のようですが、大手には大手の良い面ももちろん一杯ありますが、悪い面も結構あります。いろんな情報を集めた方が良いと思います。

 「社員の3割は30歳までに辞めていく」という会社があったとしたら、なぜ辞めていくのか、っていうところとかね。

 会社は自分で選べるけど、上司は選べない。
 出る杭は打たれ易い会社もあれば、出る杭のような元気な新人を期待している会社もある。

こんなことを就職戦線最前線の人に言ったら酷でしょうか。

ともあれ、満足行く就職活動、頑張ってください。
そして、不景気なのは自分のせいではないので上手く行かないからと言って自分を責めないようにね。
 


【関連記事】
偏差値55以下では、大手への就職は難しい (2010/11/25)
就職浪人!内定切りより恐い、内定後の見習い切り (2010/08/10)
若者の25%は就職できない、貴方の子供もそうなるかも (2010/08/06)

|

« 消費税アップしても、年金生活者は困らないという大和総研のレポート | トップページ | 知事の退職金4000万のうち半分が税金に »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事