« 偏差値55以下では、大手への就職は難しい | トップページ | 京都のかくれ古寺、鹿王院の紅葉 »

2010/11/26

収入のうち、税金5割とられたらどうする?!

実はすでに実質手取りは5割の時代に入っていますよ、という話です。
=======
税制論議が活発化してきました。
増大する社会保障費を消費税アップで行いたいという意向のようですが、どうしても、「どうして金持ちほど税率の高い所得税じゃいけないの?」という疑問が残って仕方がありません。一律所得税2倍でいいじゃん♪

さて、経済のお話しです。経済と難しく書いても要は自分の手取りがどうなるかという身近な話。

年収500万円として、このうちどれくらいが引かれるでしょう。
まず所得税や住民税が引かれます。大体12%くらいです。で、厚生年金で8%、健康保険で4%。全部合わせると24%程度、約120万円が引かれて残りが手取りです。(もちろん扶養人数なんかで変わってきます)

で、残りの手取り380万円でお買い物するのですがこれにも税金がかかります。
もちろん消費税、この他にもガソリン税、酒税、たばこ税、…間接的に負担している分ですね。これを数字にすると約15%です。

財務省のHPにはマクロの視点で見た国民負担率と裏国民負担率いうものが出ています。
今、国民負担率は、39%です。
これは、総国民所得から国税・地方税・社会保険料などを算出するものです。

  収入 −(所得税・住民税・社会保険 24%)
     −(消費税他いろんな税金 15%)
                  >>>使えるのは、6割だけ

さて、裏国民負担率!
潜在的な国民負担率、すなわち、財政赤字を含めた負担です。
今の日本は借金漬け、これ誰でも知ってますね。これを数字にしたものです。
これ考えると、負担率は5割超えてます。

おなじく財務省のHPから、これらの数字を取ってきました。
(トップ > 予算・決算 > 国民負担率
  http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/futan.htm)

Kokuminfutan

グラフをちょっと見てみましょう。
バブルが弾けて1992年頃から、箱ものやら道路やら空港やらいろんなものを借金で賄いました。(←インフラが増えた訳なのでこれが良いとか悪いとかは取りあえず言いません)

2002年から2006年、小泉政権の時代には借金を減らそうと努力しました。(←いろんな痛みがあったわけで、これも良いとか悪いとか取りあえず言いません)

で自民が敗北して、民主党が台頭してきて借金が増えて、裏国民負担は50%を越えました。(←それくらい景気が悪いと言うことで政権が変わっていなくともこうなっていたかも知れないし、良いとか悪いとか言いません)

=======

ただ言えることがあります、いつまでも借金を増やすわけにはいかない!!ということ。
収入のうち4割はすでに税金と社会保険で無くなっていて、潜在的には5割越えている。
近々数年くらいで、消費税か何かの税金もあがる。
収入の半分が無くなる日はもう目前!

大体、潜在的に増えていると言うことは、税金が足りないことを意味しています。
もちろん関税や法人税なんていう話もあるかもしれませんが、どこでどう取ったところでマクロで見れば回り回って、生活に影響します。金は天下の回りものだから、借金というマイナスのお金も回り回ってくるのです。

子ども手当一杯払うから、一杯税金も取るね、とするのか、
長年働いていたから年金を渡しますよ、たとえ資産が1億あってもね、そのかわり税金も上げますよ、これからお年寄り増えるんですから、とするのか、、、、、

税金を富の再分配(金持ちから貧乏人へという再分配)だと考えるのなら、消費税より所得税の方が良いと思うんだけどな。


=======
おそらく数年は続く税制論議、恐くもあり、また、楽しみでもあったりします。

|

« 偏差値55以下では、大手への就職は難しい | トップページ | 京都のかくれ古寺、鹿王院の紅葉 »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/49872682

この記事へのトラックバック一覧です: 収入のうち、税金5割とられたらどうする?!:

« 偏差値55以下では、大手への就職は難しい | トップページ | 京都のかくれ古寺、鹿王院の紅葉 »