« 自分の会社にお金を貸す、、、税金膨れあがるかも | トップページ | 自宅を売って、葬式代にするつもりなら遺言書を書いておけ »

2010/10/28

5年前に日本は、工業国から投資国になっている事実

日本は原料を輸入して工業製品にして富を得ている!
これ、とっくに古くなってます。

財務省(および日銀)から国際収支という統計が出ています。
国際収支というのは、外国との経済取引の統計ですが、その中でも大事なのが経常収支です。輸出入である貿易収支とサービス収支(旅行や通信)それと所得収支(海外投資による利子・配当金)

  経常収支 = 貿易収支(輸出入)
        +サービス収支(旅行や通信)
        +所得収支(海外投資による利子・配当金)

        
 経常収支は、毎年15〜25兆円のプラスです。これだけの富が海外から来ています。
 このうち貿易収支と所得収支をグラフにしてみました。(ちなみにサービス収支は毎年2〜5兆円のマイナスです)
 
Kokusaishuushi

海外からやって来る富の中身はというと・・・・・
  10年前は貿易でした! でも今は所得です!!
  今や貿易収支の割合は3割。一方で所得収支は8割越え。

すなわち、国際収支上、海外投資の利子や配当金が日本の富を作っているってことになります。つまり、工業立国日本は、いつの間にか投資立国になってました!なんてことがこのグラフから分かります。

先日来から円高で、このままだと日本の工場は空洞化するのなんて云っているのはウソで、この利子や配当金が目減りするのが困る! こう思っているグローバル企業も多いはずです。

でもだ、やはり日本は工業立国を目指さないと20年後はないぞ、なんて思ったりする。何故かというと、工業国・投資国・農業国・資源国・観光国、出来そうなのは工業国しかないじゃないか。

どうもね、右肩上がりの時代が長かったせいで、予算は今のままで通りで、残りをどこに重点配分するかっていうやり方が染みついちゃっている。だから我が儘言えば予算が取ってこれると思っている。
GDPが減って全体の予算が縮減している中であえてどこに重点配分するのかってのを考えないと、経済産業省は工業を、農水省は農業を、国土交通省は観光を、財務省・金融庁は投資を、なんてバラバラなことをやっていたら、日本はそのうち消滅するぞ。

公務員の給料はGDPに比例させる!
  GDP10%下がりました、給料カット10%です。
これでいいじゃないか単純で。(どうせマクロで見れば比例するんだし) 
そうすりゃ、みんなGDPを上げるにはどうすればいいか考えるようになるぞきっと。
GDPが増えれば税収が増えて、予算も増えるんだからさ。

(事業仕分けのニュースを見ていたので、話がずれちゃいました、かね)

|

« 自分の会社にお金を貸す、、、税金膨れあがるかも | トップページ | 自宅を売って、葬式代にするつもりなら遺言書を書いておけ »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/49865163

この記事へのトラックバック一覧です: 5年前に日本は、工業国から投資国になっている事実:

« 自分の会社にお金を貸す、、、税金膨れあがるかも | トップページ | 自宅を売って、葬式代にするつもりなら遺言書を書いておけ »