« 外国ファンド;タイ王国、2割増・4割増 | トップページ | 年金受取(二重課税)還付請求、早いものは今年の12月に期限がくる »

2010/10/18

老親の資金管理のむつかしさ

山田さん(仮名)は後期高齢者。旦那さんを早くになくして今は一人住まい。
それなりに資産家で土地はかなり持っていて駅前には賃貸用の不動産もある。
パーキンソン病を発症して以降は隣に息子夫婦が住んでいる。

こんな環境の山田さんです。
とりあえず年金と賃貸料で普通の生活には困っていない、でも、体が弱くなって出歩くのももう大変。

息子さん夫婦は昼間お仕事で家にいません。だから昼間は一人。

ある日、息子さん夫婦が親の家の中でウロウロしていたらいろんな健康器具がいっぱいあるのに気が付いた。
「何これ?」
「足とか膝とか痛いから」
「いくらした?」
  ・・・・
領収書を見つけ出したら、山のようにある。
   体重がうまくかけられる靴の中敷き、3万円
   膝のサポーターが2つセットで、4万円
   ふくらはぎがストレッチできる踏み台 6万円
   元気になる飲み物 24本 5万円
   ふくらはぎマッサージャー  20万円

なかには50万越えているのもあるけど、どう見たってどれもそんな値段には見えない。
ぜ〜んぶ足すと、500万円。

======

 「本人が好きに使っているんだから良いんです。
  でもこれ以上は何とかしないと…」

別にボケているわけでもないし、財布を取りあげるのも可哀想だし、一日見張っているわけにも行かないし、、、、、、

もう少し財産が多いのなら、適当な理由をつけて銀行の貸金庫に移しておくなんてできますが、普通の家庭ではそこまでしないだろうし、、、、

一気に成年後見人までもっていければ資産の保護はできるんですが、これはこれで結構いろいろあるし。。。。。。

うーん難しい。

|

« 外国ファンド;タイ王国、2割増・4割増 | トップページ | 年金受取(二重課税)還付請求、早いものは今年の12月に期限がくる »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/49734966

この記事へのトラックバック一覧です: 老親の資金管理のむつかしさ:

« 外国ファンド;タイ王国、2割増・4割増 | トップページ | 年金受取(二重課税)還付請求、早いものは今年の12月に期限がくる »