« 借金の多いマンションの相続放棄 | トップページ | 消費税が上がると、物価も上がる(当然ですが) »

2010/09/03

弔電をネットで打った

先週、訃報が入りました。
20年以上お会いしていない方のご家族、弟さんです。私とあまり変わらないお歳、享年44歳。

少し遠くてお葬式には参列出来なかったので弔電を打ちました。で、はじめてインターネットで申し込めると言うことを知りました。

その昔、郵便局に行って、私「電報出したいんですけど」。局員「それは電話局です」。
ははは、恥ずかしかった。

今回はネットでアクセスして文例集を見ながら、自分で作文して弔電を作って、クレジット決済して、申込み完了。
便利になったものだ♪

=====

数日後、ご家族の方から電話を頂戴しました。
生まれつきの障害者、44年間ずっとお母さんやご兄弟が食事介護も排泄介護もされてきて、相当なご苦労だったと思うのだけどそんなことはめったに表情にでないあったかいご家族。ご本人は脳性マヒなのかな、筋肉緊張があるし、あーとかうーとかしか言えないけど、ちゃんと怒ったり笑ったりする。嬉しそうな時の顔は格別だ。そんな姿を思い出していました。

「デイサービスができたので、週に1回、自分の時間が出来るんです」
こんなことを嬉しそうに言われていたのが20数年前。そう考えるとデイサービスも随分進歩したものです。

自宅で亡くなると警察が大変。
これ、聞いていましたし、私の親父の時もそうでしたが、今回は事情聴取3回、検視でCTまで撮ったそうです。
毎日、虐待ニュースがあるご時世では致し方ないとは言え、近親者を亡くしたショックに加えて遺体から長時間引き離されて話を聞かれるという、なんともやるせないお話し。

=====

後から知ったのですが、いまだに、一文字いくら、なんですね、電報って。
(正確には何文字以上の時は5文字でいくらとか、単純ではないですけど)
そういや、サクラサクとか、ハハキトクスグカエレとか、昔は文章が短かったのでしたね。いま思い出しました。

|

« 借金の多いマンションの相続放棄 | トップページ | 消費税が上がると、物価も上がる(当然ですが) »

FP総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/49321711

この記事へのトラックバック一覧です: 弔電をネットで打った:

« 借金の多いマンションの相続放棄 | トップページ | 消費税が上がると、物価も上がる(当然ですが) »