« 生命保険の年金受取で国が敗訴;二重課税で無効!。返還はどうなる? | トップページ | 2世帯住宅なら台所は2つがいい »

2010/07/07

フツーの年金は二重課税じゃないよ

どうも昨日の死亡保険金の年金受取で国が負けたというニュース、どうもフツーの公的年金が二重課税になっていて、税金が返ってくると思った方も結構多いみたいです。(>検索ワードを解析するとね)

【昨日の記事】
生命保険の年金受取で国が敗訴;二重課税で無効!。返還はどうなる? (2010/07/06)
====

厚生年金 年300万円、所得税10万円。
この税金が返ってくるのかっていう検索みたいです。
 >これ、誰も死んでませんがな。遺族じゃない!

「年金・二重課税」 なんていうキーワードで想像されていらっしゃるのでしょうか。
会社員時代に、厚生年金払って、これには所得税がかかっているから二重課税だ、なんて思われているのかも知れません。でも源泉徴収で社会保険料控除ってありますよね。厚生年金も国民年金もこの社会保険料控除にはいりますから、会社員時代には税金かかっていません。だから貰う時に、雑所得として公的年金等控除を引いた分に所得税がかかるという仕組みになってます。

遺族厚生年金や遺族国民年金はどうか? っていうと、これはもともと非課税で所得税かかってません。

退職金の年金受取
これ一番損しているかも知れません。これ一部二重課税になっていると思います。
大手企業なんかでは分割払いにすれば企業側が5%で運用してお渡しします、なんていってますね。(日航年金でも以上に高い金利で運用なんて報道されていましたが、こんな企業は一杯あります、大手に限りますけど)

私は退職前後の御相談では奨めないことの方が多いです。5%くらいなら税金考えると定期預金とトントンです。
再雇用の給料が高いと所得税率高くなってますから赤字になることすらあります。
退職金で税金とられて、年金受取でやはり所得税がかかる。でも残念なことに退職金って相当な基礎控除があってさらに半分の課税所得ですから、「退職金の税金はこんなに?」なんて思った方でも相当減額された上のこと。勤続40年 退職金3000万円なら課税される退職所得は400万円分にしか税金がかかっていません。

もし同じような裁判をするとしたら、「3000万貰って2800万円を年金受取にして、課税された400万円のうち、200万円分については二重課税になっている」、この主張はかなり説得力あると思います。裁判で勝てる見込は結構あると思いますね。あと基礎控除部分と半額で課税している部分をどう解釈するか、税法に詳しい方のご意見をお聞きしたいところです。

====

繰り返しになりますが、昨日のニュースは、生命保険の死亡保険金を、分割払い(年金受取)にした場合に、
 相続税と所得税がかかっている
この所得税部分のことであります。お間違えなく。

この裁判、低金利時代だから起こったとも言えますでしょうか?
昔の利率なら3000万円が4500万円くらいに増えます。
3000万円を4500万円に遺産を原資に殖やしたんだから税金掛けても良いでしょ、みたいな。

3000万円を12年分割なら
  昔 予定金利7% 年間378万×12回=4532万円。
  
今の金利の低い時代の分割払いに1割2割の税金がかかるとしたら、そりゃ裁判したくもなるというものですね。


|

« 生命保険の年金受取で国が敗訴;二重課税で無効!。返還はどうなる? | トップページ | 2世帯住宅なら台所は2つがいい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/48812804

この記事へのトラックバック一覧です: フツーの年金は二重課税じゃないよ:

« 生命保険の年金受取で国が敗訴;二重課税で無効!。返還はどうなる? | トップページ | 2世帯住宅なら台所は2つがいい »