« 墓参りで雑草と格闘してきた | トップページ | カッコいい人、かっこ悪い人、カッコイイ人生 »

2010/09/24

8軒に一軒は空き家、高齢者の住み替え

奈良の実家は50軒ほどの40年前の新興住宅地、すでに数軒空き家です。
ここ京都でも自転車でうろうろしていると、「空き家」の看板をチラホラ見掛けます。

先々月くらいにテレビを見ていたら、古い新興住宅(←変な日本語)地域で空き家が増えているというドキュメンタリーがありました。6軒に一軒空き家があるなんていうのがあったのですがこれのデータが見つからない。

総務省統計局で見つけました。「住宅・土地統計調査」、5年に1回行われている調査です。直近は平成20年の調査です。


  住宅総数 5759万戸
    うち空き家 757万戸
      うち賃貸・売却用 413万戸
 
   13%が空き家!  7.6軒に一軒空き家!


平成10年調査と15年調査を合わせてグラフにしました。

Akiya

この傾向は、人口減少時代に入っていますから今後もっと増えると思います。
人口減少だけが空き家増加の原因はではありません。核家族化とか、自宅を手放して子どもと同居とか、老人ホーム行きとか、ま、いろいろあると思いますけど、空き家が増えると言うことは、地価とか賃貸物件相場とかそういうものに影響するわけです。
もっとももちろん日本全体で、というマクロの話。地域地域ではそれぞれの需要と供給の関係があるのは当然ですね。

====

とある大阪南部で一人暮らしされている70歳の方が、北の方のマンションに引っ越されました。きっかけは、家の老朽化。
雨漏りはする、雨戸は開かないところがある、ガスレンジも一つつかない、、、、
マンションなら鍵一つで簡単に出かけられるし、杖やカート持参でも簡単に買い物できるところに行きたいし、いざとなれば介護の頼める高齢者マンションがいいな。できれば親戚の近くがいい。
今の家を修理するより引越しよう、こんな条件で引っ越しされました。もちろんこれまで自宅は売却予定です。

高齢化はまだまだ進みますから、こういうケースは今後まだまだ増えていくのだと思います。

|

« 墓参りで雑草と格闘してきた | トップページ | カッコいい人、かっこ悪い人、カッコイイ人生 »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/49464623

この記事へのトラックバック一覧です: 8軒に一軒は空き家、高齢者の住み替え:

« 墓参りで雑草と格闘してきた | トップページ | カッコいい人、かっこ悪い人、カッコイイ人生 »