« 弔電をネットで打った | トップページ | NHKの受信料減免(障害者の基準緩和) »

2010/09/06

消費税が上がると、物価も上がる(当然ですが)

20年間の消費者物価をグラフにしました。出典は総務省統計局のHP。
(ホーム > 統計データ > 消費者物価指数(CPI) > 消費者物価指数(CPI)結果)

月次品目別から総合指数で、丁度20年前の7月を100にして換算してあります。


Bukka

さて順番にグラフを見てみましょう。
日経平均最高値は1989年の12月、38915円。4万円に近づいた日経平均も、その半年後には3万円の大台を割り込みました。バブルの崩壊です。

でもその後、数年間は、どうって事なかったのですね、これ「バブルの余韻」の時期。
消費者物価もだらだらと上昇しています。

その後の消費者物価は、108%プラスマイナス3%の範囲で落ち着いていますが、どちらかというと下落傾向です。デフレの到来ですね。

  給料が下がる→売れない→商品の値引き→儲からない→給料が下がる
  デフレスパイラルです。

でもグラフの中で2ヶ所、気になるところがあります。
消費税が3%から5%に上がったのが1997年4月。ちょうど物価も2%上がっています。商品価格に転嫁できない業種も多いように感じますが、実際にグラフを見ると増税分がちょうどそのまま上がっています。

そしてもうひとつは、最近のこと。皆さんご記憶に新しい、リーマンショック直前までの小麦トウモロコシなどの穀物高騰、それと、アルミや鉄の金属製品や工業中間製品の輸入材の高騰です。これも物価の上昇になりました。

======

もし、消費税が上がると物価も上がります、円安になると輸入材の価格も上がります。
(一般的には、日本は輸出の方が多いので、円高になると困ることが多いんですけどね)

問題はそれに応じた所得の増加が見込めるか、、、、、。

もし消費税がさらに5%上がると、グラフもポンと5%上に行くんだろうな、なんて思ったりしています。

|

« 弔電をネットで打った | トップページ | NHKの受信料減免(障害者の基準緩和) »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/49326680

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税が上がると、物価も上がる(当然ですが):

« 弔電をネットで打った | トップページ | NHKの受信料減免(障害者の基準緩和) »