« 相続税4000万円を1000万円にする方法 | トップページ | 選挙、いかがでしたか? »

2010/07/11

純粋に”当たる”懸賞が減りましたね

波乱の名古屋場所はじまりました。
個人的には警察の捜査が終わるまで中止しても良かったんじゃないかと思いますけど、地方は年1回しか相撲がやってきませんから、関係者いろいろ困っちゃうっていうところがあるんでしょうね。

永谷園さんが相撲の懸賞を取りやめたんだよな〜なんて思って、そういや
「最近、純粋に当たる懸賞って減ったなぁ」

昔20年くらい前には、新商品発売とか○周年記念とかの宣伝でいろんなメーカーから純粋に「1等1000万円プレゼント」とか「10名様100万円プレゼント」とかいう宣伝があったものです。で葉書書いたり、シールあつめたりして応募しませんでしたか?

死んだ親父がこういうの大好きで、ちょっと豪華な時計とか、何とか焼きの花瓶とか、沖縄旅行とか、近場1泊旅行とか、結構当ててました。(←相当葉書書いていたんだと思いますが)

最近ありませんね、これも景気が悪いせいでしょうか?

今あるのはというと、
 ・総額で1000万円、みたいなものか、
 ・家を買ってくれた人には、、、みたいなものか、
 ・その代わり2年間契約してください、みたいなものか
 ・犯人見つけてくれた人
くらいしか思いつきません。

今当たると言えば、やはり宝くじ?LOTO? 先週新しく発売された1等1000万円の「1000万サマー」、試しに買ってみました(^^;)

懸賞サイトというものもあるみたいですが、どうもなじめません。

企業側からすると、広告宣伝予算にたいする費用対効果、ってな話になるのでしょうが、もうちょっとくらい、「当たったらどうしよう?」なんていう夢見させてくれないかなぁと思ったり。

|

« 相続税4000万円を1000万円にする方法 | トップページ | 選挙、いかがでしたか? »

その他の戯れ言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/48773080

この記事へのトラックバック一覧です: 純粋に”当たる”懸賞が減りましたね:

« 相続税4000万円を1000万円にする方法 | トップページ | 選挙、いかがでしたか? »