« 節約生活の脱出はライフプランから | トップページ | インフルワクチンを打ってきた »

2010/11/17

寺の文化財が借金のカタに

先週の京都のニュースです。
重要文化財の仏像が借金の担保に取られているという話。
一体いくらの借金なのかはニュースでは出ておりませんでしたが少々気になります。

#京都市北区の常楽院の釈迦如来立像(重文)が
#債権者側に借金の担保として預けられていることが分かった。

そう言えば昨年の春、滋賀県大津の名刹古寺、円満院が競売にかかっているというニュースもありました。

<wikipedia 円満院より抜粋>
#天台宗系の門跡寺院。
#2009年5月、重要文化財に指定されている宸殿など建物9棟と庭園など
#土地約14,000平方メートルが大津地方裁判所によって競売にかけられ、
#約10億6700万円で滋賀県甲賀市内の宗教法人に落札されていたことが
#判明した。

=======

実家が奈良なので、重要文化財は結構あります。
バブルの前の話ですけど、
「うちの家、江戸時代の形式らしくて重要文化財指定の話が
 でているらしい、、、、、だから指定されないうちに壊す
 ことにしました」
こんな話を2つ3つ聞きました。
指定されるとほとんどお金は出ない上にきちんと保存しろと言われる。
さらに、釘一本打つのにもちょっと改築修理するのにも届けがいる。
だいたいもうくたびれまくってるのよねん♪

先日文化勲章の授与式がありましたけど、勲章もいいけど全般的に文化財に対する貧困さを感じますよね。各々個人で頑張ってね♪って。

文化ってのは、豊かさの現れだと思っています。
今までの日本がどれだけの文化を失ってきたことか…

論語でもあるじゃないですか、「良い話と、礼儀忠義と、音楽芸術は心豊かにする源」だって。

  『詩に起こり、礼に立ち、楽に成る』
   (子曰、興於詩、立於礼、成於楽)

   
良い話の出来る人、礼儀を尽くす人、音楽芸術に携わる人、これらの人がいないと豊かな社会はやってこない。

|

« 節約生活の脱出はライフプランから | トップページ | インフルワクチンを打ってきた »

FP総合」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/49990895

この記事へのトラックバック一覧です: 寺の文化財が借金のカタに:

« 節約生活の脱出はライフプランから | トップページ | インフルワクチンを打ってきた »