« 気が付けば凄い円高 | トップページ | 何故、バイク売れない?(国内新車販売) »

2010/08/25

茨城県住宅供給公社が破綻、全国初!

各府県にある供給公社、もともとは府県民に優良な用地を提供するという目的でできている外郭団体です。

茨城県が破綻させることを決定しました。今年3月時点で約400億円の債務超過で、今回の破産に伴う県の負担は約670億円。

これ結構大きなニュースですよ、どこの自治体も同じようなものでしょうから。

同公社にお金を貸していたのは、県や金融機関や住宅金融支援機構。

第三セクター事業ってありますよねぇあちこちに。これなんかは最初から危なっかしいなぁ大丈夫なのかなぁなんて思ったものですが、住宅供給公社がまさか破綻するとは誰も思ってなかったような気がするな。

すでに6県では解散しているそうです、というか6県はなんとか土地を叩き売って解散できたというべきでしょうかね。想像ですが破綻させると一気に府県の財政負担が表面化する、本当は解散したいのだけどやるにやれない、こんな自治体が多いのでは。

でもちょこちょこ破綻させないように延命しても傷口は広がるだけ、かもしれない。
でもでも、県内で負債400円の破綻なんてすれば結構地域経済にとって大変な問題になる地域もあるんじゃないのかな。

右にも行けず、左にも行けず、前も後ろも八方ふさがり。そんなニュースである気がします。


|

« 気が付けば凄い円高 | トップページ | 何故、バイク売れない?(国内新車販売) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/49243852

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県住宅供給公社が破綻、全国初!:

« 気が付けば凄い円高 | トップページ | 何故、バイク売れない?(国内新車販売) »