« 米国債利回り推移とイールドカーブ | トップページ | 面倒だった伯母さん;公正証書遺言・相続・永代供養 »

2010/07/02

やっかいな私の叔父さん:相続放棄・生命保険・成年後見・自己破産・家賃滞納

大昔に亡くなった叔父さんの話。
一人暮らしで借金漬けだった叔父さんの話です。
私がFPを目指すきっかけの一つになった出来事。出来事と言っても単純な出来事ではく、数年間にあったいろいろなこと。
これを大胆にもたった2000字ほどで書いてしまいます。
=====

この叔父さん、随分長い間、音信不通でした。
ある日、私の母(叔父さんの姉)に聞いたこともない病院から警察経由で電話がありました。

「○○さんが脳梗塞で倒れて救急車で運ばれています。お見舞いに来てください」
・・・ようはねー、金払って引き取ってくれ、つー話です。

警察から住んでいたところも聞いてそのアパートに行きました。
でも行ってみると、外から鍵が掛かってます。
 家賃滞納!
「帰ってきたら大家まで来てください。」という張り紙。
払うまで鍵は開けません!仕方ないので滞納家賃払ったそうです。

====

本人、喋れないし歩けないし、という状態です。かろうじて首を微かに振ることで話が通じている感じがする、という程度。
退院しても一人で生活できません。
階段2階のアパートは早々に引き払いました。荷物は大したものは無し。
アパートを引き払ったところで行くところがありません。住民票はうちの実家に移して特養の順番待ちで転院を繰り返しました。

そうすると、、、、うちの実家に訪問者が。
黒塗りの車にサングラス、見るからに怪しい人です。
借金取りですね。「○○さんはこちらですか?」
もちろん、知らぬ存ぜぬです。

督促状もやってきました。
無視!・無視です。本人じゃないんだから。
そのまま病院に届けて終わり「こんなのが来てたよ。」

ようやく順番が回ってきた特養、これに入って貰いましたがそうすると借金取りが特養に行きます。とっても嫌なので自己破産してもらいました。
といっても簡単に自己破産できません。かなり年の離れている妹(私の叔母さん)にまず成年後見人になってもらって、それから自己破産。
このとき知りました。破産するのも数十万の金がかかるって。


数年経って叔父さんが特養で亡くなりました。でも借金は残っています。相続人にやってきます。だからこれの相続放棄
(実は爺さんが亡くなった時もこの叔父さんが知らぬ間に爺さん名義で作っていたカードローンがあって、相続放棄をしていたりします。)

そんでもってその後は、共済の受取人でもめて(小さい頃に別れた実子が取るか、叔母さんの出した葬式代に充てられるかでもめました)、、、、、

====

金には無頓着、若い頃からずっと。

「山田さんから高級お菓子もらったし」
「山田さんって10万貸している人?」
「うん」
「そんなお菓子貰ってる場合じゃないし。先に10万返せって言わないの?」
「まあ貸したり借りたりの仲だから」

2度目の奥さんが亡くなった時にはそれなりに生命保険が入って、羽振りがよくて(つっても普通の生活程度ですが)、でも2年くらいで音信不通になったそうです。
もちろん奥さん名義だったものはすべて無くなりました。


ところで、いまだに成年後見人の方(叔母さん)には、督促状が来ているそうです。
法的になーんにも効力がないのですが、とりあえず、来ると嫌な気分になるそうです。

はっきり言います。こういう親戚がいたら絶対お金を渡しちゃいけません。どんだけ困ろうが、です。ザルです。だだ漏れのザル。

同じ借金漬けでも、やむにやまれず借金してるって方も大勢います。保証人とか家が焼けたとか、やむにやまれず借金している人、こういう人とだだ漏れザルの借金漬けの人を一緒にしてはいけません。

ザルに捨てるくらいなら別のことに捨てて頂いた方が、お金が少しでも生きてくる、なんて思います。

====

今思うと、相続放棄に生命保険、成年後見に借金に自己破産、不動産の家賃滞納、医療・介護、まあ盛りだくさんな方でしたねー、って感じです。

|

« 米国債利回り推移とイールドカーブ | トップページ | 面倒だった伯母さん;公正証書遺言・相続・永代供養 »

その他の戯れ言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61456/48756329

この記事へのトラックバック一覧です: やっかいな私の叔父さん:相続放棄・生命保険・成年後見・自己破産・家賃滞納:

« 米国債利回り推移とイールドカーブ | トップページ | 面倒だった伯母さん;公正証書遺言・相続・永代供養 »