« ゼロ金利復活!  恐いのは物価上昇 | トップページ | ホテルファンド破綻? 元本の16%で償還 »

2010/10/12

習い事を止めさせるのは、子どもの成長のチャンス

不景気ですねぇ、「給料が減りました」「残業代がなくなりました」「パートが見つかりません」、こんな話をよくお聞きします。

日々の節約だけではもう限界、どうしたらいいの?

家計の事業仕分けでは、固定費削減が最も有効。そんな中でも

 「子どもスイミングは無くせません、子ども気に入ってるし」
 「進学を考えると塾は辞めさせられません。これは必要な支出です」
 「ピアノはしばらく続けさせたいんですよね、先生も筋がいいっておしゃってるし」

 
こういう方が多い。
子どもの習い事を止めさせる、これは親にとってはとっても辛いこと。
でも、住宅ローンが払えなくて家を手放すことになったら、、、、これはもっと辛いことです。

人間だれしも、与えられた環境じゃなくて、苦労してでも自分でどうしても続けたいって思うから成長します。それは子どもでも同じ事。

 「スイミング止めて、一緒に市民プール行こうか」

ジュニア大会で優勝してオリンピックを狙うなんて言うのならともかくも、親と子のスキンシップが増えて逆に良いことの方が多いかも知れません。空いた時間で友達と遊ぶ時間が増えて、それが将来役に立つこともあるかも。

 「塾と英会話教室、どっちか止めるのならどっち止める?」

どちらかを選ぶという選択は、人間一生ついて回ります。人生はつねに選択、選択の連続、だと言っても良いでしょう。

それを早いうちから的確に判断する能力、これを養うのも親の教育の一つだし、そう言う選択の機会を小さい時に始めれば始めるほど効果的です。
なぜって、選択を間違うこともあるわけですよ、そういう失敗を経験するから将来的確な判断が出来るようになるのですね。

だから、習い事を止めさせるというのは子どもにとってもの凄い教育のチャンスなんです、

====

  「このままでは破綻しますよ!あなたのご家庭では、習い事が
   多すぎます、減らしましょう。3万円は減らさないと家計破綻しますよ」

 な〜んて冷たいことを言うファイナンシャルプランナーばかりではありません。 破綻させないだけでなくその先のことも一緒に考えたい、これが、FPとの相性というやつです。 
 

|

« ゼロ金利復活!  恐いのは物価上昇 | トップページ | ホテルファンド破綻? 元本の16%で償還 »

FP-教育」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/49535647

この記事へのトラックバック一覧です: 習い事を止めさせるのは、子どもの成長のチャンス:

« ゼロ金利復活!  恐いのは物価上昇 | トップページ | ホテルファンド破綻? 元本の16%で償還 »